さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

司法・裁判

行為依存と刑事弁護-性依存・窃盗症などの弁護活動と治療プログラム


行為依存と刑事弁護-性依存・窃盗症などの弁護活動と治療プログラム
神林 美樹 斉藤 章佳 菅原 直美 中原 潤一 林 大悟 丸山 泰弘


予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
行為依存の中でも、特に刑事事件となることの多い、性依存と窃盗症に焦点を当て、弁護人による初動対応から具体的な法廷弁護までの留意点を解説する。高齢者の万引き、摂食障害と万引きの症例も取り上げる。

檻の中の裁判官-なぜ正義を全うできないのか(角川新書 K-349)


檻の中の裁判官-なぜ正義を全うできないのか(角川新書 K-349)
瀬木 比呂志
角川新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
国家に“人事と金”を握られ良心を捻じ曲げられた「囚人」たちが冤罪を生み出す! 元判事の著者が、日本の裁判官をめぐる疑問、課題、問題点など閉ざされ歪んだ司法の世界にメスを入れ、改善への道を示す。

司法はこれでいいのか。-裁判官任官拒否・修習生罷免から50年


司法はこれでいいのか。-裁判官任官拒否・修習生罷免から50年


予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1971年の司法修習終了式で起こった阪口徳雄氏の修習生罷免。裁判官任官拒否、修習生罷免を体験したことは法律家たちに厳しい試練の時を刻んだ。苦難を乗り越え、法曹資格を回復し、人々の希望を開いた群像の記録。

死刑囚200人最後の言葉(宝島SUGOI文庫 Aへ-1-213)


死刑囚200人最後の言葉(宝島SUGOI文庫 Aへ-1-213)
宝島SUGOI文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
命を殺めた人間が、自らの命をもって罪を償うとき、彼らはどのような態度を見せるのか。戦後、死刑が確定した44名の死刑囚たちの半生と、死刑執行をめぐるドラマを総括する。「死刑」の基礎知識、コラムなども収録。

女性と戦後司法-裁判官、女性がおわかりですか?


女性と戦後司法-裁判官、女性がおわかりですか?
中村 久瑠美


予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
女性弁護士として45年の経験を持つ著者が「女性と司法」をテーマに、戦後司法を女性の立場からまとめた書。戦後60年間を前期・後期に分けて語ると共に、司法改革後の司法界を詳述。男社会を生きてきた自身についても綴る。

お気の毒な弁護士-最高裁判所でも貫いたマチ弁のスキルとマインド


お気の毒な弁護士-最高裁判所でも貫いたマチ弁のスキルとマインド
山浦 善樹 山田 隆司 嘉多山 宗


予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
マチ弁から最高裁判事、そして再びマチ弁へ-。ひたすら前へ出る姿勢で民事裁判実務を突き詰め、裁判官とのコミュニケーションのなかで勉強を続ける著者が、弁護士の面白さやプロフェッションとしての技術と心を真摯に語る。

ひとりぼっちが怖かった-きょうも傍聴席にいます


ひとりぼっちが怖かった-きょうも傍聴席にいます


予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「子どもが私にとっていちばん大事」と法廷で語った女が、なぜ我が子を殺害したのか…。記者が見つめた法廷の人間ドラマ30編。『朝日新聞デジタル』連載「きょうも傍聴席にいます」を単行本化。

すぐに役立つ債権回収から継続取引、遺言、信託まで改正対応公正証書のしくみと実践書式集


すぐに役立つ債権回収から継続取引、遺言、信託まで改正対応公正証書のしくみと実践書式集
森 公任 森元 みのり


予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
金銭貸借から担保権設定、遺言、財産管理、信託まで活用自在! さまざまなケースで使える書式サンプルを多数掲載するほか、公証役場での作成手続き、強制執行などについて、知識のない人でもわかるように解説する。

刑事訴訟法講義 第5版


刑事訴訟法講義 第5版
安冨 潔

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
刑事訴訟法の理念と構造が理解できる基本テキスト。予備試験・司法試験等に最適。全施行された平成28年刑訴法改正はもちろん、その他の法令改正、最新判例に対応した第5版。

東電刑事裁判福島原発事故の責任を誰がとるのか


東電刑事裁判福島原発事故の責任を誰がとるのか
海渡 雄一

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東電元役員3名を被告人とする東電刑事裁判。被害者代理人弁護士としてすべての裁判をつぶさに把握する著者が、被告3名の公判内容、指定弁護士の論告、判決文、避難者の訴えなどを改めて検証する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ