さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

川上泰徳

自己検証・危険地報道(集英社新書 0989)


自己検証・危険地報道(集英社新書 0989)
安田 純平 危険地報道を考えるジャーナリストの会 土井 敏邦 川上 泰徳 石丸 次郎 綿井 健陽 高橋 弘司 フィリップ・メスメール 五十嵐 浩司
集英社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
シリアで3年4カ月拘束された安田純平。彼と彼の救出をめぐり苦悩したジャーナリスト達が、危険地報道をめぐる課題について本音で討議し自己検証。安田本人によるアフガニスタンからシリアに至る取材活動の総括も収録する。

シャティーラの記憶-パレスチナ難民キャンプの70年


シャティーラの記憶-パレスチナ難民キャンプの70年
川上 泰徳

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
パレスチナ問題の本質とは。1948年のイスラエル「建国」に伴い、故郷を追われたパレスチナ人たちの苦難の歴史を、キャンプに長年通い続ける著者が、多くの証言をもとにつむぎ出す。

「イスラム国」はテロの元凶ではない -グローバル・ジハードという幻想-


「イスラム国」はテロの元凶ではない -グローバル・ジハードという幻想-
川上 泰徳
集英社新書

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界各地のテロを都合よく「後付け認定」するイスラム国。一連のテロを分析し、「イスラム国」の関与の有無を緻密に検証。テロのグローバルな拡散は、中東情勢に誤った対応を取り続ける欧米にこそ責任があると立証する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ