さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

ドイツ史

アスペルガー医師とナチス-発達障害の一つの起源


アスペルガー医師とナチス-発達障害の一つの起源
エディス・シェファー 山田 美明

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アスペルガー症候群の提唱者ハンス・アスペルガーはナチス・ドイツの協力者だったのか。彼が第三帝国の価値観やそこでの出来事により、自閉的精神病質という概念を形成していった過程を辿り、診断に至った長い系譜を検証する。

ナチズムは再来するのか?-民主主義をめぐるヴァイマル共和国の教訓


ナチズムは再来するのか?-民主主義をめぐるヴァイマル共和国の教訓
アンドレアス・ヴィルシング ベルトルト・コーラー ウルリヒ・ヴィルヘルム 板橋 拓己 小野寺 拓也 ホルスト・メラー ウーテ・ダニエル ユルゲン・W.ファルター ヴェルナー・プルンペ ヘルフリート・ミュンクラー エレーヌ・ミアル=ドラクロワ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
当時、世界で最も民主主義的な憲法をもちながらも、わずか14年でナチスに破壊されてしまったヴァイマル共和国。ドイツを代表する研究者たちが、現代との共通点をさぐり、歴史の経験から民主主義の危機を考える。

沈黙する教室-1956年東ドイツ-自由のために国境を越えた高校生たちの真実の物語


沈黙する教室-1956年東ドイツ-自由のために国境を越えた高校生たちの真実の物語
ディートリッヒ・ガルスカ 大川 珠季

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東西冷戦下の東ドイツ。ある高校の進学クラス全員が反革命分子とみなされ退学処分に! この国で未来を描けない若者たちは、自由の国、西ドイツを目指して国境を越える…。ノンフィクション。2019年5月公開映画の原作。

アウシュヴィッツの巻物証言資料


アウシュヴィッツの巻物証言資料
ニコラス・チェア ドミニク・ウィリアムズ 二階 宗人

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
選別されたユダヤ人<ゾンダーコマンド>の労働によって稼動していたナチのガス室。遺体の焼却や処理、清掃など「地獄」の労働を担わされた彼らがひそかに書き、死後の発見を願って地中に埋めた文書の全貌を詳しく考察する。

脱走王と呼ばれた男-第二次世界大戦中21回脱走した捕虜の半生


脱走王と呼ばれた男-第二次世界大戦中21回脱走した捕虜の半生
デイヴィッド・M.ガス 花田 知恵

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
脱走は将校の義務である-。トンネル作戦、綱渡り、列車からの飛び降り、詐病…。第二次世界大戦中、仲間と共に、あるいは単独で脱走を繰り返し、不屈の精神力で目的を果たしたイギリス軍将校アレスター・クラムの半生を描く。

普通の人びと-ホロコーストと第101警察予備大隊 増補(ちくま学芸文庫 フ42-1)


普通の人びと-ホロコーストと第101警察予備大隊 増補(ちくま学芸文庫 フ42-1)
クリストファー・R.ブラウニング 谷 喬夫
ちくま学芸文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ごく平凡な人びとが無抵抗なユダヤ人を並べ立たせ、ひたすら銃殺しつづける-。第101警察予備大隊によるナチ・ホロコーストの実態と、彼らを大量虐殺へと導いたメカニズムに迫る。原著最新版より、増補分をあらたに訳出。

東欧からのドイツ人の「追放」 -二〇世紀の住民移動の歴史のなかで-


東欧からのドイツ人の「追放」 -二〇世紀の住民移動の歴史のなかで-
川喜田 敦子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

想起の文化 -忘却から対話へ-


想起の文化 -忘却から対話へ-
アライダ・アスマン 安川 晴基

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

鉄のカーテン -東欧の壊滅1944-56-上


鉄のカーテン -東欧の壊滅1944-56-上
アン・アプルボーム 山崎 博康

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東独、ポーランド、ハンガリーにおいて、ソ連はいかに勢力圏を確立したのか? 大戦終結の前年から、東側陣営に取り込まれた東欧にソ連への反乱が起きた時期までを描き、「スターリン主義」「全体主義」の実態を明らかにする。

鉄のカーテン -東欧の壊滅1944-56-下


鉄のカーテン -東欧の壊滅1944-56-下
アン・アプルボーム 山崎 博康

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東独、ポーランド、ハンガリーにおいて、ソ連はいかに勢力圏を確立したのか? 大戦終結の前年から、東側陣営に取り込まれた東欧にソ連への反乱が起きた時期までを描き、「スターリン主義」「全体主義」の実態を明らかにする。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ