さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

原子力

原発事故と小さな命-福島浜通りの犬・猫救済活動


原発事故と小さな命-福島浜通りの犬・猫救済活動
吉田 美惠子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
南相馬市で東日本大震災・東電福島第一原発事故に遭遇した著者が、福島浜通りの犬・猫救済活動の実践を記録するとともに、なぜ福島に10基もの原発が作られ、悲劇を引き起こしたかを歴史的に書き記す。

死の淵を見た男-吉田昌郎と福島第一原発(角川文庫 か63-7)


死の淵を見た男-吉田昌郎と福島第一原発(角川文庫 か63-7)
門田 隆将
角川文庫

予約数: 39
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
福島第一原発事故の、考えられうる最悪の事態の中で、現場はどう動き、どう闘ったのか。福島第一原発所長として最前線で指揮を執った吉田昌郎のもと、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶に闘った人々の物語。

脱原子力明るい未来のエネルギー-ドイツ脱原発倫理委員会メンバー ミランダ・シュラーズさんと考える「日本の進むべき道筋」


脱原子力明るい未来のエネルギー-ドイツ脱原発倫理委員会メンバー ミランダ・シュラーズさんと考える「日本の進むべき道筋」
ミランダ・シュラーズ 折原 利男

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ドイツの脱原発を経験的に語れる研究者、教育者、市民活動家のミランダ・シュラーズ訪日イベントの全記録。2018年2月に福島市、郡山市、東京で行われた講演会、トークセッション、ディスカッションなどを収める。

不安の時代の抵抗論-災厄後の社会を生きる想像力


不安の時代の抵抗論-災厄後の社会を生きる想像力
田村 あずみ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
大震災、原発事故、そして感染症-日常に突然生じた亀裂が私たちの生の脆さを暴くとき、希望を語りなおすことはできるのか? 3・11後の反原発運動の現場から、今、私たちに本当に必要な“手の届く希望”を探る。

図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集-2011年のあの時・いま・未来を知る 増補版


図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集-2011年のあの時・いま・未来を知る 増補版
みんなのデータサイトマップ集編集チーム

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東日本大震災による福島原発事故後、日本各地で立ち上がった「市民放射能測定室」のネットワーク「みんなのデータサイト」による放射能測定結果をまとめて地図化し、解説する。新たに現れた問題や課題を取り上げた増補版。

震災と行方不明-曖昧な喪失と受容の物語


震災と行方不明-曖昧な喪失と受容の物語
東北学院大学震災の記録プロジェクト金菱清(ゼミナール)

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
震災で家族が行方不明になった遺族は、故郷を失った者は、どのように折り合いをつけながら、曖昧な喪失を受容しているのか。喪われたつながりを求めて、人と土地の記憶を手繰り寄せる12人の物語を収録する。

原発避難はできるか


原発避難はできるか
上岡 直見

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
国・原子力規制委員会の定めた原子力災害対策指針と、この指針に基づき策定された原発避難計画では、住民の安全な避難が不可能なことを、避難の全局面でひとつひとつ明らかにする。

図解身近にあふれる「放射線」が3時間でわかる本-思わずだれかに話したくなる


図解身近にあふれる「放射線」が3時間でわかる本-思わずだれかに話したくなる
児玉 一八

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
放射線と放射能の違いって? どうやってがんを治療する? どのくらい被ばくしたら危険なの? 今もあなたのまわりを飛んでいる「放射線」。その基礎知識を写真や図表を交えてわかりやすく解説します。用語集も収録。

ふくしま原発作業員日誌-イチエフの真実、9年間の記録


ふくしま原発作業員日誌-イチエフの真実、9年間の記録
片山 夏子

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人類史でも未曽有の原発事故から9年。高線量下で日当6500円、作業員の被ばく隠し、がん発病と訴訟…。箝口令が敷かれた作業員たちを取材し、福島第一の「現場」に迫った記録。『東京新聞』連載に加筆して書籍化。

原発の断りかた-ぼくの芦浜闘争記


原発の断りかた-ぼくの芦浜闘争記
柴原 洋一

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1963年に発表された、三重県の原子力発電所建設計画。推進か否かで地域を分断する壮絶な闘いが繰り広げられた末、2000年2月、当時の県知事が計画の白紙撤回を表明し-。反原発闘争に関わった著者が、その歴史を記す。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ