さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

福祉・教育・民俗学

教師の仕事がブラック化する本当の理由


教師の仕事がブラック化する本当の理由
喜入 克

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「生徒の命を守る」「開かれた学校」「アクティブラーニング」など、美辞麗句で空疎なスローガンが教師の仕事を混乱させ、負担を増大し、教育現場の崩壊を招く-。今の教師と学校、教育の問題を明らかにし、解決策を示す。

真木悠介の誕生-人間解放の比較=歴史社会学


真木悠介の誕生-人間解放の比較=歴史社会学
佐藤 健二

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦後日本を代表する社会学者、「真木悠介」はどのようにして生み出され、どういう意味をもったのか。思想家としても、社会に大きな影響を与え続けた「真木悠介」こと見田宗介の本質に迫る論考集。

子どもが作る弁当の日-「めんどくさい」は幸せへの近道


子どもが作る弁当の日-「めんどくさい」は幸せへの近道
城戸 久枝 安武 信吾

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
親の手を借りず、子どもが弁当を作り学校に持って行く「弁当の日」。家事料理苦手の“だめだめ母ちゃん”の著者が、弁当の日とそれに関わる人たちの物語に触れ、体当たりで取材。弁当の日で変わる子どもと親の姿を記録する。

同一労働同一賃金Q&A-ガイドライン・判例から読み解く 第3版


同一労働同一賃金Q&A-ガイドライン・判例から読み解く 第3版
高仲 幸雄

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
働き方改革関連法により、非正規社員の均衡待遇・均等待遇(同一労働同一賃金)に関する法改正が行われた。それについて必要な情報や実務上の留意点をQ&A形式で説明するとともに、これまでの判例・裁判例を収集・整理する。

発達を学ぶちいさな本-子どもの心に聴きながら


発達を学ぶちいさな本-子どもの心に聴きながら
白石 正久

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
どんなに幼い子どもでも、それぞれの発達時期において、その時期らしい「願い」をもっている。0歳から5歳までの心と身体の発達の道すじを、子どもの表情や指先、行動、言葉から読み解く。

モンテッソーリ教育が教えてくれた「信じる」子育て-子どもの伸びる力ってスゴイ!


モンテッソーリ教育が教えてくれた「信じる」子育て-子どもの伸びる力ってスゴイ!
あきえ

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「子どもを尊重して信じる」ことを基盤とするモンテッソーリ教育。育児でよくある悩みを取り上げ、モンテッソーリ教育に基づいた子どもの捉え方や接し方を紹介する。

最新教育ビジネスの動向とカラクリがよ〜くわかる本-業界人、就職、転職に役立つ情報満載 第3版(図解入門業界研究 How‐nual)


最新教育ビジネスの動向とカラクリがよ〜くわかる本-業界人、就職、転職に役立つ情報満載 第3版(図解入門業界研究 How‐nual)
川上 清市
図解入門業界研究

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
教育サービスをとりまく全体像、新学習指導要領と民間教育産業の動向、生徒獲得競争で再編が進む塾業界、関連企業の現状と動向など、教育ビジネスの最新の動向を図表とともに紹介する。

子ども虐待は、なくせる-当事者の声で変えていこう


子ども虐待は、なくせる-当事者の声で変えていこう
今 一生

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
増え続ける子ども虐待。なぜ防止策は失敗しつづけているのか。公式統計や取材に基づく虐待の現実と、虐待サバイバーのニーズをふまえた、これからの虐待防止策、新しい解決アクションを提言する。

日本人の原風景-風土と信心とたつきの道(講談社学術文庫 2644)


日本人の原風景-風土と信心とたつきの道(講談社学術文庫 2644)
神崎 宣武
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
山に富み森林に覆われ海に囲まれた列島。日本人は自然の恵みを享受し生計を立て、神仏に礼を尽くしては人生の節目とした。高度成長期を境に変容を余儀なくされた風土と営みの形とは。日本人の暮らしと人生の豊穣を再確認する。

耳をすまして目をこらす-いろとりどりの子どものきもち


耳をすまして目をこらす-いろとりどりの子どものきもち
宮里 暁美

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
3人の子を育てたときの思い、幼稚園で保育者として子どもたちと過ごすなかでの気づき、道を歩きながら目にしたこと…。子育ての楽しさやうれしさ、それを感じられる心のもち方を綴る。『赤ちゃんとママ』連載を加筆し書籍化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ