さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

原田マハ

<あの絵>のまえで-A Piece of Your Life


<あの絵>のまえで-A Piece of Your Life
原田 マハ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ゴッホ、ピカソ、セザンヌ、クリムト、東山魁夷、モネ。人生の脇道に佇む人々が<あの絵>と出会い、再び歩き出す…。アート小説の名手による極上の小説集。『小説幻冬』掲載を単行本化。

デトロイト美術館の奇跡(新潮文庫 は-63-3)


デトロイト美術館の奇跡(新潮文庫 は-63-3)
原田 マハ
新潮文庫

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
綺羅星のようなコレクションを誇る美術館が、市の財政難から存続の危機にさらされる。市民の暮らしと前時代の遺物、どちらを選ぶべきか…。アメリカで本当に起こった、ささやかで偉大な奇跡の物語。

風神雷神-Juppiter,Aeolus 上


風神雷神-Juppiter,Aeolus 上
原田 マハ

予約数: 67
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
20××年。京都国立博物館研究員の彩がマカオで目にしたものは「風神雷神」が描かれた西洋絵画と「俵屋宗達」の4文字で…。「風神雷神図屛風」を軸に繰り広げられる歴史アート小説。『京都新聞』ほか連載を加筆し書籍化。

風神雷神-Juppiter,Aeolus 下


風神雷神-Juppiter,Aeolus 下
原田 マハ

予約数: 65
予想待ち時間: 10か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
謎多き琳派の祖・俵屋宗達とバロックの巨匠・カラヴァッジョ。ふたりの魂の化身である「絵」が出会い…。「風神雷神図屛風」を軸に繰り広げられる歴史アート小説。『京都新聞』ほか連載を加筆し書籍化。

20 CONTACTS-消えない星々との短い接触


20 CONTACTS-消えない星々との短い接触
原田 マハ

予約数: 26
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2019年9月開催の展覧会「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」のために原田マハが書き下ろしたアート短編集。アート、文学、映画、マンガなど20名の巨匠たちの創作の秘密を解き明かす。

リーチ先生(集英社文庫 は44-4)


リーチ先生(集英社文庫 は44-4)
原田 マハ
集英社文庫

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
西洋と東洋の芸術を融合し、新しい陶芸の世界を切り拓いたイギリス人陶芸家バーナード・リーチ。その半生を、二代にわたり弟子となった名も無き父子の視点から描く。

原田マハの印象派物語(とんぼの本)


原田マハの印象派物語(とんぼの本)
原田 マハ
とんぼの本

予約数: 32
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
モネ、ドガ、ルノワール、ゴッホ…。貧困、世評、病と闘いながら新しい道を切り拓いていった印象派の画家たちの物語を、作品とともに紹介する。『芸術新潮』2018年6月号特集を再編集し、高橋明也との対談を追加。

美しき愚かものたちのタブロー


美しき愚かものたちのタブロー
原田 マハ

予約数: 94
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
モネ、ルノワール、ゴッホ…。日本の若者に本物を見せたい。その一心で絵画を買い漁った男がいた-。アートに魅せられ、不可能を可能にした4人の男たちと、国立西洋美術館の礎“松方コレクション”の軌跡を描く。

ロマンシエ


ロマンシエ
原田 マハ
小学館文庫

予約数: 21
予想待ち時間: 10か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
美智之輔は、恋愛対象が同性の男子。日本の美大を卒業後、一路パリへ。アルバイト先で人気小説家の羽生光晴と出会い、彼女が滞在しているというリトグラフ工房に連れていかれるが…。羽生光晴の掌編小説等を加えて文庫化。

パリの小さな美術館 -思わぬ出会いに心ときめく-


パリの小さな美術館 -思わぬ出会いに心ときめく-
原田 マハ 川内 倫子 都築 響一 鹿島 茂 隈 研吾 芸術新潮編集部
とんぼの本

予約数: 10
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史ある邸宅、郊外の現代アート系、古城美術館…。パリの住人たちが愛するふだん着の美術館を紹介します。原田マハ、隈研吾ら5人のパリ通たちの偏愛美術館も収録。『芸術新潮』掲載を書籍化。データ:2018年11月現在。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ