連鶴
梶 よう子
祥伝社文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
家族の深い絆を意味する千羽鶴「連鶴」。親藩桑名藩士として生き抜く兄は、商家の婿養子になり「藩を捨ててくれ」と言い失踪した弟を思い、連鶴を折る。落日の藩を捨てるか、殉じるか。幕末の激動が2人に見せた明日とは…。