さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

宮沢賢治

ツェねずみ(ミキハウスの絵本)


ツェねずみ(ミキハウスの絵本)
宮沢 賢治 石井 聖岳
ミキハウスの絵本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ある古い家の天井裏に住んでいた「ツェ」という名のねずみ。悪いことや嫌なことは全部誰かのせいにして、誰かから親切にされてもありがたいなんて思わないやつだった。そしてある日、とうとう…。

月夜のでんしんばしら(ミキハウスの絵本)


月夜のでんしんばしら(ミキハウスの絵本)
宮沢 賢治 竹内 通雅
ミキハウスの絵本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ある晩、鉄道線路を歩いていた恭一は、実に変てこなものを見ました。「ドッテテドッテテ、ドッテテド」と、電信柱の列が大威張りでいっぺんに歩き出したのです…。

よだかの星(版画絵本宮沢賢治)


よだかの星(版画絵本宮沢賢治)
宮沢 賢治 佐藤 国男
版画絵本宮沢賢治

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
容姿がみにくい「よだか」は、鷹から名前を変えるように脅される。家を飛び出したよだかは、お日さまに「私をあなたの所へ連れてって下さい」と言うが…。宮沢賢治の物語に自然の息吹を吹き込む、オールカラー版画絵本。

雪渡り(版画絵本宮沢賢治)


雪渡り(版画絵本宮沢賢治)
宮沢 賢治 佐藤 国男
版画絵本宮沢賢治

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一面雪が凍った日、森の近くで白い小狐の紺三郎と出会った四郎とかん子は、紺三郎から月夜の晩に催される幻燈会に招待され…。宮沢賢治の物語に自然の息吹を吹き込む、オールカラー版画絵本。ジャケットそでにクイズあり。

セロ弾きのゴーシュ(ミキハウスの絵本)


セロ弾きのゴーシュ(ミキハウスの絵本)
宮沢 賢治 さとう あや
ミキハウスの絵本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
楽長に怒鳴られ、深夜までけんめいに練習するゴーシュのもとに、毎夜毎夜つぎつぎに、動物たちがやってきて…。ゴーシュが音楽への情熱を再燃させる様子を、温かな目線で表現した絵本。

洞熊学校を卒業した三人-寓話(ミキハウスの絵本)


洞熊学校を卒業した三人-寓話(ミキハウスの絵本)
宮沢 賢治 大島 妙子
ミキハウスの絵本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
赤い手長の蜘蛛と、銀いろのなめくじと、顔を洗ったことのない狸が、洞熊学校で習ったことは? 3人がそれぞれのやり方で、1番になろうと一生けん命競争した様子をユーモラスに描いた絵本。

注文の多い料理店(版画絵本宮沢賢治)


注文の多い料理店(版画絵本宮沢賢治)
宮沢 賢治 佐藤 国男
版画絵本宮沢賢治

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ふたりの若い紳士が山へ狩りをしにやってきた。しかし鳥も獣もいない。ふたりが空腹で困っていると、「西洋料理店山猫軒」と書かれた建物が目に入り…。宮沢賢治の物語に自然の息吹を吹き込む、オールカラー版画絵本。

銀河鉄道の夜(ミキハウスの絵本)


銀河鉄道の夜(ミキハウスの絵本)
宮沢 賢治 金井 一郎
ミキハウスの絵本

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
銀河を走るその鉄道は、人々の透明な意思と願いとをのせて、生と死のはざまを、かけぬけていく…。不思議な奥ゆきと幻想性のある「翳り絵」で、宮沢賢治の代表作品をビジュアル化した絵本。

黄いろのトマト(ミキハウスの絵本)


黄いろのトマト(ミキハウスの絵本)
宮沢 賢治 降矢 なな
ミキハウスの絵本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ふたりだけで、まるでおとぎ話のように愉快に暮らす、幼い兄と妹。ところがある日、彼らの無垢な心は、思いもかけないかたちで傷つけられた…。仲の良い兄妹の悲しい物語。

虔十公園林(ミキハウスの絵本)


虔十公園林(ミキハウスの絵本)
宮沢 賢治 伊藤 秀男
ミキハウスの絵本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
子供にも馬鹿にされ、笑われている虔十が、ある日、芝原に杉の苗を植え始めました。あんな処に杉など育つものでもない、と馬鹿にする村人たち。でも虔十は決してあきらめませんでした。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ