さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

家族法

家族法改正を読む-親族・相続法改正のポイントとトレンド


家族法改正を読む-親族・相続法改正のポイントとトレンド
松尾 弘

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
成年年齢の引き下げ、女性の婚姻開始年齢の引き上げ、自筆証書遺言の方式の緩和、遺留分侵害額請求権の創設…。平成30年から令和元年にかけて相次いで行われた家族法の改正と、今後の改正の動向を解説する。

事例で学ぶ家族法


事例で学ぶ家族法
田山 輝明

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
身近な事例や図表を多用し、現代家族法の全体像をやさしく説いた基本テキスト。法律用語には簡単な解説を挿入し、事項・判例索引も掲載する。平成29年債権法改正・30年相続法改正に対応した第5版。

18歳から考える家族と法


18歳から考える家族と法
二宮 周平
From 18

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
出生、パートナーと暮らす、親子になる・子どもと暮らす、別れと絆、老いを看取るという5つのライフステージ別に、それぞれ5つのテーマを取り上げ、家族と法について考える。

家族法の道案内


家族法の道案内
川村 隆子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
結婚や離婚、財産の相続など、日常生活に関係する問題を取り扱う家族法の入門書。説明すべき項目を厳選し、「補足」や「コメント」「例示」などとともに解説するほか、考える材料を豊富に掲載する。

まぼろしの「日本的家族」


まぼろしの「日本的家族」
早川 タダノリ
青弓社ライブラリー

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昨今の政治はなぜ現実に適合しない家族モデルを押し付けようとするのか? 家族観の歴史的な変遷、官製婚活、教育に通底する家族像、憲法24条改悪など、伝統的家族を追い求める「斜め上」をいく事例を批判的に検証する。

変容する家族と新たな財産


変容する家族と新たな財産
メアリー・アン・グレンドン 新井 誠 紺野 包子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「家族」の役割が低下し、職業が「新たな資産」としての価値を纏う現代。実質的な資産が有体財産から個人の権利や地位へ移行する中、現代の私法が果たすべき役割とは何か。米国法学界の泰斗が、広大な視野に立って問いかける。

知って役立つ!家族の法律 -相続・遺言・親子関係・成年後見-


知って役立つ!家族の法律 -相続・遺言・親子関係・成年後見-
長橋 晴男 浅野 則明

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
相続、遺言、結婚・離婚と親子関係、成年後見など、日常生活に密接に関係した法律「家族法」を、1テーマ見開き2ページで解説。「普通の市民」が「普通の生活」をする上で、知っておきたい「家族法」の基礎知識が満載。

国家がなぜ家族に干渉するのか -法案・政策の背後にあるもの-


国家がなぜ家族に干渉するのか -法案・政策の背後にあるもの-
本田 由紀 伊藤 公雄 二宮 周平 千田 有紀 斉藤 正美 若尾 典子
青弓社ライブラリー

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
家族に関わる法律案や施策の現実化に向けての動きが、政府によって加速されている。家庭教育支援法案など個別の法案・制度の内実とその背景を詳細に分析する。2017年1月開催のシンポジウムでの報告を中心に取りまとめる。

家族と法


家族と法
齋藤 哲

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
家族に関係する法って、どんなもの? 事件が起きたら、どうしたらよいの? 婚姻、婚姻解消、養子縁組、親権、相続、遺言、ストーカー規制法とDV防止法、扶養と生活保護などを、みじかな事例をあげながらわかりやすく解説。

「家族」という韓国の装置 -血縁社会の法的なメカニズムとその変化-


「家族」という韓国の装置 -血縁社会の法的なメカニズムとその変化-
岡 克彦

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
今、ゆれ動いている韓国社会を「家族制度」という視点から読み解く社会論の書。「血縁社会」の法的なメカニズムを明らかにするとともに、韓国がこの血縁社会から抜け出そうとする動きにも注目する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ