さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

国内紀行・旅行記

島々百景


島々百景
宮沢 和史

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
その音楽を産んだ土壌に、人々に会いたくて旅に出るのだ。なぜその音楽が生まれたのか。それを皮膚で知り、感じたいからなのだ-。歌手の宮沢和史が、音楽に誘われ旅した島々の記憶を綴る。『月刊ラティーナ』連載を書籍化。

パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1 まだ歩きださない


パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1 まだ歩きださない
友田 とん

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
フレンチトーストを求めて、喫茶スペースのある本屋に通ったり、神保町にあるカレー屋を探したり…。東京のガイドブックには頼らず、パリのガイドブックを読んで、東京を歩いた日々を綴る。

シニアのための島旅入門(わたしの旅ブックス 014)


シニアのための島旅入門(わたしの旅ブックス 014)
斎藤 潤
わたしの旅ブックス

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
40年以上、島を巡り歩き、日本の有人離島をほとんど踏破した島の達人によるシニア向けの島旅入門書。島の魅力にとりつかれるきっかけとなった4つの島旅のほか、行きたてホヤホヤの島旅紀行、島旅のイロハやヒントも紹介。

幻島図鑑-不思議な島の物語


幻島図鑑-不思議な島の物語
清水 浩史

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
幻のような美しき小さな島、声なき声の島、消え入りそうな島、消えた島…。日本全国7000の島々から、17の美しき幻島を厳選して紹介。幻島度、面積、アクセスなどをカラー写真と共に掲載したガイド編と紀行編の2部構成。

東京凸凹散歩-荷風にならって


東京凸凹散歩-荷風にならって
大竹 昭子

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
永井荷風の名随筆「日和下駄」に登場する東京の町をいま歩いてみる。往時を偲ばせるもの、すっかり変わってしまったもの。見慣れた風景に過去が二重写しになる-。町歩きの楽しさを深く味わう本。

初めてのひとり旅(エイムック 4390)


初めてのひとり旅(エイムック 4390)
松鳥 むう
エイムック

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ひとり旅には出会いがいっぱい! 「人と出会えるひとり旅」をテーマに、ひとり旅の心得、オススメの旅先、必需品、便利サイトなどを、マンガやイラストを交えつつ紹介します。

いきたくないのに出かけていく(SWITCH LIBRARY)


いきたくないのに出かけていく(SWITCH LIBRARY)
角田 光代
SWITCH LIBRARY

予約数: 13
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
泣きたくなるほどなつかしい。ブッダガヤ、台北、バルセロナ、香港、メキシコシティ、松島、バリ、八丈島…めくるめく旅の記憶を綴ったエッセイ集。『SWITCH』連載を書籍化。

懐かしの昭和ドライブイン


懐かしの昭和ドライブイン
越野 弘之

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いつかは消えてしまうであろう、昭和ドライブインの灯火…。地域で人気を誇る個性的な名店をはじめ、全国各地に残る昭和の雰囲気を感じるドライブイン109を紹介する。ドライブインの歴史やタイプなども解説。

スサノオと行く生と死の女神、菊理媛を巡る旅


スサノオと行く生と死の女神、菊理媛を巡る旅
荒川 祐二

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「古事記」とならぶ、もう1つの日本神話「日本書紀」にのみ、その名を記す伝説の女神、菊理媛。この女神の正体を知り、「生と死の意味を知る」という壮大なテーマの魂の旅の記録。著者ブログを書籍化。

京都怪談巡礼


京都怪談巡礼
堤 邦彦

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「生首と旅する僧」「おみつの怨霊」…。近世怪談研究の泰斗である著者が、とっておきの京都怪談を紹介。京都怪談文芸の舞台を取材した「怪談フィールドワーク」、『幻想文学』『幽』の編集長を歴任した東雅夫との対談も収録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ