さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

歴史・伝記

昭和天皇の横顔(文春学藝ライブラリー 歴史 39)


昭和天皇の横顔(文春学藝ライブラリー 歴史 39)
佐野 恵作 梶田 明宏
文春学藝ライブラリー 歴史

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和20年8月14日、昭和天皇の「終戦の詔書」の浄書を担当し、その夜の混乱を体験した宮内省職員が退官後記した、終戦前後の昭和天皇と宮中の貴重な記録。昭和天皇の人柄を令和の現在に伝える。

仕事に効く教養としての「世界史」(祥伝社文庫 て3-1)


仕事に効く教養としての「世界史」(祥伝社文庫 て3-1)
出口 治明
祥伝社文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史はなぜ中国で発達したのか。神はなぜ生まれ、どうして宗教はできたのか。交易の重要性、アメリカとフランスの特異性、アヘン戦争…。ビジネスをしている人に役に立つ、世界と日本を理解する世界史10の視点を解説する。

民衆暴力-一揆・暴動・虐殺の日本近代(中公新書 2605)


民衆暴力-一揆・暴動・虐殺の日本近代(中公新書 2605)
藤野 裕子
中公新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新政反対一揆、秩父事件、日比谷焼き打ち事件、関東大震災時の朝鮮人虐殺…。何が人びとを駆り立てたのか。単純には捉えられない民衆暴力を通し、近代化以降の日本の軌跡とともに国家の権力や統治のあり方を照らし出す。

大地の古代史-土地の生命力を信じた人びと(歴史文化ライブラリー 493)


大地の古代史-土地の生命力を信じた人びと(歴史文化ライブラリー 493)
三谷 芳幸
歴史文化ライブラリー

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古代の人びとは、大地とどのように関わっていたのか。大地をめぐる地方と都の人びとの豊かな営みや、土地へのユニークな信仰を追究。「未開」と「文明」の葛藤をたどり、日本人の宗教的心性のひとつの根源を探り出す。

渋沢栄一と勝海舟-幕末・明治がわかる!慶喜をめぐる二人の暗闘(朝日新書 777)


渋沢栄一と勝海舟-幕末・明治がわかる!慶喜をめぐる二人の暗闘(朝日新書 777)
安藤 優一郎
朝日新書

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朝敵となった徳川慶喜に生涯忠誠を尽くした渋沢栄一と、慶喜に30年間も「謹慎」を強いた勝海舟。共に幕臣だった2人の対立を描き、知られざる維新・明治史を解明する。

日本の修史と史学-歴史書の歴史(講談社学術文庫 2623)


日本の修史と史学-歴史書の歴史(講談社学術文庫 2623)
坂本 太郎
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「古事記」「日本書紀」にはじまり明治政府の歴史編纂事業にいたるまで、およそ1300年以上にわたって日本ではさまざまな歴史書が編まれてきた。50を超える歴史書の特色を紹介し、歴史叙述の変遷の軌跡を描き出す。

アレクサンドロス大王物語(ちくま学芸文庫 カ48-1)


アレクサンドロス大王物語(ちくま学芸文庫 カ48-1)
橋本 隆夫
ちくま学芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
基本的な史実を踏襲しつつ、鮮やかな戦闘場面などを織り交ぜて、多くの大衆を魅了した「アレクサンドロス大王物語」。本篇に加え、ラテン語で書かれた「アレクサンドロスからアリストテレス宛ての手紙」も収録する。

天皇の国史


天皇の国史
竹田 恒泰

予約数: 11
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治天皇の玄孫である著者による竹田流「日本史講義」。「古事記」時代から令和まで、皇室を軸に日本全史を俯瞰する。世界各国略年表、歴代天皇の皇位継承図、神統譜も掲載。

真実の原敬-維新を超えた宰相(講談社現代新書 2583)


真実の原敬-維新を超えた宰相(講談社現代新書 2583)
伊藤 之雄
講談社現代新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
藩閥政府の行き詰まりを打開し、昭和の戦後復興を支えたのは、この男のヴィジョンだった! 日本人が知らなすぎる、近代最高の政治リーダー・原敬の生涯と実力を明らかにする。

日本の戦争を報道はどう伝えたか-戦争が仕組まれ惨劇を残すまで


日本の戦争を報道はどう伝えたか-戦争が仕組まれ惨劇を残すまで
羽原 清雅

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朝日新聞で政治部長などを務めた元記者が、戦前と戦後の体験を綴る。「戦争は悪」という信念に基づいた執念の回想記。メディアが「収益という足かせ」にとらわれて、戦争に傾斜していった実情も率直に描く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ