さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

人生訓(高齢者)

50代でうまくいく人の無意識の習慣-仕事も人生も好転する61の気づき


50代でうまくいく人の無意識の習慣-仕事も人生も好転する61の気づき
中谷 彰宏

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
過去の成功にも失敗にもこだわらない、師匠になるより師匠を持つ、未来の自分にお金をかける、体験したことがないことを体験しよう…。50代の成功者が無意識に行っている習慣を紹介する。

70歳からの世界征服


70歳からの世界征服
中田 考 田中 真知 矢内 東紀

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人は死に、今生に意味はない-。イスラーム学者・中田考と仲間たちが、老いを迎える人たちに向け、あるべき老後の生き方を示す。人は遠からず必ず死ぬという事実を直視し、自分がしたいことを見つけ、それを行うべきだと説く。

老後に備えない生き方


老後に備えない生き方
岸見 一郎

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
老後に備えない? 計画を立てられない時代、必要なのは未来を手放すこと-。ギリシア哲学の専門家がアドラー心理学も駆使しながら、老い、死にとらわれずよりよく生きる人生を考察する。

いくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。


いくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。
ジュリア・キャメロン エマ・ライブリー 菅 靖彦

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
始めるのに遅すぎることはない-。熟年期を豊かに生きるための具体的な道筋を示す書。人生の「これまで」の意味と、「これから」の可能性を知る12週間のプログラムと、実践するためのツール、課題を紹介する。

老後論-この期に及んでまだ幸せになりたいか?


老後論-この期に及んでまだ幸せになりたいか?
テリー伊藤

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
鈍感力は老人の武器になる。人が孤独なのは当たり前…。長嶋茂雄、大林宣彦、石原慎太郎という3人の先輩たちの姿から、どんな環境に置かれても人は堂々と生きることが必要だと思い知った70歳の著者が、思いの丈を綴る。

80歳からの人生の楽しみ方-いまこそ「自分最良」の夢を生きよう!


80歳からの人生の楽しみ方-いまこそ「自分最良」の夢を生きよう!
櫻井 秀勲

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「80歳」といえば、もう先は見えている、と思っていませんか。せっかく長生きしたのですから、もう少し、この世の新しい世界を楽しみましょう-。令和2年で89歳になる著者が、生きる力が湧いてくる時間の使い方を伝える。

めざせ、命日が定年-終わり笑えばすべてよし


めざせ、命日が定年-終わり笑えばすべてよし
弘兼 憲史

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
本当の人生は定年後に始まる。自分本来の生を謳歌し、「命日が定年」をめざして新たな人生のスタートを切ろう! 漫画家の弘兼憲史が、「人は人、自分は自分」で悠々とおおらかに生きるためのコツを伝える。

老いの器量


老いの器量

下重 暁子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
年を重ねることは、器量よしになることだ。今までの人生が多少とも他人から必要とされるものならば、私の今ある器量を惜しげなく提供しよう。老いてわかった人生の心得を綴る。

アドラーに学ぶ70歳からの人生の流儀


アドラーに学ぶ70歳からの人生の流儀
岩井 俊憲

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「まあいいか」の幅をじわじわ広げる、数病息災ならそれでいい…。「老いの呪い」「過去のしがらみ」の解き方から、人間関係のモヤモヤ解消まで、人生の後半戦が楽しくなる生き方のコツを、アドラー心理学に基づいて紹介する。

定年を病にしない


定年を病にしない
高田 明和

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
肩書がない、居場所がない、孤独を深める…。定年を境に引き起こされる男性の深刻な問題に焦点を当て、50〜60代前半の男性の実例を中心に著者の体験も交えながら、「定年後の自分」を早く育てるためのヒントを紹介する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ