さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

読書・出版

世界図書館遺産 -壮麗なるクラシックライブラリー23選-


世界図書館遺産 -壮麗なるクラシックライブラリー23選-
ギヨーム・ド・ロビエ ジャック・ボセ 遠藤 ゆかり

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
フランスの建築写真の第一人者が、ヨーロッパを中心に世界12カ国、計23の由緒ある図書館を巡り、絢爛豪華な空間・意匠を約200点の美しい写真に収める。それぞれの図書館の成り立ちや歴史をひもとく解説も収録。

ニッポンの本屋


ニッポンの本屋
本の雑誌編集部

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人生には本屋が必要だ! ベストセラーもロングセラーもイチオシもこんなに違う、魅力たっぷりの本屋34店の店内を豊富な写真とともに紹介する。『本の雑誌』連載を再構成し、書き下ろしを加えて単行本化。

読書という荒野


読書という荒野
見城 徹
NewsPicks Book

予約数: 38
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
血で血を洗う読書という荒野を突き進め! 幻冬舎代表取締役社長が自らの人生と、そのなかで読んできた膨大な数の本について語り、一人の人間がいかに自分の言葉を獲得し、言葉によって道を切り開いてきたかを明らかにする。

高山正之が斬る朝日新聞の魂胆を見破る法 -なぜ巨大メディアは平気で噓をつくのか-


高山正之が斬る朝日新聞の魂胆を見破る法 -なぜ巨大メディアは平気で噓をつくのか-
高山 正之

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朝日新聞の噓と魂胆、困った隣人・金正恩&文在寅、巨大メディアが世の中を暗くする裏事情、すぐに逃げ出す日本の外交官、文化人面する奴ら…。高山正之が斬りまくる! 『月刊テーミス』連載を加筆・再編集して単行本化。

すてきな司書の図書館めぐり -しゃっぴいツアーのたまてばこ-


すてきな司書の図書館めぐり -しゃっぴいツアーのたまてばこ-
高野 一枝 砂生 絵里奈 三村 敦美 有山 裕美子 前田 小藻 永利 和則 岡田 朋之 子安 伸枝 牧原 祥子 椛本 世志美 太田 剛 野澤 義隆 小廣 早苗 豊山 希巳江 廣嶋 由紀子 松本 直子 木本 裕子 永見 弘美 石橋 進一 佐々木 千代子 山本 みづほ 安宅 仁志 小林 隆志 越 まりな

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
しゃっぴいさんこと、高野一枝が愉快な仲間と織りなす図書館見学の旅「しゃっぴいツアー」の壮大な世界観を、余すところなく伝える書。図書館を気軽に楽しみながら、地域に根差した図書館の本質に迫る。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書


「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書
西岡 壱誠

予約数: 19
予想待ち時間: 9か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東大生と同じように“能動的な読書”をすることで、偏差値35から東大生になった著者が、“読む力”と“地頭力”が身につく読書術と、読むべき本の探し方を紹介する。見返しに、読書中に書いた付箋を貼るスペースあり。

大英博物館の話


大英博物館の話
出口 保夫
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1759年に開館した大英博物館は、英国の発展とともに蒐集品を増やし、「世界一」の名にふさわしいまでに成長した-。コレクション、寄贈者、職員、足繁く通った人物などを通し、いまなお拡大を続ける博物館の歴史を辿る。

司書教諭・学校司書のための学校図書館必携 -理論と実践-


司書教諭・学校司書のための学校図書館必携 -理論と実践-
全国学校図書館協議会

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
学校図書館業務の初任者を中心に、学校図書館に携わる管理職や教諭へ向けて、学校図書館の経営・運営、活用方法に関する「総合的な知識」や「標準的な指針」をわかりやすく提供する。学習指導要領の改訂内容等を反映。

教養主義のリハビリテーション


教養主義のリハビリテーション
大澤 聡 鷲田 清一 竹内 洋 吉見 俊哉
筑摩選書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
知の下方修正と歴史感覚の希薄化が進む今、教養のバージョンアップには何が必要か。気鋭の批評家が竹内洋、吉見俊哉、鷲田清一の諸氏と、教養主義の来歴、現在、未来をめぐって対論。「来るべき教養」を展望する。

戦場放浪記


戦場放浪記
吉岡 逸夫
平凡社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
青年海外協力隊員から新聞社のカメラマン、そして43歳で新聞記者に転向。湾岸戦争、イラク戦争、アフガン空爆、ルワンダ内戦など、数多くの戦場や辺境で修羅場をくぐってきた放浪記者が綴る異色の戦場取材論。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ