さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

ちくま新書

芸術人類学講義(ちくま新書 1481)


芸術人類学講義(ちくま新書 1481)
鶴岡 真弓 椹木 野衣 平出 隆 安藤 礼二
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人類はなぜ「芸術」を欲するのか。人類が数万年以上にわたり持続させてきた「芸術という驚異」を、石器時代にもルネサンス時代にもあった常なるコンテンポラリーの時空を横断・往還し、「根源からの思考」を探究し掘り起こす。

障害者差別を問いなおす(ちくま新書 1489)


障害者差別を問いなおす(ちくま新書 1489)
荒井 裕樹
ちくま新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
何が差別とされてきたのか、それに対していかに異議を唱えたか。多様性が叫ばれる一方で、実際にはマイノリティへの不寛容な価値観が噴出するなか、あらためて障害者差別に向き合い、人間の尊厳に迫る。

保育園に通えない子どもたち-「無園児」という闇(ちくま新書 1490)


保育園に通えない子どもたち-「無園児」という闇(ちくま新書 1490)
可知 悠子
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本全国に3歳から6歳児で9.5万人いると言われている無園児。その実態と就園の障壁について、全国4万人を対象とした研究の成果と、無園児の家庭や支援団体への取材を紹介。「幼児教育義務化」についての対談も収録。

令和日本の敗戦-虚構の経済と蹂躙の政治を暴く(ちくま新書 1488)


令和日本の敗戦-虚構の経済と蹂躙の政治を暴く(ちくま新書 1488)
田崎 基
ちくま新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
停滞し続ける景気、疲弊しきった「働く人」と拡大する格差、隠蔽と欺瞞が常態化し、民主主義を蹂躙する政権の振る舞い…。戦わずして「敗戦する国」日本の正体を、経済・社会・政治の各現場を取材した気鋭の記者が炙り出す。

人類5000年史 3(ちくま新書 1287-3) 1001年〜1500年


人類5000年史 3(ちくま新書 1287-3) 1001年〜1500年
出口 治明
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
文明の誕生から現代まで、5000年の人類の歩みをまとめた著者のライフワーク。3は、宋と東ローマ帝国の繁栄、十字軍の遠征、モンゴル世界帝国、ペストの大流行、ルネサンスなど、1001年〜1500年を収録。

日本人のためのイスラエル入門(ちくま新書 1484)


日本人のためのイスラエル入門(ちくま新書 1484)
大隅 洋
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
建国後わずか70年で最先端技術大国の地位を確立したイスラエルは、古代から続くユダヤの伝統を大切にしながら、なぜイノベーションを起こし続けられるのか。現役外交官がイスラエルを縦横無尽に語り尽くす。

漢語の謎-日本語と中国語のあいだ(ちくま新書 1478)


漢語の謎-日本語と中国語のあいだ(ちくま新書 1478)
荒川 清秀
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
漢字による熟語である「漢語」には、来歴が謎に包まれたものが多くある。さまざまな漢語の来し方を、情熱をもって探求し、普段使っている言葉の本来の意味、そしてそこに秘められたドラマに迫る。

地域活性マーケティング(ちくま新書 1479)


地域活性マーケティング(ちくま新書 1479)
岩永 洋平
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ふるさと納税をはじめとする政府と自治体の政策や地方の事業者の実践を検証し、望ましい地域発展、地域支援のありかたをマーケティングの視点から考える。さらに、地方が地域産品でいかに稼ぐか、実践に役立つ方針も示す。

『論語』がわかれば日本がわかる(ちくま新書 1474)


『論語』がわかれば日本がわかる(ちくま新書 1474)
守屋 淳
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
理不尽な上下関係や努力信仰…。日本人に刷り込まれた常識や行動様式はどこから来るのか。「論語」や儒教のものの考え方を丁寧によみとき、さまざまな国際比較研究の知見と照らし合わせることで、その正体を解き明かす。

長い老後のためのお金の基本-年金・貯金・投資がわかる(ちくま新書 1476)


長い老後のためのお金の基本-年金・貯金・投資がわかる(ちくま新書 1476)
横山 光昭
ちくま新書

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ベテランのファイナンシャルプランナーが教える老後対策本。定年後のビジネスマンの標準的な家計を想定して、「年金」「貯金」「投資」「保険」「介護」「相続」のそれぞれ正しい知識を解説する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ