さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

ホラー・怪談

死神憑きの浮世堂 [2]


死神憑きの浮世堂 [2]
中村 ふみ
小学館文庫 キャラブン!

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人形修理工房を営む利市のもとに、冬馬と名乗る青年から、家に憑いた人形の祟りを鎮めてほしいとの仕事が舞い込む。利市に対して謎の執着をみせる冬馬。そこには衝撃の真実が。利市は新たな<死神>との闘いに巻き込まれ…。

中国奇想小説集 -古今異界万華鏡-


中国奇想小説集 -古今異界万華鏡-
井波 律子 干 宝 陶 潜 劉 義慶 呉 均 沈 既済 陳 玄祐 洪 邁 元 好問 瞿 佑 陶 輔 馮 夢龍 蒲 松齢 陳 鼎 張 潮 袁 枚 紀 昀 管 世灝 宣 鼎

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「捜神記」「唐代伝奇」「聊斎志異」「子不語」など、六朝時代から清代まで、中国に綿々と受け継がれた変幻自在な奇想・幻想小説26篇を精選。時代順に配列し、練達の中国文学者による新訳に解説を付して収録する。

愚者の毒 1


愚者の毒 1

宇佐美 まこと
誰でも文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
1985年、葉子と希美は互いに後ろ暗い過去を秘めながら、友情を深めてゆく。しかし、葉子が家政婦として働き出した旧家の主の不審死をきっかけに過去の因縁が2人に襲いかかり…。2016年祥伝社刊を底本とした大活字本。

愚者の毒 2


愚者の毒 2

宇佐美 まこと
誰でも文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
1985年、葉子と希美は互いに後ろ暗い過去を秘めながら、友情を深めてゆく。しかし、葉子が家政婦として働き出した旧家の主の不審死をきっかけに過去の因縁が2人に襲いかかり…。2016年祥伝社刊を底本とした大活字本。

愚者の毒 3


愚者の毒 3

宇佐美 まこと
誰でも文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
1985年、葉子と希美は互いに後ろ暗い過去を秘めながら、友情を深めてゆく。しかし、葉子が家政婦として働き出した旧家の主の不審死をきっかけに過去の因縁が2人に襲いかかり…。2016年祥伝社刊を底本とした大活字本。

めくらまし


めくらまし
我妻 俊樹
竹書房文庫 忌印恐怖譚

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日常のひび割れから滲み出す不安と恐怖の数々-。危篤となった父の病室から見えるモノ「位置」、マンションの隣室から妙な音がするのでクレームを入れると…「石の音」など、幻惑の名手が語る実話怪談64話を収録する。

怪談奇聞 啜リ泣キ


怪談奇聞 啜リ泣キ
小田 イ輔
竹書房文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
祟られているゆえにみな早死に、最後の生き残りが語ったのは…。「啜り泣き」ほか、小田イ輔が命懸けで蒐集した、空虚な日常を飲み込む恐怖の実話怪談の数々を収録。

などらきの首


などらきの首
澤村 伊智
角川ホラー文庫

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
祖父母の住む地域に伝わる“などらき”という化け物。刎ね落とされた首は洞窟の底に封印され、胴体は首を求めて彷徨い…。野崎はじめての事件、真琴と野崎の出会い、琴子の学生時代等の話を収めた、比嘉姉妹シリーズの短編集。

雨上がり月霞む夜


雨上がり月霞む夜
西條 奈加

予約数: 40
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
火事で店を失った秋成は、幼なじみの雨月が結ぶ庵に居候することに。だが雨月は、妖しを引き寄せる体質で…。「雨月物語」に大胆な現代的解釈を試みた珠玉の連作短篇集。全9篇を収録する。『小説BOC』連載を書籍化。

そこにいるのに


そこにいるのに
似鳥 鶏

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
撮ってはいけない写真、剝がしてはいけないシール、見てはいけないURL、探してはいけない場所…。読み進めるほど後悔する、13の恐怖と怪異の物語。本格ミステリ界の旗手が挑む、初のホラー短編集。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ