さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

文学一般

現代作家アーカイヴ -自身の創作活動を語る-3


現代作家アーカイヴ -自身の創作活動を語る-3
飯田橋文学会 島田 雅彦 阿部 賢一 編集部 林 京子 関口 涼子 平野 啓一郎 黒井 千次 阿部 公彦

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
小説家、詩人、美術家は何を生み出してきたか? 作家自身が代表作を選び、それらを軸として創作活動の歴史を振り返る、貴重なインタヴュー集、かつ良質なブックガイド。3は、島田雅彦、林京子、黒井千次を取り上げる。

完本丸山健二全集 08


完本丸山健二全集 08
丸山 健二

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
孤高を愛し、誰ともつるまず、今日なお進化しつづける作家・丸山健二が、自著の内容をすべて改稿し、10年余の歳月をかけて完成させる全集。08は、「野に降る星 2」を収録。

完本丸山健二全集 07


完本丸山健二全集 07
丸山 健二

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
孤高を愛し、誰ともつるまず、今日なお進化しつづける作家・丸山健二が、自著の内容をすべて改稿し、10年余の歳月をかけて完成させる全集。07は、「野に降る星 1」を収録。

林京子の文学 -戦争と核の時代を生きる-


林京子の文学 -戦争と核の時代を生きる-
熊 芳

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦争と被爆の体験から8月9日の語り部となり、「フクシマ」をも経験した作家・林京子は、<戦争と核>の問題を書き続けてきた。主要作品を読み解きながら日本人の戦争・戦後責任、原爆と原発による加害と被害問題を考察する。

イチからの俳句入門 -これから始める人、伸び悩んでいる人に!-


イチからの俳句入門 -これから始める人、伸び悩んでいる人に!-
辻 桃子 安部 元気 中 小雪

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「いいね!」「おもしろい!」と言われる句がすぐに作れる楽しい俳句入門。初心者がやりがちな失敗をズバリ指摘。解説には実際の句がついているので、具体的な作り方・ブラッシュアップの方法のイメージがつかみやすい。

日本SF精神史


日本SF精神史
長山 靖生

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸後期や幕末期に書かれた架空史から、明治の未来小説・冒険小説、大正・昭和初期の探偵小説・科学小説、1970年頃の現代SF第一世代の活躍、現在まで。日本的想像力200年の系譜をたどる日本SF精神史。

<実践>小説教室 -伝える、揺さぶる基本メソッド-


<実践>小説教室 -伝える、揺さぶる基本メソッド-
根本 昌夫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
多くの作家のデビューに立ち会った、文芸誌元編集長の小説指南。小説の基本について触れたうえで、小説の書き方を、テーマ設定や人称、文体など具体的な項目を設けて説明。さらに村上春樹ら5人の作品を読み解く。

手作り弁当は、ママから発達障害の娘へのラブレター


手作り弁当は、ママから発達障害の娘へのラブレター
桜井 奈々

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自閉症スペクトラム障害をもつ娘の偏食と向き合い、それを乗り越えた母親と娘の成長の記録。著者が娘のための工夫した手作り弁当を再現し、幼稚園から小学6年生までの娘との9年間のエピソードとともに紹介する。

シルバー川柳 -笑いあり、しみじみあり-宴たけなわ編


シルバー川柳 -笑いあり、しみじみあり-宴たけなわ編
みやぎシルバーネット 河出書房新社編集部

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
せっかくの混浴なのに目がかすむ 日々自撮り垂れとシワにも味が出る 60歳〜90歳代のリアル・シルバーから寄せられたシルバー川柳傑作選。仙台の高齢者向けフリーペーパー『みやぎシルバーネット』連載等を書籍化。

小保方晴子日記


小保方晴子日記
小保方 晴子

予約数: 45
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
STAP細胞騒動後、死の淵をさまよった孤独な闘いの記録。精神科入院、博士号剝奪、手記の執筆…小保方晴子が、理化学研究所を退職してからの650日間を綴る。『婦人公論』に掲載された瀬戸内寂聴との対談も再録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ