さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

学問

おとなの教養 2(NHK出版新書 581) 私たちはいま、どこにいるのか?


おとなの教養 2(NHK出版新書 581) 私たちはいま、どこにいるのか?
池上 彰
NHK出版新書

予約数: 29
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
AIからキャッシュレス社会、日本国憲法まで。いま知っておきたい6つのテーマについて、池上彰が歴史や経済、政治学の教養をベースに、わかりやすい解説で問題のみなもとにまで迫る。

研究の育て方-ゴールとプロセスの「見える化」


研究の育て方-ゴールとプロセスの「見える化」
近藤 克則

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
長年の研究指導経験から得た、研究のノウハウと指導のポイントを伝授。研究に関する考え方や進め方から、論文の書き方、発表まで、研究に必要な全体像を解説する。研究に関わるQ&A、コラム、チェックリストも収録。

京大変人講座-常識を飛び越えると、何かが見えてくる


京大変人講座-常識を飛び越えると、何かが見えてくる
酒井 敏 小木曽 哲 山内 裕 那須 耕介 川上 浩司 神川 龍馬 山極 寿一 越前屋 俵太

予約数: 22
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
京都大学に連綿と受けつがれている「自由の学風」「変人のDNA」を世に広く知ってもらうための公開講座を書籍化。「なぜ鮨屋のおやじは怒っているのか」「「ぼちぼち」という最強の生存戦略」など6講座を収録。

京大的アホがなぜ必要か -カオスな世界の生存戦略-


京大的アホがなぜ必要か -カオスな世界の生存戦略-
酒井 敏
集英社新書

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

学問からの手紙 -時代に流されない思考-


学問からの手紙 -時代に流されない思考-
宮野 公樹
入門!ガクモン

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
問いに学ぶ、すなわち「学問」とは自分を知るということ。「自分を知る」ということは、「自分という存在を知ること」。「異分野融合の仕掛け人」と呼ばれる京都大学準教授・宮野公樹が、「問う」ことの大切さを説く。

「文系?」「理系?」に迷ったら読む本 -AI時代の進路の選び方-


「文系?」「理系?」に迷ったら読む本 -AI時代の進路の選び方-
竹内 薫
心の友だち

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
文系・理系の区分けはもう意味がない。AI到来で社会が激変する15年後の世界で生き残るために、職業を考えるための新しい座標軸から大学・学部・学科の選び方・対策までをわかりやすく紹介する。

世界でいちばんやさしい教養の教科書


世界でいちばんやさしい教養の教科書
児玉 克順 fancomi

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
先人の思考を学ぶことは今や未来を生き抜くヒント。歴史、哲学、経済、社会、芸術など、各分野の教養を時系列にそってストーリー化。たくさんのイラストやキーワード解説を駆使して、わかりやすく解説する。

未来のエリートのための最強の学び方


未来のエリートのための最強の学び方
佐藤 優

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
これから求められる「文理融合の教養」とは。2020年の大学入試改革がもたらす「知の地殻変動」に対応し、何をどのように学ぶべきかを具体的かつ実践的に解説。母校・同志社大学での講義を書籍化。野口範子との対談も収録。

愚者が訊く


愚者が訊く
倉本 聰 林原 博光 池上 彰 大島 慶一郎 山田 英生 松井 孝典 山極 寿一 小出 裕章 山下 惣一
双葉文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
環境汚染、農業問題、そして原発。日本が直面している大問題について、脚本家で「富良野自然塾」塾長の倉本聰が、各界の賢人たちに初歩的な質問をどんどん投げかける対談集。

国家と教養


国家と教養
藤原 正彦
新潮新書

予約数: 54
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
教養を身につけるためにはどうしたら良いのか。教養の歴史を概観し、その効用と限界を明らかにしつつ、数学者らしい独創的な視点で「現代に相応しい教養」のあり方を提言する独創的文化論。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ