さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

テロリズム

ジハードと死


ジハードと死
オリヴィエ・ロワ 辻 由美

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「イスラーム国」が崩壊しても問題は解決しない。テロリストの膨大なプロファイルを非宗教的観点から読みとき、周縁化された若者たちを「死にがい」に誘う幻想の正体を暴く。

アメリカ式銃撃テロ対策ハンドブック-アメリカ政府指針・マニュアル集


アメリカ式銃撃テロ対策ハンドブック-アメリカ政府指針・マニュアル集
小川 和久 西 恭之

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界一安全な国=日本の実現のために役立つ銃撃テロ対策ハンドブック。アメリカ政府指針やマニュアルを再構成し、事件対応、事前の備え、訓練と演習、撃たれた人の救命、銃・弾薬の威力と防弾についてまとめる。

わたしが「軽さ」を取り戻すまで-“シャルリ・エブド”を生き残って


わたしが「軽さ」を取り戻すまで-“シャルリ・エブド”を生き残って
カトリーヌ・ムリス 大西 愛子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
シャルリ・エブド襲撃事件生存者による、喪失と回復の記録。12人の同僚を失うなか、偶然によって生き残った著者が、深い喪失感に苛まれながらも、美に触れることによって自分を少しずつ取り戻していく様子を漫画で描く。

欧州対テロ部隊-進化する戦術と最新装備


欧州対テロ部隊-進化する戦術と最新装備
L.ネヴィル 床井 雅美 茂木 作太郎

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
対テロ戦の道を切り開いたイギリスのSAS特殊プロジェクトチームやドイツのGSG9、フランスのGIGNの発展と作戦をたどりながら、これらの部隊を手本にして発足した30以上の欧州諸国の対テロ部隊を紹介する。

ジハード大陸 -「テロ最前線」のアフリカを行く-


ジハード大陸 -「テロ最前線」のアフリカを行く-
服部 正法

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アルシャバブ、アンサル・ディーン、ボコ・ハラムなど、アフリカ各地で勢力を伸ばすジハーディストたち。アフリカ大陸南端から北欧まで4年に及ぶ徹底した現場取材から、彼らの真の姿に肉迫した戦慄のルポ。

日本転覆テロの怖すぎる手口 -スリーパー・セルからローンウルフまで-


日本転覆テロの怖すぎる手口 -スリーパー・セルからローンウルフまで-
兵頭 二十八
PHP新書

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
隠微な放射能や意表をつく化学物質、外来病原生物を駆使した「黴菌型」のテロ、スタジアムや空港、トンネル内で死傷者やパニックを発生させる「花火型」のテロ…。襲い来る「反日工作シナリオ」をシミュレーションする。

憂国か革命かテロリズムの季節のはじまり


憂国か革命かテロリズムの季節のはじまり
鹿砦社編集部 若松 孝二 鈴木 邦男 板坂 剛 佐藤 雅彦 大江 健三郎 深沢 七郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
テロリズムとは何か? テロリズムの季節が始まった60年安保から半世紀余りが経つ今、大江健三郎「政治少年死す セヴンティーン第二部」、深沢七郎「風流夢譚」等を復刻掲載し、その歴史的意味を解明する。

15時17分、パリ行き


15時17分、パリ行き
アンソニー・サドラー アレク・スカラトス スペンサー・ストーン ジェフリー・E.スターン 田口 俊樹 不二 淑子
ハヤカワ文庫 NF

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2015年8月21日15時17分、アムステルダム発パリ行きの高速列車内で、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗り合わせた3人の若者が立ち上がった…。ノンフィクション。2018年3月公開映画の原作。

ターゲテッド・キリング -標的殺害とアメリカの苦悩-


ターゲテッド・キリング -標的殺害とアメリカの苦悩-
杉本 宏

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
裁判でもない、戦争でもない…。CIAの諜報員らが戦場以外で「非公然活動」の一環として行う国家殺害に光を当て、政府に歯向かう「テロリスト」を闇から闇に葬る「標的殺害」の驚くべき実態を明かす。

記者襲撃 -赤報隊事件30年目の真実-


記者襲撃 -赤報隊事件30年目の真実-
樋田 毅

Amazonでの評価:(4.4/5.0)
予約数: 16
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1987年5月3日に朝日新聞記者2人が何者かに散弾銃で殺傷された阪神支局襲撃事件。この事件を含めた「赤報隊」による襲撃・脅迫事件を追い続けてきた著者が、30年にわたる取材経過を辿り、事件の意味を改めて問い直す。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ