さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

土器

土器のはじまり(市民の考古学 16)


土器のはじまり(市民の考古学 16)
小林 謙一 下釜 和也 遠部 慎 福田 正宏 工藤 雄一郎 坂本 稔 國木田 大 河西 学 及川 穣 建石 徹
市民の考古学

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
土器はなぜ・いつ・どのように誕生したのか。土器出現期の社会のようすをユーラシア大陸全域に及ぶ広い視点から紹介し、世界の土器文化のはじまりを探る。コラムも収録。

登呂で、わたしは考えた。


登呂で、わたしは考えた。
本原 令子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「土があれば生きていける」をテーマに、登呂遺跡の土で土器を作り、田んぼを作り、米を収穫してみんなで食べる。静岡市の登呂遺跡を舞台にしたプロジェクト「ARTORO(アートロ)」の活動を綴る。

縄文土器・土偶


縄文土器・土偶
井口 直司
角川ソフィア文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
縄文人はどんな人たちだったのか? その謎を解く鍵は、彼らが使った道具にあった! 縄文の主要な土器・土偶を、国宝全6点を含む100点以上の図版と、最新の科学的知見を盛り込んだ解説で紹介する。

国宝「火焰型土器」の世界 笹山遺跡


国宝「火焰型土器」の世界 笹山遺跡
石原 正敏
シリーズ「遺跡を学ぶ」

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
縄文土器の頂点とされる「火焰型土器」が、質・量ともに豊富に出土した新潟県十日町市の笹山遺跡。火焰型土器の造形美や変遷、生み出した笹山縄文人の暮らし、笹山遺跡の現状などについて解説する。

モノと技術の古代史 陶芸編


モノと技術の古代史 陶芸編
小林 正史 北野 博司 宇野 隆夫 望月 精司 木立 雅朗

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
モノと技術の発展をテーマごとに解説するシリーズ。貯蔵・調理・食事に使われた壷・甕、鍋釜、鉢・坏等の土器。民族誌の比較に基づいて各器種の使い方を解明し、時期や地域ごとに形・作りが異なる理由、製作技術の工夫を描く。

中世武士と土器


中世武士と土器
八重樫 忠郎 高橋 一樹

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中世社会の素焼きの土器、かわらけ。12世紀のかわらけ出土例に軸足をおいた対談と、13世紀以降の出土事例を論じた論考により、中世武士の成立史と武家権力の歴史的意義に迫る。

考古調査ハンドブック 12


考古調査ハンドブック 12

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
弥生土器研究の現状と課題をまとめる。沖縄から北海道にいたる日本列島全域の弥生土器及び並行期の土器群を取り上げた編年研究をはじめ、ライフヒストリー的な研究から系統研究、研究方法までを収録。

考古調査ハンドブック 16


考古調査ハンドブック 16

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
落川・一の宮遺跡の発掘結果から、変遷していく須恵坏を軸に、年代幅20年の実年代土器編年を確立して落川・一の宮遺跡の集落構造の変遷を探る。特徴的出土物を検討し、生業をめぐる問題も考察する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ