さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

岩田健太郎

ワインは毒か、薬か。


ワインは毒か、薬か。
岩田 健太郎 石川 雅之

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
どうして人は酔っ払うのか? ワインに健康面での利益がある理由など、「微生物屋」のイワタが、ワインが健康にいいのか悪いのか、「本当のところ」を解説する。石川雅之による描き下ろし短編マンガ「もやしもん」付き。

インフルエンザなぜ毎年流行するのか


インフルエンザなぜ毎年流行するのか
岩田 健太郎
ベスト新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
インフルエンザのワクチンはホントに効いてるの? 抗生剤を飲むと下痢するのはなぜ? 日本のHIVを減らすにはどうしたらいい? 感染症をはじめ、健康や病気について、妥当性の高い情報を提供する。

つまずきから学ぶ漢方薬 -構造主義と番号順の漢方学習-


つまずきから学ぶ漢方薬 -構造主義と番号順の漢方学習-
岩田 健太郎 西本 隆

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ゼロから学べる漢方ガイドブック。漢方の学習に際して、初学者が翻弄されやすい「ちょっとした初歩的なエラー」「しくじりがちな地雷」などを、感染症治療学のスペシャリストが懇切丁寧に解説する。

高齢者のための漢方診療


高齢者のための漢方診療
岩崎 鋼 高山 真 岩田 健太郎

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
高齢者医療に携わる漢方初学者に向けた入門書。漢方診療の第一人者である著者らが、フレイルに代表される高齢患者にこそ「とりわけ有効」な漢方診療の極意をわかりやすく解説する。

ワクチンは怖くない


ワクチンは怖くない
岩田 健太郎
光文社新書

Amazonでの評価:(4.2/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
インフルエンザワクチンって打ったほうがいい? 子宮頚がんワクチンって実際どうなの? ワクチンにまつわる「結論ありき」の議論を排し、本当に健康をもたらすワクチンとの付き合い方を解説する。

感染症医が教える性の話


感染症医が教える性の話
岩田 健太郎
ちくまプリマー新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
感染症医による性教育についての本。「生き延びるための」方策としての性教育の必要性を論じると共に、性感染症や性の多様性、あるいはそれを阻む社会と個人の葛藤を交えながら、他者と向き合う営みとしての性と恋愛を考える。

きみの体の中 -きみの体はどうやって病気とたたかうのかな?-


きみの体の中 -きみの体はどうやって病気とたたかうのかな?-
リチャード・ウォーカー 岩田 健太郎

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 5
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
長い時間をかけて、人の体は進化していき、さまざまな危険から自分たちの体を守る方法を作っていった。くしゃみ、キズ、嘔吐…。人の体の中で起きているミクロの戦いを、精細なイラストと共に解説。コラムなども収録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ