さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

学校保健

学校の応急処置がよくわかる-緊急度の判断とその対応


学校の応急処置がよくわかる-緊急度の判断とその対応
玉川 進

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
学校での応急処置について解説。疾患・症状を「緊急性の高いもの」「外因性のもの」「内因性のもの」に分け、それぞれ、フローチャート、判断のポイント、処置、解説、「こんなことがありました」のキーワードでまとめる。

Q&Aでわかる子どものネット依存とゲーム障害


Q&Aでわかる子どものネット依存とゲーム障害
樋口 進

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
子どもたちのネット依存が急激に増えている。オンラインゲームやSNSに夢中になる子どもへの接し方、保護者と学校の連携、重症の子どもの様子と受診させる方法、そして病院での治療などをQ&A形式で紹介する。

感染症対策サポート・ブック -子どもと一緒にすぐできる! 新保育所における感染症対策ガイドラインに対応-


感染症対策サポート・ブック -子どもと一緒にすぐできる! 新保育所における感染症対策ガイドラインに対応-
藤井 祐子
ひろばブックス

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
感染症の予防と対策の基礎知識や、健康教育のアイデアを、保育所における感染症対策ガイドラインに対応しながら多数紹介。チェック欄あり。ペープサートの型紙、カードシアター、ブックレット付き。

シックスクール問題と対策


シックスクール問題と対策
加藤 やすこ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
学校の無線LANや、衣類用洗剤、柔軟剤の香料などで体調をくずし、学校に行けない子どもが全国にいる。個別の事例を検証しながら、子どもたちが置かれている状況、保護者が直面している問題を明らかにし、その対策を考える。

ここがポイント!学校救急処置 -基本・実例、子どものなぜに答える-


ここがポイント!学校救急処置 -基本・実例、子どものなぜに答える-
草川 功 全養サ書籍編集委員会

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
子どもたちが集団で生活をする学校は、常にケガや事故と向き合っている。保健室来室時の対応をはじめ、創傷、鼻出血、頭痛・発熱、腹痛・下痢など、外科的・内科的な救急処置の実際、基本的な知識や技術等を解説する。

ほけんしつだより


ほけんしつだより
きたい かよ

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
子どもたちをよく観察して、気持ちに寄り添う。約30年、児童や生徒に魔法をかけてきた保健室のかよ先生が、保健室でのエピソードや、家族・学校・地域・社会を変えるヒントとなる子どもの視点などを綴る。

3.11後の子どもと健康 -保健室と地域に何ができるか-


3.11後の子どもと健康 -保健室と地域に何ができるか-
大谷 尚子 白石 草 吉田 由布子
岩波ブックレット

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
国が原発事故後の子どもたちの健康に対して責任ある政策をとっていない今、地域で暮らす住民や学校の関係者は、一体何をすべきなのか。子どもたちの健康を守るために立ち上がった、養護教諭や地域住民などの活動を紹介する。

保健室と社会をつなぐ -本当の育ちと学びの場-


保健室と社会をつなぐ -本当の育ちと学びの場-
香山 リカ 『保健室』編集部

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
子どもの問題。学校の問題。養護教諭自身の問題。そして社会の問題。精神科医である著者の問題意識と重ね合わせながら、さまざまな問題が凝縮された保健室に焦点をあてて論じる。『保健室』連載などを書籍化。

教育とLGBTIをつなぐ -学校・大学の現場から考える-


教育とLGBTIをつなぐ -学校・大学の現場から考える-
三成 美保 岸田 英之 中塚 幹也 谷口 洋幸 藥師 実芳 渡辺 大輔 岩本 健良 隠岐 さや香 河嶋 静代 田中 かず子 高橋 裕子 紙谷 雅子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
LGBTIについて、学校・大学が直面する問題を明らかにし、地域住民、医療機関、行政等と連携した啓発・支援活動と、アメリカの大学の例を紹介。具体的な方策を提言する。2016年5月開催のシンポジウムをもとに書籍化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ