さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

島田裕巳

教養として学んでおきたい仏教(マイナビ新書)


教養として学んでおきたい仏教(マイナビ新書)
島田 裕巳
マイナビ新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
多くの日本人は、年齢を重ねることで、仏教について学んでおく必要があるのではないかと考えるようになる。そんな人たちに向け、「仏教が宗教の一つとしてどういった特徴を持っているのか」を出発点として解説する。

神社から読み解く信仰の日本史(SBビジュアル新書 0010)


神社から読み解く信仰の日本史(SBビジュアル新書 0010)
島田 裕巳
SBビジュアル新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
常に日本人とともにあった神社信仰はどう変わってきたのか? 神道と神社の発祥、律令国家の成立と神仏習合、江戸の庶民信仰…歴史の長い神社を軸に、日本史を再考する。主要神社のイラスト境内図も掲載。

教養としての宗教学 -通過儀礼を中心に-


教養としての宗教学 -通過儀礼を中心に-
島田 裕巳

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
宗教学とは宗教を信仰の立場からではなく、客観的中立的に観察し分析する学問である。人間を変容させるイベント=通過儀礼をキーワードに、宗教という現象について考える。

「オウム」は再び現れる


「オウム」は再び現れる
島田 裕巳
中公新書ラクレ

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
信念なき「普通の人」たちが凶悪犯罪を起こしたのはなぜか。それは、オウムが日本組織に特有な奇妙な構造を持っていたからだ。オウム事件の解明に取り組んできた著者が、一連の出来事を振り返りながら、事件の教訓を問う。

親鸞と聖徳太子


親鸞と聖徳太子
島田 裕巳
角川新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
親鸞が究めた「非僧非俗」の真相とは-。日本で一番信者数の多い浄土真宗。宗祖・親鸞が残した和讃や妻・恵信尼の手紙などから、浄土真宗の源流には聖徳太子の存在があることを読み解く。

神社崩壊


神社崩壊
島田 裕巳
新潮新書

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
神社とはどのような場所で、何を祀っているのか。その収入源や経済格差、神社本庁の正体と歪な権力構造、「日本会議」との関係など、御簾の裏に隠された“暗部”を宗教学者が炙り出す。

AIを信じるか、神(アッラー)を信じるか


AIを信じるか、神(アッラー)を信じるか
島田 裕巳
祥伝社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
進化するAIと信者急増中のイスラム教は、どちらも人間の知性や思考を超越した存在であり、信者は絶対服従せざるを得ない。人類は自由よりも、AIや神に思考を委ね、安全・便利な生活を選ぶのか。人類の行く先を見定める。

京都がなぜいちばんなのか


京都がなぜいちばんなのか
島田 裕巳
ちくま新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
清水の舞台は飛び降りるためにあった? 焼失前の金閣寺の姿とは? 苔寺に苔はあったのか? 京都の神社仏閣の謎をひも解き、人を惹きつけてやまない魅力の源泉を明らかにする。

葬式格差


葬式格差
島田 裕巳
幻冬舎新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
札幌市の火葬代は0円、東京23区は59000円!? 葬式自体がどんどん減少し、おかしな葬儀、ロボット僧侶、誰も参らない墓が出現する現代、「格差」をキーワードに日本人の葬り方を考察する。

『人間革命』の読み方


『人間革命』の読み方
島田 裕巳
ベスト新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
池田大作の著作「人間革命」は、創価学会の会員にとっては重要な書物であり、多くの会員がそれに目を通している。「人間革命」には何が書かれているのか。池田大作のベストセラーを、宗教学者が徹底解剖する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ