さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

ドイツ史

ナチス破壊の経済-1923-1945 上


ナチス破壊の経済-1923-1945 上
アダム・トゥーズ 山形 浩生 森本 正史

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ナチスの経済政策は、いかに付け焼き刃に過ぎなかったか。雇用創出、アウトバーン建設など、ナチ経済政策につきまとう神話の実像を暴きつつ、戦争遂行に向けた、外貨確保を中心とした金融経済政策や動員体制の確立を詳述する。

ナチス破壊の経済-1923-1945 下


ナチス破壊の経済-1923-1945 下
アダム・トゥーズ 山形 浩生 森本 正史

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ナチスの経済政策は、いかに付け焼き刃に過ぎなかったか。ホロコーストの経済的側面の全貌、シュペーアによる軍備の奇跡の実態など、西部戦線の開戦から敗戦まで、破壊に向かって突き進む総動員経済の終幕を描く。

ヒトラーの正体(小学館新書 353)


ヒトラーの正体(小学館新書 353)
舛添 要一
小学館新書

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ポピュリズム、反グローバル、排外主義。現代の病根を辿っていくと、20世紀最恐の暴君ヒトラーに行きつく。なぜ人びとは、この男を支持したのか。悲劇は止められなかったのか。ヒトラーを正しく恐れるための入門書。

権力と音楽-アメリカ占領軍政府とドイツ音楽の「復興」


権力と音楽-アメリカ占領軍政府とドイツ音楽の「復興」
芝崎 祐典

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アメリカという存在が戦後ドイツの音楽環境の正常化にどのような影響を与えたか、そして戦後ドイツ音楽にどのような意味で影響を及ぼしたかを考察。権力と音楽の見えにくい関係の一端を可視化する。

ヒトラーの時代-ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか(中公新書 2553)


ヒトラーの時代-ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか(中公新書 2553)
池内 紀
中公新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ナチス体制はなぜ短期間に実現したのか。ドイツ国民がそれを支持した理由は何か。労働環境の改善、社会福祉の拡充などの巧みな施策、ゲシュタポによる弾圧-。様々な角度から、ヒトラーを独裁者に押し上げた「時代」を描く。

図説モノから学ぶナチ・ドイツ事典


図説モノから学ぶナチ・ドイツ事典
ロジャー・ムーアハウス 千葉 喜久枝

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
血染めの党旗、ヒトラーの口ひげブラシ、配給カード…。ドイツ第三帝国にまつわる品100点を選び、それぞれの品のエピソードにからめて時代背景を語り、ナチ統治下のドイツの歴史を多角的に、ヴィジュアルに描き出す。

アードルフ・ヒトラー:独裁者の人生行路


アードルフ・ヒトラー:独裁者の人生行路
トーマス・ザントキューラー 斉藤 寿雄

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一個人としてのヒトラーとは、いかなる人物だったのか? 当時の史料と証言から虐殺と戦争への道のりを明らかにする。実像のヒトラーを捉えた、ドイツの若者向けに書かれたヒトラー入門書。

ナチ 本の略奪


ナチ 本の略奪
アンデシュ・リデル 北條 文緒 小林 祐子

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界を思想的にも制覇しようとするナチの野望にとって、厖大な本を略奪し、それを用い「敵」を研究し尽くすことが不可欠だった。ナチによる本の略奪と四散、そして戦後の返還にまつわるさまざまな困難について語る。

アスペルガー医師とナチス-発達障害の一つの起源


アスペルガー医師とナチス-発達障害の一つの起源
エディス・シェファー 山田 美明

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アスペルガー症候群の提唱者ハンス・アスペルガーはナチス・ドイツの協力者だったのか。彼が第三帝国の価値観やそこでの出来事により、自閉的精神病質という概念を形成していった過程を辿り、診断に至った長い系譜を検証する。

ナチズムは再来するのか?-民主主義をめぐるヴァイマル共和国の教訓


ナチズムは再来するのか?-民主主義をめぐるヴァイマル共和国の教訓
アンドレアス・ヴィルシング ベルトルト・コーラー ウルリヒ・ヴィルヘルム 板橋 拓己 小野寺 拓也 ホルスト・メラー ウーテ・ダニエル ユルゲン・W.ファルター ヴェルナー・プルンペ ヘルフリート・ミュンクラー エレーヌ・ミアル=ドラクロワ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
当時、世界で最も民主主義的な憲法をもちながらも、わずか14年でナチスに破壊されてしまったヴァイマル共和国。ドイツを代表する研究者たちが、現代との共通点をさぐり、歴史の経験から民主主義の危機を考える。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ