さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

外国の政治・行政

リベラルという病


リベラルという病
山口 真由
新潮新書

Amazonでの評価:(2.8/5.0)
予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「正しさ」に憑かれたリベラルの理想と現実、トランプ政権下で深まるアメリカ社会の大断層を、歴史的経緯から鮮やかに分析。欧米のリベラリズムを奇妙な形で輸入・加工し続けてきた日本的リベラルの矛盾と限界をも解き明かす。

習近平と永楽帝 -中華帝国皇帝の野望-


習近平と永楽帝 -中華帝国皇帝の野望-
山本 秀也
新潮新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
血筋の良さ、権力掌握前の苦節、苛烈な政敵排除、対外拡張…。漢民族最後の帝国であった明の3代目・永楽帝と習近平には、意外なほど共通点がある。歴史を踏まえて現代中国の核心に迫る。

ビジネスパーソンのための世界情勢を読み解く10の視点 -ベルリンの壁からメキシコの壁へ-


ビジネスパーソンのための世界情勢を読み解く10の視点 -ベルリンの壁からメキシコの壁へ-
森 千春

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
グローバル化が逆流し、国家が存在感を高め、生き残りを賭けて動き出した。世界の行方は? 日本は? 特派員として「ベルリンの壁」崩壊に立ち会った著者が、各国での取材体験をもとに、混迷と激動の世界情勢を読み解く。

豪州解体新書 -政治・経済・文化の変容と日豪関係-


豪州解体新書 -政治・経済・文化の変容と日豪関係-
田中 豊裕

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の国民生活と産業活動の死活的パートナーであるオーストラリアに鋭くメスを入れ、その実情を多岐にわたり検証。アジアの世紀におけるオーストラリアの将来と日豪関係の行く末を占う。

乱流のホワイトハウス -トランプvs.オバマ-


乱流のホワイトハウス -トランプvs.オバマ-
尾形 聡彦

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ロシア疑惑の深層、大統領弾劾の行方…。日本人記者としてホワイトハウスに最も食い込んだジャーナリストが、トランプ・オバマ両政権の交錯と確執からみえる最強組織の暗闘、そして大統領弾劾の行方を描き出す。

「米中経済戦争」の内実を読み解く


「米中経済戦争」の内実を読み解く
津上 俊哉
PHP新書

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中国経済の的確な見立てに定評のある著者が、「中国は「経済核爆弾」を使えない」などの見通しをもとに米中の今後を読み解く。90年代の日本と似た状況にある中国経済、中央財政赤字の急増など、中国経済の今も分析する。

ドイツから学ぶ「官僚支配」から「官僚奉仕」 -日本の民主的革命-


ドイツから学ぶ「官僚支配」から「官僚奉仕」 -日本の民主的革命-
関口 博之

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

朝鮮半島という災厄 -北朝鮮処分の全内幕-


朝鮮半島という災厄 -北朝鮮処分の全内幕-
ケント・ギルバート 遠藤 誉 高 永哲 山口 昇 伊東 寛 中村 逸郎 荒木 和博 時任 兼作 岡 京太郎 田中 健之 五味 洋治 三浦 小太郎 加藤 達也 辺 真一 惠 隆之介

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ミサイル実験を繰り返す金正恩の北朝鮮、その北朝鮮に擦り寄る文在寅の韓国。朝鮮半島は東アジア最大の災厄の場所だ。いったいいつ爆発するのか。米朝戦争はあるのか。そのとき日本は。論客たちが徹底分析する。

アメリカ帝国衰亡論・序説


アメリカ帝国衰亡論・序説
中西 輝政

Amazonでの評価:(4.3/5.0)
予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
移民排斥、孤立主義…。トランプ現象は覇権大国アメリカの断末魔の悲鳴である-。アメリカが歴史的な「帝国の終わり」に向かう道程を8つのシナリオから大胆予言する。今後日本が考えておくべきことも提示する。

米中台 現代三国志


米中台 現代三国志
近藤 伸二

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
最高指導者となっても静かに戦いを続けている蔡英文と習近平。そんな中、アメリカ大統領トランプが、「一つの中国」に揺さぶりをかけてきた…。積年の取材経験から、アメリカ・中国・台湾の政治状況を冷徹に分析する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ