さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

三川みり

一華後宮料理帖 第9品(角川ビーンズ文庫 BB73-35)


一華後宮料理帖 第9品(角川ビーンズ文庫 BB73-35)
三川 みり
角川ビーンズ文庫

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朱西の離反の真意を知った理美。彼を取り戻したいという思いを深めながらも、朱西の葛藤の鍵・考仁と対峙した際、相応しい料理を饗せなかったことに迷いを覚えていた。そんな最中、誘拐の真相を巡り尋問が始まり…。

一華後宮料理帖 第8品


一華後宮料理帖 第8品
三川 みり
角川ビーンズ文庫

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

君と読む場所


君と読む場所
三川 みり
新潮文庫nex

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
職場体験に図書館を選んだ有季は、隣のクラスの繊細で無口な女の子・麻友と一緒に実習することに。話すきっかけなど考えつかなかった有季だが、時代小説「さぶ」が2人の距離を近づけて…。人と本を繫ぐ物語。

双花斎宮料理帖


双花斎宮料理帖
三川 みり
角川ビーンズ文庫

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
父が流罪となり、元服できずにいた真佐智。ある日、一年後に空位となる美味宮候補に選ばれるも、料理経験のない真佐智は失敗ばかり。そんな中、世話係の炊部の少年・奈津から覚悟を問われ…。「一華後宮料理帖」のスピンオフ。

一華後宮料理帖 第7品


一華後宮料理帖 第7品
三川 みり
角川ビーンズ文庫

予約数: 11
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
各国の使節が訪れる外交の月。理美は西沙国の接待役を務めることになり、グルザリ・シャーたちに会えるのを楽しみにしていた。だが使節団に皇女・アーシャが同行していたことから、皇后候補としての立場が揺らぎだして…!?

一華後宮料理帖 第6品


一華後宮料理帖 第6品
三川 みり
角川ビーンズ文庫

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 16
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朱西が皇帝・祥飛の側を離れ、敵対する鳳家当主となった。そのため立后式が延期となり、地方で不穏な動きが起こるなど、宮廷は激震する。朱西と祥飛が対立する姿に、理美は己のできる「食」と向きあい奔走するが!?

もってけ屋敷と僕の読書日記


もってけ屋敷と僕の読書日記
三川 みり
新潮文庫nex

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中2の有季は、本を終活整理する老人と出会う。本について熱弁する彼の言葉に、有季の人生が動きだし…。少年と、本をこよなく愛する老人との出会いを通して描く、友情と恋と家族の物語。『yom yom』連載を書籍化。

一華後宮料理帖 第5品


一華後宮料理帖 第5品
三川 みり
角川ビーンズ文庫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 17
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朱西の秘密を知り、彼を守るため皇后となる道を選んだ理美。料理を作る余裕もないまま、立后式に向け皇后教育が始まるが、講師となったのはその朱西。一生抱え続けると決めた胸の痛みを隠して微笑み合うふたりだったが…。

一華後宮料理帖 第4品


一華後宮料理帖 第4品
三川 みり
角川ビーンズ文庫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 15
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
元気がない五龍のため神気に満ちた旧都・氾因に滞在することになった理美たち。見つけた鏡をきっかけに、おかしな現象が起こり始める。原因を調べる最中、理美たちは朱西の秘密を知ってしまい…。

一華後宮料理帖 第2品


一華後宮料理帖 第2品
三川 みり
角川ビーンズ文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
食学博士・朱西の元で助手として働く料理好きの皇女・理美。2人は皇帝のお披露目儀式で側に侍る妃嬪達の心を慰めるため、後宮の料理番に任命される。しかし集まった妃嬪達は、みなクセ者揃いで…?
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ