さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

呉勝浩

ライオン・ブルー(角川文庫 こ52-1)


ライオン・ブルー(角川文庫 こ52-1)
呉 勝浩
角川文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
獅子追交番勤務の警官・長原が拳銃を持ったまま姿を消し、同期の耀司は真相を探ろうとする。数週間後、ヤクザの金居が銃殺され、現場に落ちていた凶器が長原の持ち去った拳銃だと判明し…。短編「蛇の作法」も収録。

喧騒の夜想曲(ノクターン)(最新ベスト・ミステリー)


喧騒の夜想曲(ノクターン)(最新ベスト・ミステリー)
日本推理作家協会 赤川 次郎 芦沢 央 天祢 涼 太田 忠司 恩田 陸 呉 勝浩 近藤 史恵 知念 実希人 長岡 弘樹 新津 きよみ 東川 篤哉 東山 彰良 深緑 野分 前川 裕 米澤 穂信
最新ベスト・ミステリー

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2016〜2018年に発表された短編作品を厳選した、ミステリーの“今”を堪能できるアンソロジー。赤川次郎、恩田陸、長岡弘樹、東川篤哉、米澤穂信など15作家の作品を収録。

スワン


スワン
呉 勝浩

予約数: 109
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ショッピングモールで起きた無差別銃撃事件。事件の渦中にいながら生き残った少女、いずみのもとに、ある日招待状が届く。生存者たちを集めた“お茶会”、その目的は? 『カドブンノベル』掲載を単行本化。

短篇ベストコレクション-現代の小説 2019(徳間文庫 に15-19)


短篇ベストコレクション-現代の小説 2019(徳間文庫 に15-19)
日本文藝家協会 青崎 有吾 朝井 リョウ 朝倉 かすみ 朝倉 宏景 小川 哲 呉 勝浩 小池 真理子 小島 環 佐藤 究 嶋津 輝 清水 杜氏彦 高橋 文樹 長岡 弘樹 帚木 蓬生 平山 夢明 藤田 宜永 皆川 博子 米澤 穂信
徳間文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2018年に発表された短篇小説のなかから、優秀作を選び抜いた珠玉のコレクション。人間たちが何を失い何をしでかしてきたのかを描き出す、朝井リョウ、小池真理子、佐藤究、皆川博子ら18人による短篇を収録。

バッドビート


バッドビート
呉 勝浩

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

1968三億円事件


1968三億円事件
日本推理作家協会 下村 敦史 呉 勝浩 池田 久輝 織守 きょうや 今野 敏
幻冬舎文庫

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1968年12月に起きた「三億円事件」。昭和を代表するこの完全犯罪事件に、人気のミステリー作家5人が挑んだ競作アンソロジー。物語は事件の真相に迫れるのか? 『小説幻冬』掲載を再構成し文庫化。

蜃気楼の犬


蜃気楼の犬
呉 勝浩
講談社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
県警本部捜査一課の番場は、歳の離れた身重の妻を愛し、日々捜査を続けるベテラン刑事。ルーキー刑事とともに難事件の捜査に取り組む中で、番場は自らの「正義」を見失い…。

雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール


雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール
呉 勝浩

予約数: 6
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
猟銃乱射事件から3年。犯人の妹・葵と被害者の雛口依子は運命的な出会いを果たす。事件の真相をルポに書くため、2人は依子の過去を辿ることに…。予測不能な抵抗と冒険の物語。巻末に「毒母vsメンヘラ娘」の袋綴じあり。

マトリョーシカ・ブラッド


マトリョーシカ・ブラッド
呉 勝浩

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
陣馬山で発見された白骨死体の傍らに、謎の薬物が入ったマトリョーシカが埋められていた。その男は5年前、神奈川県警が組織ぐるみで隠蔽した事件の関係者だった。県警に激震が走る中、八王子で第二の惨殺死体が発見され…。

ロスト


ロスト
呉 勝浩
講談社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「これは営利誘拐だ」 無断欠勤の村瀬梓が勤めるコールセンターにかかってきた犯行電話。身代金は1億円、輸送役は100人の警官。なぜ、家族ではなく、会社にかけてきたのか。警察と関係者たちは犯人に翻弄されていく…。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ