さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

中世史(鎌倉時代~安土桃山時代)

地図で旅する!日本の名城


地図で旅する!日本の名城
千田 嘉博

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一生に一度は訪ねたい10名城をはじめ、布陣図で読み解く五大攻城戦、名城をめぐるモデルコース、現存12天守や戦国武将ゆかりの城案内などを収録。取り外して使える大判地図ポスター付き。データ:2020年7月現在。

麒麟よこい-耳鼻塚の鎮魂・供養のすすめ 緊急出版日韓和解の決め手はこれだ!


麒麟よこい-耳鼻塚の鎮魂・供養のすすめ 緊急出版日韓和解の決め手はこれだ!
金 文吉 天木 直人

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
豊臣秀吉による二度にわたる朝鮮出兵、文禄・慶長の役が残した耳鼻塚。なぜ耳・鼻をそぎ落すような残酷な事が行われたのかなどを解説し、日本人の手による耳鼻塚の鎮魂・供養を提言する。京都平和の会会長らの特別寄稿も収録。

宇喜多秀家-秀吉が認めた可能性(中世から近世へ)


宇喜多秀家-秀吉が認めた可能性(中世から近世へ)
大西 泰正
中世から近世へ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
豊臣政権の「大老」として、16世紀末の日本の国政に深く関わった宇喜多秀家。なぜ大老にまで立身できたのか、なぜ関ケ原敗戦後、生きのびることができたのかなど、彼にまつわる疑問を個別具体的、そして実証的に検討する。

村上水軍-その真実の歴史と経営哲学


村上水軍-その真実の歴史と経営哲学
園尾 隆司

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本最大の海賊といわれる村上水軍の真実の歴史を、根拠となる史料・文献をできる限り詳細に示しながら解説。その中から見えてくる経営哲学についても説明する。

女たちの本能寺(祥伝社新書 610)


女たちの本能寺(祥伝社新書 610)
楠戸 義昭
祥伝社新書

予約数: 44
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
本能寺の変は、光秀と信長を取り巻く一族の女たちの運命をどう変えたのか。彼女たちの知られざる側面と、一次史料から分かった真実とは。濃姫、細川ガラシャ、春日局など、歴史に翻弄された7人の女たちの人生を追う。

企業として見た戦国大名


企業として見た戦国大名
真山 知幸

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
働きがいがあるのはどの戦国大名? 企業買収で急成長を遂げた豊臣家、顧客重視で従業員は報われない上杉家…。戦国大名を企業に見立て、現代の経営者だったら、彼らはどんなトップで、どんな経営をしていたかを読み解く。

列島の戦国史 6 毛利領国の拡大と尼子・大友氏


列島の戦国史 6 毛利領国の拡大と尼子・大友氏
池 享 久保 健一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
16世紀後半、西日本では大内氏を倒し台頭した毛利氏をはじめ、尼子や大友、島津などの地域勢力が熾烈な領土争いを繰り広げた。海外交易の実態、流通・経済の発展など社会状況も通観し、西国大名の覇権争いを描く。

上杉謙信(人物叢書 新装版 通巻307)


上杉謙信(人物叢書 新装版 通巻307)
山田 邦明
人物叢書 新装版

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
越後の戦国大名・上杉謙信。関東管領の上杉氏から姓と職を譲られ、信濃進出、能登侵攻、そして織田信長を撃破するも、関東出陣を前に病没する。謙信発給の書状などからその生涯を描き出し、領国統治の実態や信仰、人柄に迫る。

戦国の図書館


戦国の図書館
新藤 透

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本中に書籍が浸透していった戦国時代。戦国大名が設置した文庫や、公家は現在の図書館と似たような活動を行っていたと考えられる。戦国大名らと公家、連歌師との書籍を通じた交流から、「戦国の図書館」の役割を読み解く。

再審・本能寺の変-光秀に信長は殺せたのか?


再審・本能寺の変-光秀に信長は殺せたのか?
「再審・本能寺の変」制作委員会

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
光秀は桂川を渡れたのか? 「本能寺の変」を再検証。史料などを丹念に読み解き、それらの記述と当時の地理・気象・風習・現場状況といった様々な視点からの客観的データとを照合する方法で、事件の実像に迫る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ