さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

共産主義・マルクス主義

資本論 4 新版 第一巻第四分冊


資本論 4 新版 第一巻第四分冊
カール・マルクス 日本共産党中央委員会社会科学研究所

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
マルクス自身の研究の発展史を余すところなく反映し、エンゲルス版の編集上の問題点も克服した新版。第1巻第4分冊は、第1部第7篇「資本の蓄積過程」を収録する。

新訳哲学の貧困


新訳哲学の貧困
カール・マルクス 的場 昭弘

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
地球環境の悪化、貧富の格差、働くことの意味…。資本主義を超えるヒントが詰まった、マルクスの著作「哲学の貧困」の翻訳。プルードンの批判コメント、2人の往復書簡等の関連文献も収録し、新しいマルクスの読みを提示する。

なるほどマル経-時の流れを読む経済学


なるほどマル経-時の流れを読む経済学
鳥居 伸好

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「資本論」の研究に携わってきた著者が、マルクス経済学の基礎概念と理論の核心部分を、70の設問形式でわかりやすく説き・解き明かす。「資本論」の読み方についても言及。

武器としての「資本論」


武器としての「資本論」
白井 聡

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ格差社会が生まれるのか。なぜ自己啓発書を何冊読んでも救われないのか。なぜ上司がイヤな態度をとるのか。今の時代を考える上で特に役に立つと考えられる概念を取り上げ、「資本論」の魅力を伝えるまったく新しい入門書。

マルクス入門講義


マルクス入門講義
仲正 昌樹

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
格差、宗教、ヘイト、民主主義、デモ…。マルクスの哲学上の重要なテクストを選び、丁寧に熟読する。現代思想における「マルクス」を知るための読書案内、関連年表も収録。読書人スタジオで行われた全7回の連続講義を書籍化。

ドイツ史・マルクス・第三世界-望月清司論文選


ドイツ史・マルクス・第三世界-望月清司論文選
望月 清司 村上 俊介

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
経済学博士・望月清司のドイツ農制史・マルクス研究・第三世界論の論文選。「グーツヘルシャフト成立前期と騎士団国家の市場構造」「本原的蓄積論の視野と視軸」など全15本を収録。2010年の著者インタビューも掲載。

ヘーゲル弁証法とレーニンの哲学的両義性-西欧マルクス主義への可能性の探求


ヘーゲル弁証法とレーニンの哲学的両義性-西欧マルクス主義への可能性の探求
ケヴィン・アンダーソン 小原 耕一 竹下 睿騏 高屋 正一

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
レーニンの「1914-15年ヘーゲル・ノート」を調べ、弁証法に関するレーニンの1914年以後の著作から判断し、レーニンはヘーゲル的マルクス主義者ないしは“西欧”マルクス主義者に近い立場に立っていることを論じる。

資本論 3 新版 第一巻第三分冊


資本論 3 新版 第一巻第三分冊
カール・マルクス 日本共産党中央委員会社会科学研究所

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
マルクス自身の研究の発展史を余すところなく反映し、エンゲルス版の編集上の問題点も克服した新版。第1巻第3分冊は、第1部第4篇「相対的剰余価値の生産」から第6篇「労賃」までを収録する。

追想にあらず-1969年からのメッセージ


追想にあらず-1969年からのメッセージ
三浦 俊一 酒井 隆史 小西 隆裕 若林 盛亮 赤木 志郎 魚本 公博 森 順子 重信 房子 足立 正生 大越 輝雄 足立 鐘平 高原 浩之 八木 健彦 物江 克男 成島 忠夫 西浦 隆男 榎原 均 田中 正治 佐藤 秋雄 新開 純也 太田 昌国

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
半世紀前の「闘争の時代」。その前線にいた者たちが、今こそ未来へ向けて伝えたい、史実と魂の記録-。小西隆裕、若林盛亮、赤木志郎、魚本公博、重信房子…。元赤軍派およびその周辺の人々の手記を収録。用語解説付き。

なぜ彼らは北朝鮮の「チュチェ思想」に従うのか


なぜ彼らは北朝鮮の「チュチェ思想」に従うのか
篠原 常一郎 岩田 温

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
マルクス・レーニン主義を基に金日成が確立した独自の国家理念で、拉致問題にも影響を与えた「チュチェ(主体)思想」。北朝鮮を支配するための思想に、なぜ日本人がハマるのか。客観的な視点から、チュチェ思想を解説する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ