さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

フランス

バルザック詳説-『人間喜劇』解読のすすめ(水声文庫)


バルザック詳説-『人間喜劇』解読のすすめ(水声文庫)
柏木 隆雄
水声文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一言一句、目を凝らすようにして小説世界を追いかけると、ぴたりと符号する文字の並び、登場人物の変化、会話の妙、読者を巻き込む位相、他の作品への目配せ…。バルザックの小説に張り巡らされた仕掛けを、鮮やかに読み解く。

モンテーニュの言葉-人生を豊かにする365の名言


モンテーニュの言葉-人生を豊かにする365の名言
モンテーニュ 久保田 剛史 宮下 志朗

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仕事、名声、外見、友情、結婚、国家、病気、老いについて…。人間のすべての問いに対し深い思索を重ねた、古典の名著「エセー」に収められた印象深い名言を抜粋。モンテーニュの魅力的な思想や軽妙な語り口を味わえる一冊。

セザンヌ=ゾラ往復書簡-1858-1887(叢書・ウニベルシタス 1103)


セザンヌ=ゾラ往復書簡-1858-1887(叢書・ウニベルシタス 1103)
ポール・セザンヌ エミール・ゾラ アンリ・ミトラン 吉田 典子 高橋 愛
叢書・ウニベルシタス

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
画家ポール・セザンヌと作家エミール・ゾラは、中等学校時代から文学や芸術を語り合った親友だった。セザンヌとゾラの交流について定説を覆す新発見の書簡も含め、現存する二人の書簡をすべて収録。カラー口絵付き。

レーモン・クノー伝


レーモン・クノー伝
ミシェル・レキュルール 久保 昭博 中島 万紀子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
レーモン・クノーは、いかにして規格外の言語遊戯作家になったのか。シュルレアリスムの影響を受けた青年期、物書き狂人の研究、ウリポの創設など、彼の知られざる生涯を描く評伝。写真や、クノー著作一覧も収録。

ミシェル・レリスの肖像-マッソン、ジャコメッティ、ピカソ、ベイコン、そしてデュシャンさえも


ミシェル・レリスの肖像-マッソン、ジャコメッティ、ピカソ、ベイコン、そしてデュシャンさえも
千葉 文夫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
記憶の襞の奥に入り込み、独自の「詩と真実」の追求を試みる自伝的作品に本領があるレリス。20世紀フランスにおける特異な存在である「文脈から逸脱をつづける人」に共振する、エレガントな研究エッセイ。

エリ・ヴィーゼルの教室から-世界と本と自分の読み方を学ぶ


エリ・ヴィーゼルの教室から-世界と本と自分の読み方を学ぶ
アリエル・バーガー 園部 哲

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自らを「教師」と定義していた「ホロコーストの証人」。25年間にわたる著者の日記、5年分の授業ノート、エリ・ヴィーゼルから教えを受けた世界中の学生たちとのインタビューをもとに、エリ・ヴィーゼルの教えを詳解する。

いやいやながらルパンを生み出した作家-モーリス・ルブラン伝


いやいやながらルパンを生み出した作家-モーリス・ルブラン伝
ジャック・ドゥルワール 小林 佐江子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ルパンが私の影ではなく、私のほうがルパンの影なのだ-。世界中で絶大な人気を誇りつづける<怪盗紳士アルセーヌ・ルパン>の生みの親、モーリス・ルブランの初の伝記。

囚人と狂気-一九世紀フランスの監獄・文学・社会


囚人と狂気-一九世紀フランスの監獄・文学・社会
梅澤 礼

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一九世紀フランスにおける理想の監獄とその挫折をめぐって、新聞や学術論文、議事録、回想録や文学作品に表れた多様な論争的言説を掘り起こし、独房で精神を病んだ囚人が<非理性>や植民地へと追放されてゆく過程をたどる。

モンテーニュ-人生を旅するための7章(岩波新書 新赤版 1786)


モンテーニュ-人生を旅するための7章(岩波新書 新赤版 1786)
宮下 志朗
岩波新書 新赤版

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
狂気の時代をしなやかに生きたモンテーニュ。本を愛し、旅を愛した彼が、ふつうのことばで生涯綴りつづけた書物こそが「エッセイ」の始まりだ。困難な時代を生きる私たちの心深くに沁み入る、「エセー」の人生哲学。

異邦の香り-ネルヴァル『東方紀行』論(講談社文芸文庫 のH1)


異邦の香り-ネルヴァル『東方紀行』論(講談社文芸文庫 のH1)
野崎 歓
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ウィーン、カイロ、シリアを経てコンスタンチノープルへ-。オリエンタリズムの批判者サイードにも愛された旅行記「東方紀行」。国境を越えた遊歩者であった詩人ネルヴァルの魅力を、みずみずしい筆致で描く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ