戦争犯罪国はアメリカだった!-英国人ジャーナリストが明かす東京裁判の虚妄
ヘンリー・S.ストークス 藤田 裕行

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「真のA級戦犯」は東條英機らではなく、ルーズベスト、チャーチル、スターリンである。生前の三島由紀夫と最も親しかった英国人記者が、日本がなぜ大東亜戦争に至ることになったのかを検証し、東京裁判の虚妄を明らかにする。