さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

読書・出版

世田谷ライフmagazine No.67(2018)


世田谷ライフmagazine No.67(2018)
エイムック

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

ライブラリアンのためのスタイリング超入門 -キャリアアップのための自己変革術-


ライブラリアンのためのスタイリング超入門 -キャリアアップのための自己変革術-
広瀬 容子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自分の外見的な魅力を最大限に引き出して、仕事の成果を上げるにはどうすればよいか? ライブラリアンのスタイリングについて、「他者から見たイメージ」と「自分自身の自己肯定感」という2つの視点から考える。

おすすめ文庫王国 2019


おすすめ文庫王国 2019
本の雑誌編集部

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2018年度文庫ベストテン、『本の雑誌』読者が選んだ2018年の文庫ベスト1、ジャンル別ベストテン、偏愛ベストテン、サッカー好き書店員匿名座談会などを収録。2018年の文庫を網羅したガイドブック。

図書館情報資源概論


図書館情報資源概論
馬場 俊明
JLA図書館情報学テキストシリーズ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
公立図書館のありかたを今日的視点で再検討、再評価しながら、印刷メディア・非印刷メディア・ネットワーク情報資源の種類や特質、利用、取り扱いにかかわる図書館業務の基礎的知識を解説し、動向と課題を考察する。

音楽はどこへ消えたか? -2019改正著作権法で見えたJASRACと音楽教室問題 わかりやすいQ&A57-


音楽はどこへ消えたか? -2019改正著作権法で見えたJASRACと音楽教室問題 わかりやすいQ&A57-
城所 岩生

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2019年1月改正法施行。JASRACと日本の著作権法は、本当にこれでいいのか? 世界の変化に追いつけない著作権法について、身近な問題から国家的課題まで、57のQ&A形式でわかりやすく解説する。

面影日本


面影日本
松岡 正剛
角川ソフィア文庫 千夜千冊エディション

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
知の巨人・松岡正剛のブックナビゲーションサイト『千夜千冊』を大幅に加筆修正し、テーマ別の見方・読み方で独自に構成・設計するシリーズ。「方丈記」「百代の過客」など、「面影をうかがう日本」をめぐる作品を案内する。

京都「私設圖書館」というライフスタイル


京都「私設圖書館」というライフスタイル
田中 厚生

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「型にはまらない生き方」とは? 大学卒業後、就職しない道を選び、自分の理想の図書館を開いた著者。自身を変えた大学時代の「イカロス計画」、図書館の開館、仕事、存続の危機…。「私設圖書館」の45年の歩みを綴る。

日本昭和トンデモ児童書大全 -怪奇・恐怖 奇想天外!!-


日本昭和トンデモ児童書大全 -怪奇・恐怖 奇想天外!!-
中柳 豪文
タツミムック ナツカシシリーズ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「ジュニアチャンピオンコース」「ドラゴンブックス」…。1970年代を中心に出版された怪奇・オカルト、ミステリー、SFなど、子どもたちの好奇心を煽り、時に恐怖のどん底に陥れた「トンデモ児童書」を厳選紹介する。

東大生の本の「使い方」 -「考える武器」としての読書-


東大生の本の「使い方」 -「考える武器」としての読書-
重松 理恵

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東大生は、読書で思考を広げたり、深めたり、整理したりしている。東大生協で書店員として働いていた著者が、東大生が実際にやっている、本の「選び方」「読み方」「活かし方」と、「東大生が買った本」を紹介。

江戸の古本屋 -近世書肆のしごと-


江戸の古本屋 -近世書肆のしごと-
橋口 侯之介

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸時代の出版社たる版元=本屋の経営基盤は、古書の売買だった。本屋仲間の実態、本替などの商習慣、セドリと書物の還流…。多様な史料を用いて、書物をめぐる商売の実態に迫る。『日本古書通信』連載を加筆し単行本化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ