さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

保阪正康

三島由紀夫1970-海を二つに割るように、彼は逝った(KAWADEムック)


三島由紀夫1970-海を二つに割るように、彼は逝った(KAWADEムック)

古川 日出男 佐藤 究 赤坂 憲雄 安藤 礼二 三島 由紀夫 友常 勉 保阪 正康 中島 岳志 豊島 圭介 大澤 真幸 杉田 俊介 井口 時男 中島 一夫 石川 義正 小泉 義之 菅 孝行 長澤 唯史 赤井 浩太 橋川 文三 吉本 隆明 加藤 周一 片岡 大右
KAWADEムック

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
三島由紀夫の死と政治に焦点を当てた一冊。三島由紀夫の政治論文を収録するほか、赤坂憲雄×安藤礼二の対談「三島由紀夫にとって天皇制とは何か」、三島由紀夫についてのエッセイ、論考などを掲載する。

吉田茂-戦後日本の設計者(朝日選書 995)


吉田茂-戦後日本の設計者(朝日選書 995)
保阪 正康
朝日選書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
“戦後民主主義の立役者”か、それとも“皇国日本の再建者”か? 吉田茂が思い描いた日本の進むべき道とは-!? 戦後最大の宰相の功罪を新たな視点で検証する、著者渾身の評伝。巻末に吉田茂の年譜や系図も掲載。

昭和史の本質-良心と偽善のあいだ(新潮新書 857)


昭和史の本質-良心と偽善のあいだ(新潮新書 857)
保阪 正康
新潮新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ファシズム、敗戦、戦後民主主義…昭和は何を間違えたのか。芥川龍之介、島崎藤村、泉鏡花らの近現代の名作に刻まれた一文を手掛かりに多彩な史実をひもとき、過去から未来へと連鎖する歴史の本質を探りだす。

昭和史七つの裏側


昭和史七つの裏側
保阪 正康

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
真実は、当事者たちの記憶や記録の中から現れる! 4千人以上の人々に会い、昭和史を書き伝えてきた著者。定説とは異なる事実が判明した特筆すべき7つの事例を、著者が刊行した「昭和史講座」のなかから抜粋して公開する。

新・天皇論


新・天皇論
保阪 正康

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
平成から令和へ。天皇の代替わりに同時進行形で書かれた稀有なる思索。天皇と皇后の役割、父と子の皇位継承物語、天皇と戦争、皇室と恋愛など、斬新な視点で天皇制の歴史と未来を照らす。『サンデー毎日』連載を加筆し書籍化。

令和を生きるための昭和史入門(文春新書 1221)


令和を生きるための昭和史入門(文春新書 1221)
保阪 正康
文春新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
権力中枢を狙った2・26事件、アメリカとの無謀な戦争、高度経済成長…。首相から皇族、軍部の指導者、いち兵士まで、約4000人を取材した第一人者が昭和史の真実を綴る。昭和史を知るためのブックガイド150冊も収録。

平成と天皇


平成と天皇
半藤 一利 保阪 正康 井上 亮

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
平成はどのような時代として語り継がれるのか。その手がかりは、天皇が築いた新しい象徴像にある。第一級の論客3人が、即位から最後の誕生日会見に至るまで天皇の歩んだ三十年間の足跡を辿り、平成史の深層を明らかにする。

対談戦争とこの国の150年-作家たちが考えた「明治から平成」日本のかたち


対談戦争とこの国の150年-作家たちが考えた「明治から平成」日本のかたち
保阪 正康 西村 京太郎 池内 紀 逢坂 剛 浅田 次郎 半藤 一利

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治維新、天皇、旧日本軍と自衛隊、太平洋戦争、民主主義…そして「令和」日本はどこへいくのか? 作家・保阪正康が、稀代のストーリーテラー、エッセイストらと日本近現代史のさまざまな論点を語り合う。

昭和史の急所-戦争・天皇・日本人(朝日新書 715)


昭和史の急所-戦争・天皇・日本人(朝日新書 715)
保阪 正康
朝日新書

予約数: 14
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和の戦争から得た「血の教訓」、それが新時代を生きる座標軸となる-。著者の膨大な著作から次世代を照らす灯となる言葉、歴史証人の貴重な肉声をまとめる。

昭和の怪物七つの謎 続(講談社現代新書 2518)


昭和の怪物七つの謎 続(講談社現代新書 2518)
保阪 正康
講談社現代新書

予約数: 54
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
三島由紀夫、近衛文麿、田中角栄、後藤田正晴…。昭和史研究の第一人者が、これまでに取材した「昭和の怪物」たち本人、側近、家族らの証言から、「歴史の闇」にあらためて光をあてる。『サンデー毎日』連載を元に新書化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ