さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

文学一般

晴れときどき認知症 -父と母と私の介護3000日-


晴れときどき認知症 -父と母と私の介護3000日-
脇谷 みどり

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
故郷の母がうつ病を発症した際、笑える葉書を毎日送り続けた著者は、のちに両親と共に生活することに。父が発症した認知症が理由で起こる争いや戸惑いなど、父母と歩いた日々を綴る。「希望のスイッチは、くすっ」の続編。

こうやって、考える。


こうやって、考える。
外山 滋比古

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
無意識を使いこなす。思考に休符を挟む。愛読書はつくらない。頭以外を使う…など、外山滋比古のこれまでの著作の中から「知の生産性」を高めるヒントになる150の言葉を集めた、名言名句集。

読むことの可能性 -文学理論への招待-


読むことの可能性 -文学理論への招待-
武田 悠一

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「文学」ってなんだろう? 「文学理論(=読むという行為の理論化)」を、今の私達に意味のある形で実践する入門書。「テクスト理論」から「精神分析」まで、文学理論の定番を身近な作品を例に挙げ、わかりやすく解説する。

がんになった外科医元ちゃんが伝えたかったこと


がんになった外科医元ちゃんが伝えたかったこと
西村 元一

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ステージⅣの胃がんと告知されながら、がん患者のための施設「元ちゃんハウス」を開設した外科医が、患者になった医師でしかわからないさまざまなことを綴る。『エキスパートナース』連載をまとめ、関係者らの寄稿も収録。

大宮詩集 10('87 Anthology)


大宮詩集 10('87 Anthology)

大宮詩人会大宮詩集刊行委員会

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から

筑紫万葉恋ひごころ


筑紫万葉恋ひごころ
上野 誠

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
大伴旅人や山上憶良らが九州・大宰府で詠んだ歌を大胆に意訳。8世紀を生きた人々の本音を現代文学として読み直したエッセイ集。『西日本新聞』連載を加筆し書籍化。

米原万里 -真夜中の太陽は輝き続ける-


米原万里 -真夜中の太陽は輝き続ける-
山本 美香 米原 万里 ボリス・ポクロフスキー サーシャ・チョールヌィ 福岡 伸一 河野 通和 ガセネッタ シモネッタ 井上 ユリ 宇野 淑子 姫野 カオルコ 亀山 郁夫 沼野 充義 大沼 有子 斎藤 美奈子 田村 さと子 武田 砂鉄 ロジャー・パルバース 李 賢進 上坂 すみれ 小森 陽一 東海 晃久
KAWADE夢ムック

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
発掘エッセイ「ビリの超能力」「忘れ得ぬ映画」、山本美香、ボリス・ポクロフスキーとの対談、斎藤美奈子らによるエッセイなどを収録。ロシア語通訳者であり作家だった米原万里の、今さらに輝きを増す魅力に迫る。

おれたちを跨ぐな!


おれたちを跨ぐな!
椎名 誠
わしらは怪しい雑魚釣り隊

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「猫またぎ」といえば猫も食わないまずい魚だという。なんと、おれたちがいつも釣っている雑魚のことではないか!? シーナ隊長率いる雑魚釣り隊は、雑魚を釣っては雄叫びを上げる。『週刊ポスト』連載に加筆修正して書籍化。

8月6日の蒼い月 -爆心地一・六kmの被爆少女が世界に伝えたいこと 橋爪文エッセイ集-


8月6日の蒼い月 -爆心地一・六kmの被爆少女が世界に伝えたいこと 橋爪文エッセイ集-
橋爪 文

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
閃光は、七色の光線の束が百も千も集まった鮮烈な放射光で、目が眩む美しさでもあった-。被爆体験、ヒロシマやそこに生きた人びと、70歳前後からの海外ひとり行脚、2011年3月のフクシマ、そして現在を随筆風に綴る。

バクバクっ子の在宅記 -人工呼吸器をつけて保育園から自立生活へ-


バクバクっ子の在宅記 -人工呼吸器をつけて保育園から自立生活へ-
平本 歩

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生後半年で呼吸器をつけ、バクバクっ子(人工呼吸器をつけた子)の在宅生活の草分けとして、保育園〜高校、大学受験、講師をしたり遊んだり、親から独立し自立生活を開拓してきた著者の半生記。テキストデータ請求券付き。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ