さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

小説研究

明治の御世の「坊っちやん」


明治の御世の「坊っちやん」
古山 和男

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
四国・松山を清国の旅順、赤シやツを山県有朋、うらなりを乃木希典、そして、坊っちやんを明治天皇に読み替えると…。自筆原稿に基づく斬新な読みによって、国民的小説「坊っちやん」のもうひとつの姿を浮かび上がらせる。

『濹東綺譚』を歩く


『濹東綺譚』を歩く
唐仁原 教久

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
永井荷風の名作「濹東綺譚」を飾った木村荘八の挿絵を、人気画家が詳細に検証。舞台となった玉の井を中心に、麻布、銀座、浅草、向島などの刊行80年後の風景を新たに描く。「「濹東綺譚」玉の井地図」付き。

時代小説で旅する東海道五十三次


時代小説で旅する東海道五十三次
岡村 直樹
講談社+α文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸・日本橋から京・三条大橋まで、それぞれの町を舞台にした時代・歴史小説のあらすじや読みどころを解説しながら、東海道五十三次をガイド。宿場町の名所・旧跡・名物についても、写真入りで紹介する。

小説の言葉尻をとらえてみた


小説の言葉尻をとらえてみた
飯間 浩明
光文社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
小説の筋を追うだけでなく、その中の日本語に注目すると、ことばの思いがけない面白さに気づく。「三省堂国語辞典」編集委員のガイドで、物語の中で語られることばの魅力に迫る、異色の小説探検。『小説宝石』連載を加筆修正。

今を生きる人のための世界文学案内


今を生きる人のための世界文学案内
都甲 幸治

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
とにかく面白い本を、国・言語にかかわらずひたすら読みまくる。そしてその本について書きまくる。そんな「狂喜の読み屋」都甲幸治の膨大な原稿から厳選したベスト書評集。村上春樹「騎士団長殺し」の書き下ろし書評も掲載。

不思議の国のアリス コンプリート・イラストレーションズ -テニエルのカラー挿絵全集-


不思議の国のアリス コンプリート・イラストレーションズ -テニエルのカラー挿絵全集-
ルイス・キャロル ジョン・テニエル 楠本 君恵

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「不思議の国のアリス」の発行元・マクミラン社は、1865年の発行以来、ジョン・テニエルが描いた挿絵の色付けを何人かの画家に依頼してきた。全バージョンの挿絵と彩色を物語とともに楽しめる、世界ではじめての本。

歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド


歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド
大矢 博子
文春文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
書店の店頭にあふれる時代小説、歴史小説。でも次に何を読めば? 時代小説を愛する書評家が、176人の作家の、488作品を紹介する。文藝春秋『本の話WEB』連載に加筆・再構成。

米澤穂信と古典部 -The Memories of Classic Club-


米澤穂信と古典部 -The Memories of Classic Club-
米澤 穂信 北村 薫 恩田 陸 綾辻 行人 大崎 梢

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 15
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
<古典部>シリーズ15年の歩みを語った米澤穂信のインタビューをはじめ、北村薫、恩田陸らとの対談、古典部メンバーの本棚等を収録。<古典部>新作小説も掲載する。進化を続けるミステリ作家と<古典部>のすべてがわかる!

名作をいじる -「らくがき式」で読む最初の1ページ-


名作をいじる -「らくがき式」で読む最初の1ページ-
阿部 公彦

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
名作とよばれる小説は、変わった語り口の、きわめて独特な日本語で書かれている。「名作」の冒頭部分の珍妙なところに記しをつけたり、コメントをつける、「らくがき式」読書入門。「らくがき式」練習シートも掲載。

ひたすら面白い小説が読みたくて


ひたすら面白い小説が読みたくて
児玉 清
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
文章からにじみ出る物語への愛と、書き手への敬意-。芸能界きっての読書家として知られた俳優・児玉清が、文庫判の小説作品42編のために執筆した解説を、国内作品・海外作品の2部に分けて収録する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ