さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

外国の社会・文化

最後の超大国インド -元大使が見た親日国のすべて-


最後の超大国インド -元大使が見た親日国のすべて-
平林 博

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
米国、ロシア、中国に伍して4番目の超大国になると予想されるインド。駐印大使時代を含めて15年以上インドに関わる著者が、インドや日印関係に対する思いと自身の経験を綴る。

2017年から始まる!「砂上の中華帝国」大崩壊


2017年から始まる!「砂上の中華帝国」大崩壊
澁谷 司

予約数: 3
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中国政治を多角的に考察するとともに、現在、中国の景気がいかに低迷しているかを実証。さらに、習近平政権の軍事外交戦略と安倍政権の世界戦略とのせめぎ合いや、複雑な中朝関係について明らかにする。

カリブ海世界を知るための70章


カリブ海世界を知るための70章
国本 伊代
エリア・スタディーズ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
熱帯に位置し、歴史形成の過程を共有するまとまった地域であるが、地理的・地形的条件は多様なカリブ海域諸国の政治・経済・社会・文化の有り様と人びとの暮らしを紹介。カリブ海世界と日本の相互交流についても取り上げる。

謎の独立国家ソマリランド -そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア-


謎の独立国家ソマリランド -そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア-
高野 秀行
集英社文庫

Amazonでの評価:(4.7/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
内戦が続き、無数の武装勢力が跋扈するソマリア。その中に、独自に武装解除した独立国ソマリランドがあった。世界一危険なエリアに飛び込んだ著者が、ソマリランドの真実を伝える、衝撃のルポルタージュ。

ブラジルの人と社会


ブラジルの人と社会
田村 梨花 三田 千代子 拝野 寿美子 渡会 環

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ブラジル社会形成の歴史から宗教や家族制度、多人種多民族社会における社会的公正への取り組みやグローバルな人の移動について分析。多様な民族と文化によって形成されてきたブラジル社会を俯瞰する入門書。

孔子を捨てた国 -現代中国残酷物語-


孔子を捨てた国 -現代中国残酷物語-
福島 香織

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 24
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
女性の権利の蹂躙、政治的迫害と拷問、臓器売買犯罪、カルト宗教のまん延…。凶悪事件や大事故、人民蜂起が相次ぐ中国の闇を具体的に描写する。『月刊WiLL』『月刊Hanada』連載を書籍化。

アラブ人の世界観 -激変する中東を読み解く-


アラブ人の世界観 -激変する中東を読み解く-
水谷 周

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アラブ人の世界観を把握することは、激変する中東地域全体を理解することと表裏一体といえる。アラブ人の宇宙観、人生観、政治観、経済観、文明観、未来観をひもとき、わかりにくい現状と未来を読み解く。

地政学で読み解く没落の国・中国と韓国 繁栄の国・日本


地政学で読み解く没落の国・中国と韓国 繁栄の国・日本
黄 文雄

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朝鮮半島の内乱はなぜいつも外国を巻き込むのか? 中国が覇権主義と統一に走るのはなぜか? 日本が安定社会であり続ける理由は? 儒教に毒され争乱を繰り返す中国・韓国と、万世一系の日本との地政学的違いを分析する。

凛とした小国 -Costa Rica Cuba Uzbekistan Myanmar-


凛とした小国 -Costa Rica Cuba Uzbekistan Myanmar-
伊藤 千尋

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
経済的には貧しくとも人間としての心の豊かさを求め、独自の価値観を堅持し、国づくりをする凛とした小さな国々。コスタリカ、キューバ、ウズベキスタン、ミャンマーの旅の記録を紹介し彼らの姿勢を示す。

韓国人に生まれなくてよかった -なぜいま文在寅なのか!開いた口がふさがらない!-


韓国人に生まれなくてよかった -なぜいま文在寅なのか!開いた口がふさがらない!-
武藤 正敏

Amazonでの評価:(3.9/5.0)
予約数: 45
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
韓国第19代大統領選挙は文在寅候補が勝利し、北朝鮮にすり寄り、反日を叫ぶ大統領が誕生した。韓国国民による政治選択が、これからの韓国、そして日本や関係諸国にとってどのようなリスクがあるのかを検証し、警鐘を鳴らす。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ