さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

別冊太陽

宮西達也の世界(別冊太陽)


宮西達也の世界(別冊太陽)
別冊太陽

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
絵本作家・宮西達也の世界を、数々の作品と彼をよく知る人々、そして宮西達也の言葉から探る。作品でおなじみのオオカミとブタをモデルに、クーピーペンシル、水彩、デジタルの3種類の描き方も紹介する。ポスター付き。

永遠なれ魯山人-この型破りな才能、後にも先にも見あたらず 北大路魯山人没後60年記念(別冊太陽 日本のこころ 275)


永遠なれ魯山人-この型破りな才能、後にも先にも見あたらず 北大路魯山人没後60年記念(別冊太陽 日本のこころ 275)
山田 和
別冊太陽 日本のこころ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
陶芸、書、絵画、篆刻、漆芸、そして料理と、幅広い芸術分野で卓抜な才能を発揮した総合芸術家・北大路魯山人。彼の作品と彼が遺した言葉を通して、その人生の軌跡を振り返る。北大路魯山人没後60年記念。

田中一村-“南の琳派”への軌跡(別冊太陽 日本のこころ 274)


田中一村-“南の琳派”への軌跡(別冊太陽 日本のこころ 274)
大矢 鞆音
別冊太陽 日本のこころ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
鮮烈な色彩と造形で、独自の絵画様式を生み出した田中一村。困苦のなか、絵を描き続けることだけを願い、画壇から離れて独り高みを目指したその生涯と画業を、3つの時代に分けて紹介する。

銀座とクリエーター。(別冊太陽)


銀座とクリエーター。(別冊太陽)
別冊太陽

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
グラフ雑誌、写真、デザイン、広告、ファッション、花街-。銀座が生み、育てたカルチャーとその情熱に、豊富なヴィジュアルで迫る。特別企画「築地ものがたり」なども収録。

レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する-没後500年(別冊太陽 日本のこころ 273)


レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する-没後500年(別冊太陽 日本のこころ 273)
池上 英洋
別冊太陽 日本のこころ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
没後500年を迎えてもなお、新しい発見と驚きをもたらす、世界でもっとも知られている画家レオナルド・ダ・ヴィンチ。その作品と生涯を、豊富なヴィジュアルで紹介する。

クリムトとシーレ -世紀末ウィーンの革命児-


クリムトとシーレ -世紀末ウィーンの革命児-
別冊太陽 日本のこころ

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

空襲で消えた「戦国」の城と財宝 -ビジュアル完全ガイド-


空襲で消えた「戦国」の城と財宝 -ビジュアル完全ガイド-
吉岡 孝
別冊太陽

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

藤田嗣治 -腕一本で世界に挑む-


藤田嗣治 -腕一本で世界に挑む-
佐藤 幸宏
別冊太陽 日本のこころ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
西洋で認められた初めての日本人画家・藤田嗣治。生涯を通し、「日本人に生まれて、どこまで世界に通用するか」を追求し続けたフジタの画業を、新発見資料やスナップ写真、絵手紙などから読み解く。

中原淳一のジュニアそれいゆ -十代のひとの美しい心と暮しを育てる-


中原淳一のジュニアそれいゆ -十代のひとの美しい心と暮しを育てる-
別冊太陽 日本のこころ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中原淳一が「十代のひとの美しい心と暮しを育てる」というねがいをこめて、昭和28年に創刊した『ジュニアそれいゆ』。当時の誌面を再構成。水野久美のエッセイ、朝丘雪路×内藤ルネ×中村メイコの座談会なども収録。

王羲之と顔真卿 -二大書聖のかがやき-


王羲之と顔真卿 -二大書聖のかがやき-
富田 淳
別冊太陽 日本のこころ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中国の歴史上、書法が最高潮に達した東晋時代と唐時代。その中でも最高位に位置した王羲之と顔真卿を取り上げ、その人物と書の深い魅力を浮き彫りにする。また、日中の交流を通して日本の書の本質にも迫る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ