さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

ちくま新書

中国語は楽しい-華語から世界を眺める(ちくま新書 1563)


中国語は楽しい-華語から世界を眺める(ちくま新書 1563)
新井 ひふみ
ちくま新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
話者が世界各地に分布し、10億人を超える中国語。中国語で書く作家として活躍する著者が、文法や発音などの基礎とともに、華語として世界に広がるこの言語と文化の魅力を存分に描く。

性風俗サバイバル-夜の世界の緊急事態(ちくま新書 1562)


性風俗サバイバル-夜の世界の緊急事態(ちくま新書 1562)
坂爪 真吾
ちくま新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新型コロナの感染拡大により、性風俗店への客足が途絶え、働く女性たちは瞬く間に収入と居場所を失った。孤立と貧困に苦しむ彼女たちを助けるために、これまで声を上げなかった人たちが動き…。夜の世界の苦闘に内側から迫る。

大相撲40年史-私のテレビ桟敷(ちくま新書 1557)


大相撲40年史-私のテレビ桟敷(ちくま新書 1557)
小谷野 敦
ちくま新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
北の湖・輪島ら四横綱時代から千代の富士時代、貴乃花・曙・武蔵丸時代、朝青龍・白鵬時代まで、40年間の相撲界を著者自身の個人的体験を織り込んだクロニクル形式で振り返る。八百長事件など土俵外の騒動も解説。

問いの立て方(ちくま新書 1551)


問いの立て方(ちくま新書 1551)
宮野 公樹
ちくま新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
質問や問題といった小さなものから、人生の課題、目標、テーマまで、「問い」には様々な形がある。では「いい問い」とは何か? ほんとうの問いに辿り着くため、「問い」自体を問うことからはじめ、磨くための考え方を示す。

飯舘村からの挑戦-自然との共生をめざして(ちくま新書 1540)


飯舘村からの挑戦-自然との共生をめざして(ちくま新書 1540)
田尾 陽一
ちくま新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ボランティアと研究者を結集して「ふくしま再生の会」を結成し、飯舘村で自然と人間の共生を訴える著者が、これまでの活動を振り返り、ポストコロナの時代に不可欠な、自然との共生理念とその実践の道を提示する。

原発事故自治体からの証言(ちくま新書 1554)


原発事故自治体からの証言(ちくま新書 1554)
今井 照
ちくま新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
福島第一原発事故当時、現地の役場で何が起きていたのか。過酷な状況に直面した自治体の職員は何を考え、何をしてきたか。大熊町前副町長らへのインタビューをもとにした証言に、研究者の解説を加えたドキュメント。

アメリカを動かす宗教ナショナリズム(ちくま新書 1553)


アメリカを動かす宗教ナショナリズム(ちくま新書 1553)
松本 佐保
ちくま新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アメリカの人口の3分の1を占める「福音派」とは何か? 政治、経済、外交にまで影響を与える宗教ロビーの役割を解説。新型コロナ感染症に対するカトリック、福音派の動きや、バイデン新大統領誕生の秘密にも迫る。

ひとはなぜ「認められたい」のか-承認不安を生きる知恵(ちくま新書 1547)


ひとはなぜ「認められたい」のか-承認不安を生きる知恵(ちくま新書 1547)
山竹 伸二
ちくま新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自由に生きると認められないのか? 「認められたい」という不安に満ちた時代において、自由と承認の葛藤を超えて「自己の喪失」という闇から脱け出し、自分らしく生きるために何が必要なのかを考える。

駒形丸事件-インド太平洋世界とイギリス帝国(ちくま新書 1543)


駒形丸事件-インド太平洋世界とイギリス帝国(ちくま新書 1543)
秋田 茂 細川 道久
ちくま新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
インド人移民の上陸が拒否され、多数の死者をコルカタで出した「駒形丸事件」。この事件を紹介しながら、移民史・政治史・経済史などと融合させ、19世紀末から第一次世界大戦にかけての新しい世界史像を提示する。

生物多様性を問いなおす-世界・自然・未来との共生とSDGs(ちくま新書 1542)


生物多様性を問いなおす-世界・自然・未来との共生とSDGs(ちくま新書 1542)
高橋 進
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生物多様性を、「生物資源」と人類の「生存基盤」というふたつの価値と、その両方を統合した「地球公共財」と位置づけて考察。自然共生社会の実現やSDGsを見据え、将来世代に引き継ぐべき「3つの共生」を提起する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ