さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

坂岡真

鬼役-文庫書下ろし/長編時代小説 28(光文社文庫 さ26-38 光文社時代小説文庫) 黒幕


鬼役-文庫書下ろし/長編時代小説 28(光文社文庫 さ26-38 光文社時代小説文庫) 黒幕
坂岡 真
光文社文庫 光文社時代小説文庫

予約数: 40
予想待ち時間: 10か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
将軍家毒味役を務める矢背蔵人介は、将軍の御膳に毒が盛られていることに気づく。毒を盛った御膳所同心は蔵人介に謎の言葉を残す。背後を探る蔵人介だったが、闇の勢力から矢背家が狙われ…。切り取って使うメモページあり。

残情十日の菊(双葉文庫 さ-26-30 照れ降れ長屋風聞帖 2)


残情十日の菊(双葉文庫 さ-26-30 照れ降れ長屋風聞帖 2)
坂岡 真
双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖

予約数: 15
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
小太刀の遣い手・浅間三左衛門は、居合の達人にして素朴な人柄の轟十内と出会う。偶然、同じ長屋のおせいの想い人が十内であると知り、仲を取り持つが、ほどなく十内は姿を消す。やがて三左衛門は、男の苛烈な運命を知り…。

龍の角凧-書き下ろし長編時代小説(双葉文庫 さ-26-15 照れ降れ長屋風聞帖 [15])


龍の角凧-書き下ろし長編時代小説(双葉文庫 さ-26-15 照れ降れ長屋風聞帖 [15])
坂岡 真
双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

富の突留札(双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖 [4])


富の突留札(双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖 [4])
坂岡 真
双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

仇だ桜-書き下ろし長編時代小説(双葉文庫 さ-26-07 照れ降れ長屋風聞帖 [7])


仇だ桜-書き下ろし長編時代小説(双葉文庫 さ-26-07 照れ降れ長屋風聞帖 [7])
坂岡 真
双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

初鯨-書き下ろし長編時代小説(双葉文庫 さ-26-12 照れ降れ長屋風聞帖 [12])


初鯨-書き下ろし長編時代小説(双葉文庫 さ-26-12 照れ降れ長屋風聞帖 [12])
坂岡 真
双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

まだら雪-書き下ろし長編時代小説(双葉文庫 さ-26-18 照れ降れ長屋風聞帖 [18])


まだら雪-書き下ろし長編時代小説(双葉文庫 さ-26-18 照れ降れ長屋風聞帖 [18])
坂岡 真
双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人形町で出くわした食い詰め浪人は、酒を奢ってもらった礼だと浅間三左衛門に折り鶴を手渡す。その4日後に照れ降れ長屋に迷い込んだ幼い娘・三春の手にも折り鶴が握られていた。2人は父子ではないかと三左衛門は考えるが…。

大江戸人情小太刀(双葉文庫 さ-26-29 照れ降れ長屋風聞帖 1)


大江戸人情小太刀(双葉文庫 さ-26-29 照れ降れ長屋風聞帖 1)
坂岡 真
双葉文庫 照れ降れ長屋風聞帖

予約数: 16
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

花-長編時代小説(小学館文庫 さ37-3 死ぬがよく候 3)


花-長編時代小説(小学館文庫 さ37-3 死ぬがよく候 3)
坂岡 真
小学館文庫 死ぬがよく候

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
風の向くまま越後の尼瀬に流れ着いた八郎兵衛の首を狙い、次々襲い来る賞金目当ての刺客たち。日本一の盗賊霞一味の首魁・丑松を追って中山道板橋宿へと向かう八郎兵衛。だが、その先には“七曲がりの罠”が仕掛けられていた!

鬼役-文庫書下ろし/長編時代小説 27(光文社文庫 さ26-37 光文社時代小説文庫) 公方


鬼役-文庫書下ろし/長編時代小説 27(光文社文庫 さ26-37 光文社時代小説文庫) 公方
坂岡 真
光文社文庫 光文社時代小説文庫

予約数: 32
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
将軍家毒味役を務める矢背家から用人の串部六郎太が姿を消す。串部には、辻斬りの疑いがかかっていた。串部を信じ必死に捜す当主・矢背蔵人介の前に、涙の物語が浮びあがる-。切り取って使うメモページあり。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ