さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

歴史・伝記

禁断の江戸史-教科書に載らない江戸の事件簿(扶桑社新書 324)


禁断の江戸史-教科書に載らない江戸の事件簿(扶桑社新書 324)
河合 敦
扶桑社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
富山の薬売りは昆布の密売人だった!? バカ殿は本当にいた!? 家光は夢の中で家康にアドバイスをもらっていた!? これまで常識とされてきた時代概念を破壊するような、知られざる事件や新しい史実を多数紹介する。

歴史の定説100の噓と誤解-世界と日本の常識に挑む(扶桑社新書 325)


歴史の定説100の噓と誤解-世界と日本の常識に挑む(扶桑社新書 325)
八幡 和郎
扶桑社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「日本書紀」の万世一系が「史実」である証拠、ジャンヌ・ダルクは男系男子継承の守護神…。著者がこれまでに書籍や論文等で発表してきた世界と日本の歴史についての所感を100テーマ選び、1テーマ2ページで論証する。

人とことば(人物叢書 新装版 別冊)


人とことば(人物叢書 新装版 別冊)
日本歴史学会
人物叢書 新装版

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天皇・僧侶・武家・政治家など、古代から近現代まで117人を精選し、言葉が発せられた背景を読み解きつつ、その意義を生涯と合わせ簡潔に叙述。従来の人物像の見直しを迫る意外な「ことば」も収録する。出典・参考文献付き。

東大教授がおしえる日本史をつかむ図鑑


東大教授がおしえる日本史をつかむ図鑑
山本 博文

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本史を理解するうえで大切なのは、日本の歴史全体を大きくつかむこと。古代から現代まで、知っておくべき日本史の知識をイラストをまじえて紹介し、歴史をつかむコツを解説する。通説をくつがえした最新の学説もわかる。

The Red Record


The Red Record
Wells‐Barnett,Ida B.

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

日本史の新常識-昔の教科書とはこれだけ変わった!


日本史の新常識-昔の教科書とはこれだけ変わった!
歴史ミステリー研究会

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仁徳天皇陵は仁徳天皇の墓、平安京は優雅で美しい都、江戸城開城の立役者は勝海舟…。これらはすべてまちがいだった! 近年の研究や新たな資料の発見によってわかった「新常識」を核にした日本史をわかりやすく解説する。

日本古代の窯業と社会


日本古代の窯業と社会
吉田 惠二

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
埴輪・土器研究者として知られた著者が発表してきた論考のうち、日本の古代窯業などについて論じた19編を収録する。著者の教え子達による解説も掲載する。

野村克也、明智光秀を語る-智将だけが知る知将の「凄みと弱み」 早まるな、光秀よ!


野村克也、明智光秀を語る-智将だけが知る知将の「凄みと弱み」 早まるな、光秀よ!
野村 克也

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
絶頂期から次第に疑心暗鬼に陥り、謀叛人として55歳の生涯を終えた明智光秀。弱者の洞察力を忘れた光秀に待っていたものとは-。智将・野村克也が、自身の半生を振り返りながら光秀の「凄みと弱み」を語る。

邪馬台国論争の新視点 [正] 増補版 遺跡が示す九州説


邪馬台国論争の新視点 [正] 増補版 遺跡が示す九州説
片岡 宏二

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
考古学発掘調査の成果をもとに、先人たちを悩ませてきた「魏志」倭人伝の方位と距離の謎を解き明かし、具体的な遺跡から邪馬台国時代のクニグニの実像に迫る。最新の成果を記した「補遺編」を加えた増補版。

徳川秀忠(人物叢書 新装版 通巻303)


徳川秀忠(人物叢書 新装版 通巻303)
山本 博文
人物叢書 新装版

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
武功がないことにコンプレックスを抱きながらも、幕府の支配を盤石にした第2代将軍・徳川秀忠。年寄による合議制や大名統制、鎖国政策の方向付けなど、彼独自の政策や政治手腕を分析し、その人物像に迫る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ