さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

俳句

杞憂に終わる連句入門


杞憂に終わる連句入門
鈴木 千惠子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
過ぎてみれば杞憂であったということは転がっている。連句の実作もその一つではないだろうか-。共同で作品を制作する「連句」の実作に一歩足を踏み出すための本。連句に対する考えをまとめると共に、現代連句作品を紹介する。

子規を「ギャ句(ぐ)」る-名句をひねると「ギャ句」になりました(光文社新書 1078)


子規を「ギャ句(ぐ)」る-名句をひねると「ギャ句」になりました(光文社新書 1078)
夏井 いつき
光文社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
名句の一部を変えて意味や場面の転換を味わい笑う言葉遊びへの誘い。俳句の辛口先生が、正岡子規をギャ句った作品を募集し採点。原句があるから誰でも始められ、名句の知識と技が同時に身に付く。

おいしい俳句-旬の菜事記 続


おいしい俳句-旬の菜事記 続
向笠 千恵子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
食べものの俳句はおいしさとともに、食べる人の“こころ”までも詠み込んでいる。日本の食の現場をきわめ尽くしたフードジャーナリストが、俳句の先人や俳句仲間の句を通じて「食の俳句」の魅力を解説。「食べる俳句」の続編。

芭蕉(中公文庫 た91-2)


芭蕉(中公文庫 た91-2)
高浜 虚子
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近代俳句の巨匠・高浜虚子が近世の巨人・松尾芭蕉の著作を論じる。芭蕉の句を談林風の句、主観句、客観句に分け、時間軸に沿った作風の変化を分析。芭蕉を通して自身の俳句観を語る。さらに芭蕉と門人の俳句を評釈する。

マンガでおぼえる俳句・短歌(これでカンペキ!)


マンガでおぼえる俳句・短歌(これでカンペキ!)
齋藤 孝
これでカンペキ!

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
小学生にぜひ知ってもらいたい俳句80句、短歌42首を取り上げ、意味や季語、作者などを一コママンガとともにわかりやすく解説します。復習として使える「おさらいテスト」も掲載。

基礎からわかるはじめての俳句上達のポイント 新版(コツがわかる本)


基礎からわかるはじめての俳句上達のポイント 新版(コツがわかる本)
上野 貴子
コツがわかる本

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
俳句の歴史と基本的なルール、俳句の用語とその使いかたを、例句とともに紹介。さらに、俳句の組み立てかたをわかりやすく解説し、豊富な添削の具体例をあげて、TPOに合わせた作句のポイントを説明します。

小津安二郎の俳句


小津安二郎の俳句
松岡 ひでたか

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
稀代の名監督・小津安二郎は、味わい深い俳句を多く残した。確認できる生涯二百二十余句すべてを掲載し、その映画人生との関連も含めて味わう、小津俳句鑑賞本。

誰でもわかる名歌と名句(誰でもわかる古典の世界 4)


誰でもわかる名歌と名句(誰でもわかる古典の世界 4)
武馬 久仁裕
誰でもわかる古典の世界

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古今の名歌21首と名句47句を厳選。それぞれに、鑑賞の助けとなるキーワード、意訳を交えた分かりやすい訳、和歌(短歌)や俳句を読む際の見どころと表現のあり方の面白さ、作者の出身地・主な業績・生没年などを掲載する。

夏井いつきの日々是「肯」日


夏井いつきの日々是「肯」日
夏井 いつき

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
俳句は、ありのままに過ごすよき日々を、さらに素晴らしい「肯」日に変えていく。TV「プレバト!!」で人気の、夏井いつきの俳句とエッセイ、写真がコラボした、オールカラーの美しい一冊。

読む力(角川俳句コレクション)


読む力(角川俳句コレクション)
井上 弘美
角川俳句コレクション

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
読む力とは、俳句の持つ光を発掘し、その光を孵化させること。俳人・井上弘美が、俳句固有の表現方法や韻文としての俳句の鑑賞方法について、現代の作品に即して考察する。『俳句』連載に書き下ろしを加えて単行本化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ