さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

児童・青少年

実像-広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実


実像-広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実
秋山 千佳

予約数: 14
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
約40年にわたり、非行少年や生きづらさを抱える人たちに無償で手料理を提供し、支援し続けてきた「ばっちゃん」。綿密な取材によりその原点と秘してきた「情と業」に迫り、偶像を求め、作り、弄ぶ時代を撃つ渾身のレポート。

リスタ-不登校・中退をスタートラインにするスクールガイド


リスタ-不登校・中退をスタートラインにするスクールガイド

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
不登校・中退生の進路選択に役立つスクールガイド。通信制高校、技能連携校、フリースクール、児童心理治療施設など約600校を都道府県別に紹介。学費、生徒数、スクール特有の事項、アピールポイント等の情報を掲載する。

若者保守化のリアル-「普通がいい」というラディカルな夢


若者保守化のリアル-「普通がいい」というラディカルな夢
中西 新太郎

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ラディカルな保守志向が現実政治に対する批判へと転回する契機はどこにあるのか? 若者をかつてない“安定志向”に向かわせる「生きづらさ」の実相に迫り、壊れゆく日本社会を生き延びる若者たちの変化を伝える。

不登校に向き合うアドラー心理学-どうすれば子どもと親に勇気を与えられるのか


不登校に向き合うアドラー心理学-どうすれば子どもと親に勇気を与えられるのか
深沢 孝之

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アドラー心理学は、不登校に苦しむ子どもや親をどう支援することができるのか? 不登校児が抱える諸問題を、アドラー心理学の「勇気づけ」によって解決する方法を提示する。

凍りついた瞳(め)2020-虐待死をゼロにするための6つの考察と3つの物語


凍りついた瞳(め)2020-虐待死をゼロにするための6つの考察と3つの物語
椎名 篤子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
虐待死はなぜ起こるのか。どうすれば虐待死を防ぐことができるのか。虐待死をまぬがれた子どもたちを支えるために何ができるのか-。最新の取材に基づいた物語と、日々奮闘する専門家たちからの提言を紹介する。

児童虐待の社会福祉学-なぜ児童相談所が親子を引き離すのか


児童虐待の社会福祉学-なぜ児童相談所が親子を引き離すのか
篠原 拓也

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
児童虐待が疑われるケースで、しばしば対立する親と児童相談所。両者が疲弊する対立は、児童の最善の利益の観点からも問題である。そのような状況をもたらす仕組みを社会福祉学の立場から考察する。現場専門職との対談も収録。

壊されゆく子どもたち-夜回り先生の青少年問題論


壊されゆく子どもたち-夜回り先生の青少年問題論
水谷 修

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いじめ、虐待、ひきこもり、自傷行為、ドラッグ乱用、自死…。日本で広がる青少年の様々な問題行動。その歴史、背景、現状を明らかにし、青少年の心の問題の解決法をさぐる。

「勉強しなさい!」エスカレートすれば教育虐待-中学受験させる親必読!(日経DUALの本)


「勉強しなさい!」エスカレートすれば教育虐待-中学受験させる親必読!(日経DUALの本)
日経DUAL
日経DUALの本

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
よかれと思っての言動が子どもを追い詰めている可能性も…。教育虐待について解説し、教育虐待を防ぐために親が心掛けるべきこと、中学受験のプロや医師が伝えたいことなどを紹介する。『日経DUAL』連載や特集を加筆修正。

ありのままを受け止めて-自分の子供が壊れる前に読む本


ありのままを受け止めて-自分の子供が壊れる前に読む本
杉山 裕太郎

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「愛=共感」こそが悲劇を救う! 薬物乱用、児童虐待、ひきこもり、いじめ、ネット犯罪…。いつ、どんな事件に巻き込まれるかわからない時代。著者が自らの薬物依存から立ち直った経験から、親子の絆の大切さを説く。

被害と加害をとらえなおす-虐待について語るということ


被害と加害をとらえなおす-虐待について語るということ
信田 さよ子 シャナ・キャンベル 上岡 陽江

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
暴力を語ること、みずからの経験を名づけることから始まる静かな希望の物語。女性をめぐる暴力について、その当事者とカウンセラーの対談も収録する。虐待をめぐる状況の変化について語った2019年の対談も収録する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ