さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

医学読みもの

医学部


医学部
鳥集 徹
文春新書

予約数: 8
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
もはや東大をしのぐ難関と化した医学部。高偏差値化の陰で「医師に向かない学生」が増加し、モラルとモチベーションの低下が進む。そして「医師余り時代」の到来…。権威崩壊の医学部の内実を赤裸々に描く。

「在宅ホスピス」という仕組み


「在宅ホスピス」という仕組み
山崎 章郎
新潮選書

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自宅で最期を迎えることが当たり前になる時、本人と家族は前もって何を知っておくべきか。ホスピスケアの第一人者である医師が、慣れ親しんだ場所で尊厳ある死を迎えるための考え方や取り組みを紹介する。

描かれた歯痛 -白と黒、および神経からなる歯科医療挿画-


描かれた歯痛 -白と黒、および神経からなる歯科医療挿画-
リチャード・バーネット 中里 京子 北川 玲

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
激痛をともなう「歯抜き屋」の稚拙な治療から、今日の無痛治療・美容歯科学へといたる歯科治療の進化。恐ろしくも惹きつけられてしまう手法や道具…。神経を逆撫でする医療画を集成。驚愕の医学博物誌シリーズ、完結。

インドの代理母たち


インドの代理母たち
ギーター・アラヴァムダン 鳥居 千代香

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
代理母になったインドの女性たちの心情、彼女たちの喜びや悲しみ、生まれた赤ちゃんへの愛情、夫や子どもとの関係、「代理母の家」での生活、依頼者たちとの関わりなどを描く。

脳のしくみ -脳研究の最前線とアルツハイマー病-


脳のしくみ -脳研究の最前線とアルツハイマー病-

ニュートンムック

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
脳の基本単位である神経細胞「ニューロン」や、脳における信号伝達のしくみなどを解説しつつ、脳研究の今を紹介。さらに天才の脳、アルツハイマー病研究最前線、日常生活における脳科学にも迫る。

日本人の遺伝子 -ヒトゲノム計画からエピジェネティクスまで-


日本人の遺伝子 -ヒトゲノム計画からエピジェネティクスまで-

一石 英一郎
角川新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
日本人の遺伝子は、中国人とも韓国人とも違い、古代ユダヤ人に近い。日本人は太りやすい遺伝子を持っている。浮気性は遺伝子のせい…。最先端医療に携わる医師が、最新の遺伝子事情を語る。

人体の限界 -人はどこまで耐えられるのか 人の能力はどこまで伸ばせるのか-


人体の限界 -人はどこまで耐えられるのか 人の能力はどこまで伸ばせるのか-

山崎 昌廣
サイエンス・アイ新書 科学

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
人間の骨はどのくらいの力まで耐えられるのか。どの程度まで睡眠不足に耐えられるのか。生理学、心理学、運動学、生物学などの観点から、人体の限界を解説する。

産声のない天使たち


産声のない天使たち

深澤 友紀

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
50人に1人が死産と知っていますか? 産声のない出産のために耐えた陣痛。未滅菌トレーに載せられた我が子…。知られざる「赤ちゃんの死」を取材したルポルタージュ。『AERA』掲載記事をもとに大幅に加筆して単行本化。

<死>の臨床学 -超高齢社会における「生と死」-


<死>の臨床学 -超高齢社会における「生と死」-

村上 陽一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
「なかなか死ねない時代」に、人はいかに死ねばよいか。安楽死(尊厳死)、緩和医療、終末期鎮静、臓器移植、介護などの問題を根底から問い直し、「死」というタブーに、科学論・安全学の泰斗が正面から挑む。

私はすでに死んでいる -ゆがんだ<自己>を生みだす脳-


私はすでに死んでいる -ゆがんだ<自己>を生みだす脳-

アニル・アナンサスワーミー 藤井 留美

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
あっけなく崩壊する自己とは何なのか。コタール症候群、認知症、離人症…。当事者や研究者へのインタビューをはじめドッペルゲンガー実験や違法手術の現場も取材し、不思議な病の実相と自己意識の謎に神経科学の視点から迫る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ