さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

家族

ねこもかぞく-ほんのり俳句コミック


ねこもかぞく-ほんのり俳句コミック
堀本 裕樹 ねこまき

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
じんわり、ほっこり。家族の暮らしを詠んだ88句と愛らしいねこたち! 家族を詠んだ句に、やさしい解説とマンガを添える。さくら舎ホームページでの連載を加筆・訂正し再構成。

家族をめぐる法・心理・福祉-法と臨床が交錯する現場の実践ガイド


家族をめぐる法・心理・福祉-法と臨床が交錯する現場の実践ガイド
村尾 泰弘

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
家族問題を理解するために必要な法・心理・福祉の基礎知識を説明し、少年非行やDV等、具体的な事例を通して、問題の核心と解決法を示す。また、治療的司法や情状鑑定など、家族問題をめぐる新たな潮流と課題も取り上げる。

もう逃げない。-いままで黙っていた「家族」のこと


もう逃げない。-いままで黙っていた「家族」のこと
和歌山カレー事件林眞須美死刑囚長男

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
21年前の朝、ぼくは「殺人犯」の息子になっていた-。1998年7月に発生した「和歌山毒物混入カレー事件」の“犯人”として逮捕された林眞須美死刑囚の長男が、「罪と罰」そして「生きること」の本当の意味を明かす。

それでも、母になる-生理のない私に子どもができて考えた家族のこと


それでも、母になる-生理のない私に子どもができて考えた家族のこと
徳 瑠里香

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生き方に「普通」なんて、ない-。生まれつき生理と排卵がない著者が子どもを授かり、産むことに向き合いながら家族について考えたことをまとめるとともに、著者の身近にいる人たちの人生と家族の話を伝える。

「家族の幸せ」の経済学-データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実(光文社新書 1015)


「家族の幸せ」の経済学-データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実(光文社新書 1015)
山口 慎太郎
光文社新書

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「赤ちゃんには母乳が一番」「3歳までは母親がつきっきりで子育てすべき」は間違い! 出産や子育てにおいて幅をきかせる科学的根拠を一切無視した「思い込み」を、気鋭の学者が最先端の経済学の手法で徹底的に論破する。

#名画で学ぶ主婦業-主婦は再びつぶやく


#名画で学ぶ主婦業-主婦は再びつぶやく
田中 久美子

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2歳が描いてくれた壁画(賃貸)。旦那の親戚、めっちゃ来た…。止まらない心の叫びを主婦たちが「名画」にのせてツイートする、Twitterの人気ハッシュタグ「#名画で学ぶ主婦業」の書籍化第2弾。名画の解説も掲載。

加害者家族の子どもたちの現状と支援-犯罪に巻き込まれた子どもたちへのアプローチ


加害者家族の子どもたちの現状と支援-犯罪に巻き込まれた子どもたちへのアプローチ
阿部 恭子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
幼く判断ができず、心に傷を抱えながらも身をゆだねるしかない「加害者」家族の子どもたち。彼らが置かれている現状と支援の実践例から、効果的な支援のあり方を提案。刑事司法、地域社会、心理的支援に分けて課題を検討する。

かぞくってなあに?


かぞくってなあに?
マール・フェレーロ フェリシティ・ブルックス 石津 ちひろ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
大家族だったり、ふたりっきりだったり。みんなそっくりだったり、それほど似ていなかったり。いろんな家族のかたちや、家族が変わっていく過程、住む場所や言葉など、「家族」をテーマに世界の文化や習慣を紹介する。

平成家族-理想と現実の狭間で揺れる人たち


平成家族-理想と現実の狭間で揺れる人たち
朝日新聞取材班

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
変わりゆく現実、追いつかない意識-。結婚、食、働き方、出産などをテーマに、古い制度と新たな価値観の狭間を生きる「平成時代の家族」の姿を追う。『withnews』連載等を書籍化。

出稼ぎ国家フィリピンと残された家族-不在がもたらす民族の共在(ブックレット《アジアを学ぼう》 51)


出稼ぎ国家フィリピンと残された家族-不在がもたらす民族の共在(ブックレット《アジアを学ぼう》 51)
白石 奈津子
ブックレット《アジアを学ぼう》

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
移民現象に伴う人口流出が起こっているフィリピンの地方村落を舞台に、家族と移民、不在と共在の時間をテーマに、移民によって残された家族と、移動から生じている民族間の関係の変化を様々なエピソードから綴る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ