さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

医学読みもの

破壊の医療vs創造の医療-新しいモデルへの移行


破壊の医療vs創造の医療-新しいモデルへの移行
内海 聡 木村 一相

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
病気にさせて、しかも生かし続ける<破壊の医療>。それに歯止めをかける最先端の<創造の医療>を大公開! 新しい医療の姿を、内海聡が医科側から、木村一相が歯科側から語った、2018年7月のセミナーを元に編集。

心にしみる皮膚の話-「この中にお医者さんいますか?」に皮膚科医が…


心にしみる皮膚の話-「この中にお医者さんいますか?」に皮膚科医が…
大塚 篤司

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
皮膚科医の著者が、医者になってはじめてわかった医療の疑問や矛盾に対する個人としての意見や、診察室での出来事を紹介。専門分野についての役立つ知識も解説する。『AERA dot.』連載をまとめて書籍化。

命についての本当の話


命についての本当の話
平元 周

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本人はいつの間にか命の尊さを忘れてしまっているのではないか。自然に任せて人間らしい死を迎えることこそ、命の尊さを尊重することになるのではないか。「命」を中心とした医療のあるべき姿を考える。

悪の巨星墜つD・ロックフェラー-医学、医療は変わるか


悪の巨星墜つD・ロックフェラー-医学、医療は変わるか
船瀬 俊介 高村 剛

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
フリーメイソンは近現代史のなかで何を行ってきたかを概説するとともに、ロックフェラーによる医学・医療の完全支配体制について紹介。現代医療の腐敗にも言及する。

人体、なんでそうなった?-余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳


人体、なんでそうなった?-余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳
ネイサン・レンツ 久保 美代子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人類が進化の最高傑作ならば、なぜしょっちゅう風邪を引くのか? なぜ手首に無駄な骨が多くあるのか? 人体の構造や機能の「欠点・欠陥」に焦点をあて、なぜそうなったのかを進化の歴史を紐解きながら語る。

夜しか開かない精神科診療所


夜しか開かない精神科診療所
片上 徹也

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
夜に活動するフクロウ(OWL)にちなみ「アウルクリニック」と名づけられた精神科診療所。会社員からシングルマザー、風俗嬢、LGBTまで、心の病を抱える人たちの苦しみを受け止める、若き精神科医の思いと患者との記録。

脳を傷つけない子育て-マンガですっきりわかる


脳を傷つけない子育て-マンガですっきりわかる
友田 明美

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
脳を傷つけるマルトリートメントのことをわかりやすく伝えるとともに、幼児期から学童期、思春期までの子どもの困った行動の解決策を具体的に提案。子どもの脳を傷つけない育て方のヒントを紹介する。

中井久夫集 11 患者と医師と薬とのヒポクラテス的出会い-2009-2012-


中井久夫集 11 患者と医師と薬とのヒポクラテス的出会い-2009-2012-
中井 久夫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
透徹した理性と柔軟な感性、研ぎ澄まされたアンテナ感覚で人と時代を捉えてきた精神科医・中井久夫。その半世紀におよぶ思考と実践の道筋を追う。11は、「統合失調症の有為転変」など全37編を収録。最終巻。

実は危ない!その育児が子どもの脳を変形させる-ほめ育てで脳は伸びる


実は危ない!その育児が子どもの脳を変形させる-ほめ育てで脳は伸びる
友田 明美

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「マルトリートメント」=「不適切な養育」は子どもの脳を物理的に変形させる。子どもたちのこころと脳の発達を見つめ続けてきた小児科医が、マルトリートメントの事例と、子どもの脳を伸ばす「ほめ育て」のノウハウを解説。

僕は偽薬を売ることにした


僕は偽薬を売ることにした
水口 直樹

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
偽薬は効く。なぜだろうと考えたとき、科学に依拠する現代医療の限界、現代人が不健康になる思考パターンに気づいた-。偽薬を売る会社の創業者が、会社の理念と取り組みをまとめ、偽薬をとおして現代医療の問題点を語る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ