さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

仏教

「お水取り」を巡る歴史-松本昭遺稿


「お水取り」を巡る歴史-松本昭遺稿
松本 昭

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本のミイラ(即身仏)研究の第一人者・松本昭の遺稿。旧暦2月に東大寺二月堂で行われる修二会、「お水取り」を取り上げ、聖武帝の治世に焦点を絞り、丹念にその歴史を辿る。

はい、さようなら。


はい、さようなら。
瀬戸内 寂聴

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
挑む極意、信じる極意、覚悟する極意、命いっぱいに生きる極意…。瀬戸内寂聴が86歳から97歳までの間に京都寂庵で人々を笑顔にしてきた法話から、8話を厳選収録する。初句集出版記念インタビューも掲載。

歎異抄-現代語訳付き 新版(角川ソフィア文庫)


歎異抄-現代語訳付き 新版(角川ソフィア文庫)
親鸞 千葉 乗隆
角川ソフィア文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

ゆらゆらじんわりお香ぐらし-自分らしく生きる贅沢時間の過ごし方


ゆらゆらじんわりお香ぐらし-自分らしく生きる贅沢時間の過ごし方
石浜 栞

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
長い歴史のなかで多くの人々を魅了してきたお香の香りは、嗅ぐことで脳内に心地よさをもたらしてくれる物質が分泌される。お香を生活に取り入れている著者が、お香の効能や、“お香袋”の作り方などを解説する。

図説地図とあらすじでわかる!釈迦の生涯と日本の仏教(青春新書INTELLIGENCE PI-582)


図説地図とあらすじでわかる!釈迦の生涯と日本の仏教(青春新書INTELLIGENCE PI-582)
瓜生 中
青春新書INTELLIGENCE

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
インドで生まれ、中国、朝鮮半島を経て日本に伝えられた仏教。釈迦の時代から2000年以上にわたる仏教の歴史をたどりながら、仏教の本質に迫る。図版や写真も多数収録。

はじめて読む法華経28品-現代語訳 深遠な教え、華麗な物語世界へ


はじめて読む法華経28品-現代語訳 深遠な教え、華麗な物語世界へ
立松 和平

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
特徴ある性格と人格を持つ如来や菩薩たちが登場し、哲理を論理としてのみ語るのではなく、物語として描いている法華経。作家・立松和平が、ブッダの根本の教えを、現代人に親しくわかりやすい言葉で語り尽くす。

禅画百譚


禅画百譚
池上 文僊

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
興趣に富んだ禅門の逸話・公案など全100話を、軽妙な禅画と洒脱で簡潔な解説で紹介する。「無門関」を出典とする公案の「頌」は漢文・書き下し・現代語訳を列記し、登場人物や禅門特有の語句などに註を付す。

ビジネスパーソンのための教養としての世界3大宗教


ビジネスパーソンのための教養としての世界3大宗教
中村 圭志

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本文化を深いところで支え続けている「仏教」、世界の重要な宗教である「キリスト教」「イスラム教」。世界3大宗教について、歴史、教え、習慣など知っておくべきエッセンスをチャートや写真を多用してわかりやすく紹介。

はじめての韓国仏教-歴史と現在


はじめての韓国仏教-歴史と現在
佐藤 厚

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本へ仏教を伝えた韓国。韓国仏教の特徴や日本仏教との違いを、図表や写真、コラムを豊富に交えてわかりやすく解説する。現代の北朝鮮の仏教事情についても紹介する。重要な人物、寺院、韓国語の「般若心経」なども収録。

捨身の仏教-日本における菩薩本生譚(角川選書 627)


捨身の仏教-日本における菩薩本生譚(角川選書 627)
君野 隆久
角川選書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
釈尊の前世を鮮烈に描くジャータカの中でも、捨身=<身体を犠牲にする他者救済>をおこなう物語を菩薩本生譚とし、それを日本の文化がどのように受容したのかを考察。仏教そして日本文化に伏流する血と暴力の倫理に迫る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ