さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

宇野和美

独裁政治とは?(あしたのための本)


独裁政治とは?(あしたのための本)
プランテルグループ ミケル・カサル 宇野 和美
あしたのための本

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自由がないってどういうこと? 独裁者が全てを決めてしまう「独裁政治」について考えよう。子どもへの問いを通して社会のしくみを解説する、スペイン発のピクチャーブック。社会学者・佐藤卓己のオリジナルコラムも収録。

民主主義は誰のもの?(あしたのための本)


民主主義は誰のもの?(あしたのための本)
プランテルグループ マルタ・ピナ 宇野 和美
あしたのための本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
政党って? 選挙って? みんなが参加してみんなで決める「民主主義」について考えよう。子どもへの問いを通して社会のしくみを解説する、スペイン発のピクチャーブック。政治学者・宇野重規のオリジナルコラムも収録。

女と男のちがいって?(あしたのための本)


女と男のちがいって?(あしたのための本)
プランテルグループ ルシ・グティエレス 宇野 和美
あしたのための本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
女は弱い? 男は偉い? 体のつくりは違うけど、同じ人間である「女と男」について考えよう。子どもへの問いを通して社会のしくみを解説する、スペイン発のピクチャーブック。社会学者・金野美奈子のオリジナルコラムも収録。

社会格差はどこから?(あしたのための本)


社会格差はどこから?(あしたのための本)
プランテルグループ ジュアン・ネグレスコロール 宇野 和美
あしたのための本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
どうしてお金を持っている人と貧乏な人がいるのかな? 「社会格差」について考えよう。子どもへの問いを通して社会のしくみを解説する、スペイン発のピクチャーブック。社会学者・橋本健二のオリジナルコラムも収録。

おにいちゃんとぼく


おにいちゃんとぼく
ローレンス・シメル フアン・カミーロ・マヨルガ 宇野 和美

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
目が見えないけれど、僕のお兄ちゃんはすごいんだ。記憶力がいいし、暗闇の中でも点字の本が読めて…。誰もが認められ、活かされるインクルージョンな日々を、透明感のある水彩と繊細な線画で描いた絵本。

アドリア海の奇跡


アドリア海の奇跡
ジョアン・マヌエル・ジズベルト アルフォンソ・ルアーノ 宇野 和美

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ある春の夕暮れ、ヨーロッパの錬金術師が修道院を訪れて、みなしごの少年に秘密の使いをたのんだ。3つの箱をアドリア海へ運んでほしい、だが決して中身を見てはならぬと。15世紀のクロアチアを舞台に描く不思議な冒険小説。

まめつぶこぞうパトゥフェ -スペイン・カタルーニャのむかしばなし-


まめつぶこぞうパトゥフェ -スペイン・カタルーニャのむかしばなし-
宇野 和美 ささめや ゆき

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
豆つぶほどしかない小さなパトゥフェは、好奇心旺盛な男の子。そんなパトゥフェがお使いに出かけると…。スペイン・カタルーニャに伝わる、小さな男の子のユーモアあふれるおはなし。世界のむかしばなし絵本シリーズ。

いっしょにかえろう


いっしょにかえろう
ハイロ・ブイトラゴ ラファエル・ジョクテング 宇野 和美

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いつもは遠い道のりも、ライオンと一緒なら、とっても安心! ママが工場から帰ってくるまで、女の子はライオンと弟を迎えに行き、買い物をして、ご飯を作って…。貧しさの中で懸命に生きる、コロンビアの子どもを描いた絵本。

もしぼくが本だったら


もしぼくが本だったら
ジョゼ・ジョルジェ・レトリア アンドレ・レトリア 宇野 和美

Amazonでの評価:(3.7/5.0)
予約数: 4
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
もしぼくが本だったら、ずっとしまってきた昔の秘密を、ぼくの読者とわかちあおう-。「もしぼくが本だったら」ではじまる、詩的な文章と現代的なイラストレーションが魅力的なポルトガルの絵本。

マルコとパパ -ダウン症のあるむすことぼくのスケッチブック-


マルコとパパ -ダウン症のあるむすことぼくのスケッチブック-
グスティ 宇野 和美

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ダウン症のある息子マルコが生まれ、最初は受け入れられなかった自分の気持ち、家族や周りの人たちの言葉、やがて「ほんものの愛」にいたるまで…。ダウン症の息子とのいとしい毎日をイラストレーターが描いた一冊。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ