さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

小林秀雄

批評家失格-新編初期論考集(新潮文庫 こ-6-12)


批評家失格-新編初期論考集(新潮文庫 こ-6-12)
小林 秀雄
新潮文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
批評とは、愛情と感動である-。近代批評の確立者・小林秀雄の22歳から30歳までの、文庫初収録随想と入手困難だった批評を収めた文芸論集。人間的な素顔の窺える瑞々しい52の論考を掲載する。

セレクション戦争と文学 5(集英社文庫 S1-5 ヘリテージシリーズ) 日中戦争


セレクション戦争と文学 5(集英社文庫 S1-5 ヘリテージシリーズ) 日中戦争
胡桃沢 耕史 和辻 哲郎 小林 秀雄 日比野 士朗 石川 達三 武田 麟太郎 火野 葦平 田中 英光 伊藤 桂一 藤枝 静男 檀 一雄 駒田 信二 田村 泰次郎 田中 小実昌 富士 正晴 棟田 博 五味川 純平 阿川 弘之
集英社文庫 ヘリテージシリーズ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新時代の戦争文学アンソロジー。5は、火野葦平「煙草と兵隊」、檀一雄「照る陽の庭」、阿川弘之「蝙蝠」など、中国戦線で戦った作家たちが戦争のリアルを描いた作品を収録する。

小林秀雄江藤淳全対話(中公文庫 こ14-2)


小林秀雄江藤淳全対話(中公文庫 こ14-2)
小林 秀雄 江藤 淳
中公文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1961年の「美について」から三島事件を俎上に載せた「歴史について」、そして77年の大作「本居宣長」をめぐる対論まで。17年間にわたる全5回の対話と関連作品を収録する。

人生について 改版(中公文庫 こ14-3)


人生について 改版(中公文庫 こ14-3)
小林 秀雄
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人生いかに生くべきか。小林秀雄が自身の人生観を率直に語った名講演「私の人生観」「信ずることと知ること」を中心に、ベルグソン論「感想」(第1回)などを収録。稀代の批評家の思索の軌跡を伝える随想集。

酔っぱらい読本 続


酔っぱらい読本 続
吉行 淳之介 永井 龍男 北 杜夫 星 新一 小林 秀雄 萩原 朔太郎 梅崎 春生 庄野 潤三 獅子 文六 中野 重治 木山 捷平 坂口 謹一郎 井上 光晴 田村 隆一 伊藤 整 加太 こうじ 瀬戸内 晴美 佐々木 侃司 野坂 昭如 長部 日出雄 古今亭 志ん生 開高 健 小松 左京
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
酒が織りなすアンソロジー「酔っぱらい読本」第2弾。永井龍男、北杜夫、星新一、小林秀雄、萩原朔太郎、古今亭志ん生らのエッセイ・詩・落語に加え、佐々木侃司のイラストレポート「私の酒歴」も掲載。

人間の建設


人間の建設
小林 秀雄 岡 潔
新潮文庫

Amazonでの評価:(4.4/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から

読鉄全書 -TRAIN MEMORIES 50-


読鉄全書 -TRAIN MEMORIES 50-
池内 紀 松本 典久 谷川 俊太郎 内田 百間 関川 夏央 吉田 健一 小林 秀雄 阿川 弘之 宮脇 俊三 五木 寛之 南 伸坊 土屋 守 室生 犀星 上田 廣 竹島 紀元 堀内 敬三 今尾 恵介 実相寺 昭雄 堀内 ぶりる 原 武史 徳渕 真利子 水戸岡 鋭治 川辺 謙一 木下 夕爾 若山 牧水 古川 ロッパ 深田 久弥 伊丹 十三 向田 邦子 内山 節 片岡 義男 沢木 耕太郎 沢野 ひとし 萩原 朔太郎 芥川 龍之介 幸田 文 藤原 新也 伊集院 静 玉村 豊男

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
乗るたのしみ、鉄道でみつけたもの、旅と人生…。汽車への思いで満ちた作品集。室生犀星「急行列車」、若山牧水「みなかみ紀行」などの名作から、南伸坊、片岡義男らの書き下ろしまで、50編の鉄道の旅を収録。

日中の120年 文芸・評論作品選 3


日中の120年 文芸・評論作品選 3
張 競 村田 雄二郎 金子 光晴 小林 秀雄 武田 泰淳 竹内 好 藤田 嗣治 奥野 信太郎 草野 心平 山川 均 巴金 郁 達夫 吉川 英治 萩原 朔太郎 蕭 軍 中野 重治 謝 冰瑩 黄 瀛 井伏 鱒二 佐藤 春夫 茅盾 吉屋 信子 老舍 三好 達治 陳 独秀 高村 光太郎 桐生 悠々 尾崎 秀実 蔣 介石 汪 兆銘 橘 樸 周 幼海 吉田 東祐 東洋経済新報 室生 犀星 保田 與重郎 佐多 稲子 菊池 寛 葉山 嘉樹

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
盧溝橋事件を経て両国は全面戦争に突入する。すべてをさらけ出す戦火の中、文学者たちは何を描いたのか。金子光晴、謝冰瑩、井伏鱒二、茅盾らの作品をとおして、殺戮と破壊のさなかに結ばれた日中の極限的な関係を見る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ