さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

女性・ジェンダー

愛という名の支配(新潮文庫 た-128-1)


愛という名の支配(新潮文庫 た-128-1)
田嶋 陽子
新潮文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
母から、男から、世間から受けてきた抑圧。闘いつづけているうちに、人生の半分が終わっていた-。自らの体験を語り、この社会を覆いつくしている「構造としての女性差別」を説き明かした、フェミニズムの先駆的名著。

母と娘の「しんどい関係」を変える本(PHP文庫 い80-5)


母と娘の「しんどい関係」を変える本(PHP文庫 い80-5)
石原 加受子
PHP文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
娘に依存する母親、そして母親の「愛情」という束縛を振り切れず、我慢に我慢を重ねる娘…。そうした母と娘の問題を根本から解き明かし、母と娘が新たな関係を築くための方法を提案します。

#KuToo-靴から考える本気のフェミニズム


#KuToo-靴から考える本気のフェミニズム
石川 優実

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
職場でのパンプス義務付け反対運動「#KuToo」を始めたグラビア女優・石川優実がフェミニストになるまでの変化を綴る。彼女に対するバッシングの実態、労働について考えた対談も収録。テキストデータ請求券付き。

女性労働の分析 2018年


女性労働の分析 2018年

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
平成30年の働く女性の実態とその特徴を明らかにするとともに、雇用における男女の均等な機会と待遇の確保等、厚生労働省が行っている対策についてまとめる。女性労働に関する付属統計表なども収録。

明日は生きてないかもしれない…という自由-私、76歳 こだわりも諦めも力にして、生きてきた。


明日は生きてないかもしれない…という自由-私、76歳 こだわりも諦めも力にして、生きてきた。
田中 美津

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「なにごとも過剰は悪なのだ」「ときめくブスは美しくなる」「人はただ生きているだけでいい」…。70年代のウーマンリブ運動のカリスマ的存在だった著者が、これまでに新聞や雑誌などに発表してきた論考を中心に集成。

日本の貧困女子-衰退途上にあるこの国のリアル(SB新書 494)


日本の貧困女子-衰退途上にあるこの国のリアル(SB新書 494)
中村 淳彦
SB新書

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
家族、地域、制度の3つの縁をなくし、最貧困女子に落ちていく女性たち。地方消滅が叫ばれ、都会以上に貧困化が進む地方において、彼女たちが孤立に陥ったときどんな現実が待っているのか。地方の貧困の現実を描く。

女性マネージャーの働き方改革2.0-「成長」と「育成」のための処方箋


女性マネージャーの働き方改革2.0-「成長」と「育成」のための処方箋
高田 朝子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
どのように働くのか、どう働けば幸せなのか。男性が再点検してこそ「女性の働き方」も変わる! 管理職に向けて、女性マネージャーやその候補者と真摯に向き合い、育成を通してともに成長していくためのコツを伝える。

被害と加害をとらえなおす-虐待について語るということ


被害と加害をとらえなおす-虐待について語るということ
信田 さよ子 シャナ・キャンベル 上岡 陽江

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
暴力を語ること、みずからの経験を名づけることから始まる静かな希望の物語。女性をめぐる暴力について、その当事者とカウンセラーの対談も収録する。虐待をめぐる状況の変化について語った2019年の対談も収録する。

メアリ・ビーアドと女性史-日本女性の真力を発掘した米歴史家


メアリ・ビーアドと女性史-日本女性の真力を発掘した米歴史家
上村 千賀子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
男性に従属した存在としてではなく、歴史を主体的に創り出す「女性の力」を軸とする歴史観を樹立。日本におけるGHQの女性政策にも大きな影響を与えた、女性史研究のパイオニア、メアリ・ビーアドの評伝。

女の子は本当にピンクが好きなのか(河出文庫 ほ14-1)


女の子は本当にピンクが好きなのか(河出文庫 ほ14-1)
堀越 英美
河出文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「女の子といえばピンク」という思い込みは、どのように生まれてきたのか? <ピンク>という色の持つ社会的意味の変遷を辿る。気鋭のライターによる、現代女児カルチャーへの斬新な提言。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ