さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

中央アジア・中近東史

日本人にとってエルサレムとは何か-聖地巡礼の近現代史(叢書・知を究める 16)


日本人にとってエルサレムとは何か-聖地巡礼の近現代史(叢書・知を究める 16)
臼杵 陽
叢書・知を究める

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本人にとって聖地エルサレムとは何か。もっと広く、パレスチナとは何か。明治末〜昭和期の日本人の聖地体験を、著者のエルサレムでの生活と比較しつつ考察する。日本人ムスリムのエルサレム論も取り上げる。

近代中央ユーラシアの眺望


近代中央ユーラシアの眺望
野田 仁 小松 久男 小沼 孝博 坂井 弘紀 秋山 徹 宇山 智彦 塩谷 哲史 河原 弥生 植田 暁 清水 由里子 濱本 真実 佐々木 紳 帯谷 知可 長縄 宣博 ティムール・ダダバエフ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
漠然としたイメージが先行して語られることが多い中央ユーラシア地域の歴史像。ソ連解体を経て大きな変容を遂げた中央ユーラシア史研究の最新の成果をもとに、鮮明な歴史像を描く。見返しに地図あり。

近代アフガニスタンの国家形成-歴史叙述と第二次アフガン戦争前後の政治動向(世界歴史叢書)


近代アフガニスタンの国家形成-歴史叙述と第二次アフガン戦争前後の政治動向(世界歴史叢書)
登利谷 正人
世界歴史叢書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
18世紀中期から20世紀初頭までのアフガニスタン、および英領インドを対象にその政治動向や歴史叙述、パシュトゥーン諸部族との関係など多方面に及ぶ分析を行う。アフガニスタン、イギリス間で締結された条約文等も収録。

鉄を生みだした帝国-ヒッタイト発掘(NHKブックス 391)


鉄を生みだした帝国-ヒッタイト発掘(NHKブックス 391)
大村 幸弘
NHKブックス

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

わが親愛なるパレスチナ隣人へ-イスラエルのユダヤ人からの手紙


わが親愛なるパレスチナ隣人へ-イスラエルのユダヤ人からの手紙
ヨッシー・クライン・ハレヴィ 神藤 誉武

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ユダヤ教徒として他宗教との相互理解に取り組む著者が、隣人であるパレスチナ人にユダヤ人の物語を語り、ユダヤ人のアイデンティティにおけるイスラエルの重要性を説くと共に、対話の大切さを訴える。著者のインタビュー付き。

シャティーラの記憶-パレスチナ難民キャンプの70年


シャティーラの記憶-パレスチナ難民キャンプの70年
川上 泰徳

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
パレスチナ問題の本質とは。1948年のイスラエル「建国」に伴い、故郷を追われたパレスチナ人たちの苦難の歴史を、キャンプに長年通い続ける著者が、多くの証言をもとにつむぎ出す。

ソグド商人の歴史


ソグド商人の歴史
エチエンヌ・ドゥ・ラ・ヴェシエール 影山 悦子

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中央アジアを中心に活動を展開していたソグド商人。中国・インド方面での交易、本土での市場拡大、イスラーム圏内における活動など、紀元前1世紀頃に始まった「シルクロード交易」の歴史的実態を、資料をもとに綿密にたどる。

オスマン帝国500年の平和


オスマン帝国500年の平和
林 佳世子
講談社学術文庫 興亡の世界史

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
14世紀初頭、アナトリアの辺境に生まれた小国は、やがてバルカンからアラブ世界、北アフリカをおおう大帝国に発展した。多民族と多宗教の共存したオスマン帝国が、19世紀の「民族の時代」の到来により分裂するまでを描く。

イスラエルに関する十の神話


イスラエルに関する十の神話
イラン・パペ 脇浜 義明
サピエンティア

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
パレスチナは民なき地ではなかったし、ユダヤ人は国なき民ではなかった…。イスラエル・パレスチナ問題に関わる、議論の余地がないと公的に表明されている神話に挑戦。中東現代史における欺瞞を暴き、共存の道を新たに描く。

オスマン帝国 -繁栄と衰亡の600年史-


オスマン帝国 -繁栄と衰亡の600年史-
小笠原 弘幸
中公新書

予約数: 23
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アジア・アフリカ・ヨーロッパを跨ぐ広大な版図を築いたオスマン帝国。王朝の黎明、玉座を巡る王子達の争い、ヨーロッパへの進撃、近代化の苦闘など、滅亡までの600年の軌跡を描き、空前の大帝国の内幕に迫る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ