さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

吉見俊哉

大学は何処へ-未来への設計(岩波新書 新赤版 1874)


大学は何処へ-未来への設計(岩波新書 新赤版 1874)
吉見 俊哉
岩波新書 新赤版

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
不可避の人口減、襲いかかるオンライン化の奔流、疲弊する教員、逼迫する資金…。大学の本質を追究してきた著者が、苦悩と不条理の根本原因に迫り、ポスト・コロナ時代の大学像を大胆に構想する。「大学とは何か」の姉妹編。

大学という理念-絶望のその先へ


大学という理念-絶望のその先へ
吉見 俊哉

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ、大学が問題なのか。「人文社会系は役に立たない」は本当か。大学院教育の未来形はどこにあるのか-。危機の中で思考する渾身の大学論。2010〜2019年に、様々な媒体で発表した論考を書籍化。

東京裏返し-社会学的街歩きガイド(集英社新書 1033)


東京裏返し-社会学的街歩きガイド(集英社新書 1033)
吉見 俊哉
集英社新書

予約数: 16
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
上野、秋葉原、本郷、谷中…。今の東京から、過去の時間の豊かな痕跡を掘り返す。都心北部を7日間で巡る、知的興奮にあふれた旅。詳細地図つき。『すばる』連載を大幅に加筆修正。

五輪と戦後-上演としての東京オリンピック


五輪と戦後-上演としての東京オリンピック
吉見 俊哉

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本にとって五輪とはいったい何なのか? ポスト戦争の時代に整えられた東京オリンピックの舞台。聖火リレーという演出、国民的英雄を生んだ競技という上演、そして再演…。五輪というドラマを活写し、戦後日本の呪縛を解く。

知的創造の条件-AI的思考を超えるヒント(筑摩選書 0190)


知的創造の条件-AI的思考を超えるヒント(筑摩選書 0190)
吉見 俊哉
筑摩選書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
AIによる知的労働の代替など、ディストピア状況が到来する可能性が高まるなか、知的創造をいかにして奪還するか。自分でできる知的創造の方法から、それを支える社会的な仕組みまでを論じ尽くす。

大学はもう死んでいる?-トップユニバーシティーからの問題提起(集英社新書 1006)


大学はもう死んでいる?-トップユニバーシティーからの問題提起(集英社新書 1006)
苅谷 剛彦 吉見 俊哉
集英社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ大学改革は失敗するのか? オックスフォード大学教授・苅谷剛彦と東京大学大学院教授・吉見俊哉が、それぞれの大学を比較し、日本のトップレベルの大学が抜け出せずにいる問題の根幹を、対論を通じて浮かび上がらせる。

平成時代(岩波新書 新赤版 1777)


平成時代(岩波新書 新赤版 1777)
吉見 俊哉
岩波新書 新赤版

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
平成の30年は「壮大な失敗」、今後も続く「失われる半世紀」への序曲であった…。経済、政治、社会、文化でこの30年間、何がおきたのか。社会学者が「ポスト戦後社会」の先に待っていた空虚な現実を総括する。

建築家ヴォーリズの「夢」 -戦後民主主義・大学・キャンパス-


建築家ヴォーリズの「夢」 -戦後民主主義・大学・キャンパス-
高澤 紀恵 山崎 鯛介 山形 政昭 村上 陽一郎 吉見 俊哉 田仲 康博 M.ウィリアム・スティール 岸 佑 立川 明 樺島 榮一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦後日本の「民主主義化」の展開の中で、ヴォーリズはどのように学問の空間をつくりあげようとしたのか。ひとりの建築家と大学建築の歩みを軸に、戦後日本の夢と蹉跌、建築と人びとの精神、大学教育の過去と現在に迫る。

平成史講義


平成史講義
吉見 俊哉 野中 尚人 金井 利之 石水 喜夫 本田 由紀 音 好宏 北田 暁大 新倉 貴仁 佐道 明広
ちくま新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和の時代にはうまく回っていたものがすべて機能不全に陥り、そこから立ち直ろうとする挑戦の失敗と挫折の繰り返しが特徴の平成の30年間。各分野の第一人者が、失敗の歴史を総括し、未来への指針を示す。

戦後史の切断面 -公害・若者たちの叛乱・大阪万博-


戦後史の切断面 -公害・若者たちの叛乱・大阪万博-
丹羽 美之 吉見 俊哉 土本 典昭 中村 秀之 角田 拓也 鳥羽 耕史 井坂 能行 北村 隆子 長崎 浩 筒井 武文 坂口 康 友田 義行 暮沢 剛巳 村山 英世
記録映画アーカイブ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1960年代末から70年代初頭にかけての激動の時代に焦点を当て、公害、若者たちの叛乱、大阪万博をテーマにした記録映画から戦後史の切断面を浮かび上がらせる。主要作品7本を収録したDVD付き。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ