さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

外国の社会・文化

中国人のお金の使い道-彼らはどれほどお金持ちになったのか(PHP新書 1246)


中国人のお金の使い道-彼らはどれほどお金持ちになったのか(PHP新書 1246)
中島 恵
PHP新書

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
都市部の世帯は持ち家を平均1.5軒持ち、北京市の平均世帯資産は1億3392円に上る。なぜ、彼らは「お金持ち」になったのか? 中国人の日常生活の様子、価値観、ライフスタイルの変化を「お金」を切り口に紹介する。

ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ(講談社現代新書 2602)


ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ(講談社現代新書 2602)
近藤 大介
講談社現代新書

予約数: 6
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
巨大化する中国。迎え撃つ米国。親中でも反中でもなく、米中の「貿易戦争」「金融戦争」など<7つの戦争>を分析。日中韓台4カ国を俯瞰することで、日本の生き残り戦略を提示する。

アメリカ争乱に動揺しながらも中国の世界支配は進む


アメリカ争乱に動揺しながらも中国の世界支配は進む
副島 隆彦

予約数: 11
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
核兵器、半導体、6G、宇宙開発…コロナも貿易戦争も乗り越え、次なる世界の中心となる中国。そのとき、日本と日本人はどうすべきか。ますます激しくなる米中対決の知られざる裏側など、2021年以降の世界を鋭く読み解く。

アジア遊学 237 銅鏡から読み解く2〜4世紀の東アジア-三角縁神獣鏡と関連鏡群の諸問題-


アジア遊学 237 銅鏡から読み解く2〜4世紀の東アジア-三角縁神獣鏡と関連鏡群の諸問題-

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

北アイルランドを目撃する


北アイルランドを目撃する
佐藤 亨

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1994年の停戦、98年のベルファスト合意、そしてブレグジット…。北アイルランドの人びとの平穏な暮らし、暮らしのなかの紛争を、ミューラル(壁絵)の変遷をとおして追い続けた著者が活写する。カラー写真も多数収録。

フランス語っぽい日々


フランス語っぽい日々
じゃんぽ〜る西 カリン西村

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本人の夫は漫画家、フランス人の妻はジャーナリスト。日仏夫婦が漫画とコラムでつづる、異文化・外国語学習・子育ての悲喜こもごも! 『ふらんす』連載を書籍化。

アラブは、美しい。(pen BOOKS 030)


アラブは、美しい。(pen BOOKS 030)
ペン編集部
pen BOOKS

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アラブの絵画、建築、宗教、工芸品に宿る素朴で力強い「美」。アラブの基礎知識から、コーランの研究、現代のアラブ文化まで、アラブの魅力に多角的に迫る。『Pen』特集を再編集。

連帯の時代-コロナ禍と格差社会からの再生


連帯の時代-コロナ禍と格差社会からの再生
伊藤 千尋

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
コロナ禍で明確になった格差社会の大破綻の下で、イタリアの自立と人々のつながりがある社会、ドイツ、チェコ、ポーランドで自由を求めて無血革命を成功させた非暴力の連帯運動など、新しい変革への原動力を描く。

はじめて学ぶドイツの歴史と文化


はじめて学ぶドイツの歴史と文化
南 直人 谷口 健治 北村 昌史 進藤 修一

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中世〜近現代のドイツを理解できる入門書。時代順の通史で主要な流れを解説するとともに、衣食住や教育、ツーリズムなど数々の魅力あふれるテーマからもアプローチし、豊饒なドイツ史の世界へいざなう。

アメリカは正気を取り戻せるか-精神科医が分析するトランプの時代


アメリカは正気を取り戻せるか-精神科医が分析するトランプの時代
アレン・フランセス 大野 裕 北原 陽子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
病んでいるのはトランプではなく、彼を大統領に選んだアメリカ社会の方だ-。アメリカ社会が正気を取り戻すためには、どうすればよいのか? トランプの妄想によって引き起こされた人類存続の危機に対処する方法を提示する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ