さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

原田宗典

メメント・モリ(岩波現代文庫 文芸 324)


メメント・モリ(岩波現代文庫 文芸 324)
原田 宗典
岩波現代文庫 文芸

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
長年にわたる鬱病がもたらした煩悶、終わりのみえないスランプ、不倫相手との訴訟沙汰、家庭崩壊、自殺未遂、そして違法薬物使用による逮捕…。死の淵より舞い戻り、火宅の人たる自身の半生を小説的真実として描く。

きみが見つける物語 -十代のための新名作-オトナの話編


きみが見つける物語 -十代のための新名作-オトナの話編
大崎 善生 奥田 英朗 原田 宗典 森 絵都 山本 文緒 角川文庫編集部
角川文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

吾輩は童貞(まだ)である -童貞について作家の語ること-


吾輩は童貞(まだ)である -童貞について作家の語ること-
キノブックス編集部 筒井 康隆 平山 夢明 中島 らも 原田 宗典 武者小路 実篤 谷川 俊太郎 森 鷗外 小谷野 敦 室生 犀星 中谷 孝雄 結城 昌治 開高 健 車谷 長吉 穂村 弘 寺井 龍哉 しんくわ みうら じゅん 横尾 忠則 澁澤 龍彦 三島 由紀夫 川端 康成 バカリズムのオールナイトニッポンGOLD

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「童貞」とは、経験していると主張する時期のこと-。筒井康隆、平山夢明、中島らも、武者小路実篤、谷川俊太郎…。耐え難きを耐え、忍び難きを忍んだ“あの時代”を描いた名随筆・私小説・短歌を集成。

やや黄色い熱をおびた旅人


やや黄色い熱をおびた旅人
原田 宗典

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
黄熱病に罹患しかねない地の果ての紛争地帯で目にしたものは、なんだったのか-。前世紀の終わり、平和な世界の到来を祈って旅をしていた著者が、いま一度、平和の意味を問い直す。岩波書店HP連載を単行本化。

〆太よ


〆太よ
原田 宗典

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
まともなつもりで正気をなくした20世紀末の日本で人間のクズを自認するおれと、桁はずれに純粋な盲目の青年〆太は本物の友情で結ばれる。そして〆太とおれはある邪悪な陰謀に挑むことに…。『新潮』掲載を書籍化。

冒険の森へ -傑作小説大全-15


冒険の森へ -傑作小説大全-15
夏目 漱石 川端 康成 生島 治郎 原田 宗典 三島 由紀夫 小川 未明 蘭 郁二郎 中島 らも 田中 光二 笹沢 左保 北 杜夫 熊谷 達也 椎名 誠 景山 民夫

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ジャンルを越え、小説の面白さを追求するアンソロジー。15は、椎名誠「水域」、景山民夫「遠い海から来たCOO」の長編2編、ショートストーリー5編、短編7編を収録する。高野秀行の解説、池上冬樹の解題も掲載。

冒険の森へ -傑作小説大全-13


冒険の森へ -傑作小説大全-13
芥川 龍之介 田中 光二 原田 宗典 阿刀田 高 本渡 章 水谷 準 戸川 幸夫 野坂 昭如 豊田 穣 筒井 康隆 城山 三郎 新田 次郎 椎名 誠 清水 義範 稲見 一良 東野 圭吾 佐々木 譲

予約数: 7
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ジャンルを越え、小説の面白さを追求するアンソロジー。13は、長編・佐々木譲「ベルリン飛行指令」、ショートストーリー5編、短編11編を収録する。逢坂剛の解説、吉野仁の解題も掲載。

冒険の森へ -傑作小説大全-14


冒険の森へ -傑作小説大全-14
大坪 砂男 景山 民夫 原田 宗典 夢枕 獏 新宮 正春 椎名 誠 北方 謙三 船戸 与一 中島 らも 今野 敏

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 6
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ジャンルを越え、小説の面白さを追求するアンソロジー。14は、夢枕獏「餓狼伝Ⅰ」、今野敏「惣角流浪」など長編3編、ショートストーリー4編、短編4編を収録する。北方謙三の解説、吉田伸子の解題も掲載。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ