さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の小説・エッセイ

シンギュラリティ


シンギュラリティ
チーム2045

Amazonでの評価:(3.9/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
開発現場との衝突、政府からの無茶な要求、妨害を目論む謎の組織。現実と仮想空間を行き来する中で、次第に真実が明らかになっていく-。大手SIerから組織を越えて集まった若手有志6人によるプロジェクト型・小説。

日米艦隊出撃 3


日米艦隊出撃 3
齋藤 穣
ヴィクトリーノベルス

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東アジア情勢が混迷を深める中、中国海軍が突如、台湾海峡を封鎖したことから日米と中国は深刻な対立状態に陥る。日中戦闘機の交戦に続き、米中潜水艦の衝突が勃発。双方の緊張関係は一気に修復不能な状況へと追い込まれ…。

大人の男の遊び方


大人の男の遊び方
伊集院 静
双葉文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人とのつきあい、酒の飲み方、ゴルフ、麻雀、カジノ…。流儀を知り、正しく遊べば人生が豊かになる。当代随一の作家で、様々な遊びに造詣の深い風流人である著者が、「遊ばなくなった現代人」に贈る正しい遊びの教科書。

万国菓子舗お気に召すまま [3]


万国菓子舗お気に召すまま [3]
溝口 智子
ファン文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
運命を変えるお菓子を作ってくれる博多の老舗和洋菓子屋「お気に召すまま」で、ある日、店主・荘介の祖父が遺した1冊のレシピノートが見つかる。ノートにはある秘密が隠されていて…。心温まるお菓子のストーリー。

片づけたい -暮らしの文藝-


片づけたい -暮らしの文藝-
赤瀬川 原平 ジェーン・スー 佐藤 愛子 柴田 元幸 沢野 ひとし 阿川 佐和子 新井 素子 内澤 旬子 谷崎 潤一郎 澁澤 龍彦 加門 七海 夢野 久作 佐野 洋子 東海林 さだお 出久根 達郎 幸田 文 島崎 藤村 沢村 貞子 川上 未映子 有元 葉子 川上 健一 大平 一枝 松浦 弥太郎 槇本 楠郎 有吉 玉青 向田 邦子 内田 百間 中澤 正夫 小川 洋子 工藤 久代 尾崎 一雄 池内 紀

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
片づけベタの苦悩、別れがたき思い出の品、掃除道具へのこだわり…。片づけには、その人の生きかたが表れる。阿川佐和子「紙の山生活」、島崎藤村「障子」など、古今の作家たちが片づけについて綴ったエッセイ32篇を収録。

首洗い滝


首洗い滝
内藤 了
講談社タイガ よろず建物因縁帳

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
クライマーの滑落事故が発生。現場は近づく者に死をもたらすと言われる「首洗い滝」だった。高沢春菜は、生存者から「事故の瞬間、滝から女の顔が浮かび上がり、泣き声のような子守歌が聞こえた」という奇妙な証言を聞き…。

ゼロの激震


ゼロの激震
安生 正
宝島社文庫 このミス大賞

Amazonでの評価:(3.5/5.0)
予約数: 35
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
関東北部で未曾有の大災害が頻発。元大手ゼネコン技術者の木龍のもとに、すべてはマグマ活動に伴う火山性事象が原因で、被害を阻止すべく、力を借りたいと男が訪ねてくる。だが、大噴火は止められずマグマは東京へと南下し…。

地獄耳 -書き下ろし長編時代小説-3


地獄耳 -書き下ろし長編時代小説-3
和久田 正明
二見時代小説文庫

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
評判の豆腐屋の主が、最愛の妻子を殺して失踪。烏丸菊次郎ら「地獄耳」たちの探索によって、10年前の大量殺人と5千両強奪事件が浮かび上がる。失踪した豆腐屋主人の正体も見え隠れして…。

女たちの避難所


女たちの避難所
垣谷 美雨
新潮文庫

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
九死に一生を得た福子、乳飲み子を抱えた遠乃、シングルマザーの渚は避難所へと向かった。だがそこは“絆”を盾に段ボールの仕切りも使わせない監視社会。やがて虐げられた女たちは静かに怒り、立ち上がる。

1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった


1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
せきしろ

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ネタハガキ投稿に不完全な青春を燃やそうとした青春時代。深夜ラジオだけが世界との接点だった。それで十分だった-。伝説のハガキ職人せきしろが、ハガキ職人だった頃を描いた自伝的小説。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ