さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

平凡社新書

コンビニおいしい進化史-売れるトレンドのつくり方(平凡社新書 929)


コンビニおいしい進化史-売れるトレンドのつくり方(平凡社新書 929)
吉岡 秀子
平凡社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
半世紀にわたって、多様な角度から生活に革新をもたらしたコンビニ。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの商品開発担当者にヒット商品作りの舞台裏を取材し、その誕生秘話と進化の秘密を探る。

江戸落語で知る四季のご馳走(平凡社新書 926)


江戸落語で知る四季のご馳走(平凡社新書 926)
稲田 和浩
平凡社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「かつぎ屋」の雑煮、「初天神」の団子、「髪結新三」の鰹、「目黒の秋刀魚」の秋刀魚、「らくだ」の河豚…。落語のあらすじをベースに、江戸っ子たちが好んだ四季のご馳走を、さまざまなうんちくを織り交ぜながら紹介する。

学校に入り込むニセ科学(平凡社新書 925)


学校に入り込むニセ科学(平凡社新書 925)
左巻 健男
平凡社新書

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「水からの伝言」、EM菌、ゲーム脳、親学、白砂糖有害説…。教員や生徒の善意を利用して勢力拡大を目論むニセ科学。その危険性に警鐘を鳴らしてきた第一人者が、学校に侵入する怪しげなニセ科学を一刀両断。

今を生きるための仏教100話(平凡社新書 927)


今を生きるための仏教100話(平凡社新書 927)
植木 雅俊
平凡社新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ブッダが問いかけたことは本来、何だったのか。平等について、“真の自己”の探究について、ジェンダー、教団の権威化、大乗仏教への怪奇、科学との接点…。仏教思想研究の泰斗が、100のテーマでブッダの教えを読み解く。

信長家臣明智光秀(平凡社新書 923)


信長家臣明智光秀(平凡社新書 923)
金子 拓
平凡社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本史史上、もっともミステリアスでドラマティックな事件、本能寺の変。なぜ明智光秀は主君織田信長を討ったのか。信長研究の第一人者が光秀の足跡を追いつつ、人物像にも触れることで、信長殺害までのいきさつに迫る。

日本人は本当に無宗教なのか(平凡社新書 924)


日本人は本当に無宗教なのか(平凡社新書 924)
礫川 全次
平凡社新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
かつて日本では、宗教と習俗とが補完し合う形で人々の心を支え、社会や共同体を支えていた。ある時期まで、日本人は十分に「宗教的」だった。では、いつから無宗教になったのか。日本人の特異な宗教意識を歴史的に解明する。

文学に描かれた「橋」-詩歌・小説・絵画を読む(平凡社新書 922)


文学に描かれた「橋」-詩歌・小説・絵画を読む(平凡社新書 922)
磯辺 勝
平凡社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
誰もが抱く橋への想い-。これまでに著者が読んできた詩歌、小説などを通じて橋の記憶を掘り起こしつつ、橋の描かれた絵画の話題なども交えながら、人々にとって橋とはどのようなものだったのかを描く。

「自立できる体」をつくる-人生100年時代のエクササイズ入門(平凡社新書 918)


「自立できる体」をつくる-人生100年時代のエクササイズ入門(平凡社新書 918)
湯浅 景元
平凡社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
体力に合わせて体の動かし方を変えるようにすれば、「自立できる体」は生涯にわたって維持できる。すきま時間を活かしたウォーキングや、椅子を使った簡単筋トレなど、人生100年時代のトレーニング術を紹介する。

古典つまみ読み-古文の中の自由人たち(平凡社新書 920)


古典つまみ読み-古文の中の自由人たち(平凡社新書 920)
武田 博幸
平凡社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人間はなぜ、かくも不器用で愛おしいのか。信仰に生きた尼、自ら滅びゆく道を選んだ侍、気ままな生活を楽しむ貴族など、愛すべき登場人物たちに光を当て、珠玉の解説により古文の世界を味わい尽くす。『道標』連載を書籍化。

さし絵で楽しむ江戸のくらし(平凡社新書 919)


さし絵で楽しむ江戸のくらし(平凡社新書 919)
深谷 大
平凡社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸人は、こんなに日々を楽しんでいた! 江戸時代のコミック(戯作本)やヒットソング、歌舞伎や浄瑠璃などの芝居から、豊富なイラストと興味深いフレーズをピックアップ。江戸の生活・文化を、現代とのつながりで読み解く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ