勇猛・悲壮辞世の句150 -戦国武将・維新志士・帝国軍人…日本男児が遺した最期の言葉!-
DIA Collection

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「埋もれ木の花咲く事もなかりしに身のなる果てぞ悲しかりける」「益荒男がたばさむ太刀の鞘鳴りに幾とせ耐へし今日の初霜」…。戦国武将や維新志士、帝国軍人など、平安から昭和までの日本男児が遺した最期の言葉を紹介する。