さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

内田樹

武道論-これからの心身の構え


武道論-これからの心身の構え
内田 樹


予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「敵」と呼ばれるものが存在しないという広々とした穏やかな境地に至ることが、武道修業の目的である-。武道の教えを解きほぐしながら、危機の時代に人はどう生きるべきか、社会システムはどうあるべきかを縦横無尽に論じる。

街場の芸術論


街場の芸術論
内田 樹


予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ人間には、社会には、「芸術」が必要なのか。表現の自由や言論の自由について考察し、三島由紀夫、宮崎駿、大瀧詠一などのアーティストとその作品を、ウチダ的視点で読み解く。劇作家・演出家、平田オリザとの対談も収録。

学問の自由が危ない-日本学術会議問題の深層


学問の自由が危ない-日本学術会議問題の深層
佐藤 学 上野 千鶴子 内田 樹 長谷部 恭男 杉田 敦 高山 佳奈子 木村 草太 後藤 弘子 池内 了 三島 憲一 永田 和宏 鷲谷 いづみ 津田 大介


予約数: 5
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
菅首相による日本学術会議会員への任命拒否問題。その背景に何があるか、学術会議はなぜ必要か、学問の自由の重要性とは何か。学術関係者が学問の自由と民主主義をめぐり編んだ白熱の論考集。任命拒否6人のメッセージも収録。

この1冊、ここまで読むか!-超深掘り読書のススメ


この1冊、ここまで読むか!-超深掘り読書のススメ
鹿島 茂 楠木 建 成毛 眞 出口 治明 内田 樹 磯田 道史 高橋 源一郎

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
鹿島茂、楠木建、成毛眞、出口治明、内田樹、磯田道史、高橋源一郎。知の巨人たちが選んだ“今読むべき”ノンフィクションを深掘りした対談集。書評閲覧サイト『ALL REVIEWS』の会員限定企画を書籍化。

日本戦後史論(朝日文庫 う15-5)


日本戦後史論(朝日文庫 う15-5)
内田 樹 白井 聡
朝日文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
永続敗戦レジーム、天皇制と親米…。日本人にとって戦後とは何なのか。いま起きている問題の根底にあるものは何か。思想家と気鋭の論客が、戦後日本の実情と未来を語りつくす。安倍首相退陣など新規対談を追加して文庫化。

街場の天皇論(文春文庫 う19-25)


街場の天皇論(文春文庫 う19-25)
内田 樹
文春文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天皇とは、世俗権力なのか、それとも道徳の中心なのか? 現上皇陛下の「おことば」を手がかりに、これからの天皇制のあり方、天皇制と立憲民主制の共生について考えるウチダ流天皇論。

コモンの再生


コモンの再生
内田 樹

予約数: 16
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
コモン(共有地)の再生が日本の活路を開く! 天下りのマッチポンプからモリカケ問題、「幼児的」なオヤジ、アンチ・グローバリズムまで、さまざまな問題の本質をえぐる。『GQ JAPAN』連載を単行本化。

ポストコロナ期を生きるきみたちへ(犀の教室 Liberal Arts Lab)


ポストコロナ期を生きるきみたちへ(犀の教室 Liberal Arts Lab)
内田 樹 斎藤 幸平 青木 真兵 えらいてんちょう 後藤 正文 白井 聡 岩田 健太郎 雨宮 処凛 増田 聡 平田 オリザ 想田 和弘 兪 炳匡 山崎 雅弘 三砂 ちづる 仲野 徹 中田 考 釈 徹宗 池田 清彦 平川 克美 鷲田 清一
犀の教室

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
コロナ・パンデミックによって世界は変わった。この「歴史的転換点」以後の世界を生きる中高生たちに向けて、5つの世代、20名の識者が「生き延びるための知恵」の数々を伝える。

日本習合論


日本習合論
内田 樹

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
外来のものと土着のものが共生するとき、私たちの創造性はもっとも発揮される-。「習合」という概念を手がかりにして、共同体から民主主義、農業、宗教、働き方まで日本文化の諸相を論じ、その問題点と可能性を看破する。

新型コロナ19氏の意見-われわれはどこにいて、どこへ向かうのか(農文協ブックレット 21)


新型コロナ19氏の意見-われわれはどこにいて、どこへ向かうのか(農文協ブックレット 21)
農山漁村文化協会 内山 節 高田 礼人 山本 太郎 山田 真 内田 樹 藤井 聡 雨宮 処凛 磯野 真穂 魚柄 仁之助 丸橋 賢 宮崎 稔 関野 吉晴 高野 秀行 那須田 淳 羽生 のり子 猪瀬 浩平 森永 卓郎 古沢 広祐 山下 惣一
農文協ブックレット

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ウイルスと人間の関係、日本の対応、日常の食生活と教育、パンデミック後の社会…。研究者、ジャーナリスト、医師、農家など19名が、新型コロナとそれがもたらした社会現象について論じる。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ